ピクシブ百科事典

人体解剖図

じんたいかいぼうず

骨格系・神経系・内臓系といった人体の内部構造をイラストとして解説したもの。
目次[非表示]

概要と解剖学の歴史

医学や芸術などといった生物(特に人間)と相対する分野では、筋肉骨格、場合によって内臓の配置や動き・構造を熟知しておく場合があり解剖学資料がたびたび参考にされる。

解剖学概史

解剖学の歴史は古く、すでに紀元前3500年頃の古代エジプトではミイラ作りのため文字として解剖の手ほどきが残され、ヒポクラテスもヤギの解剖記録を残している。
時代が下りキリスト教が浸透すると「遺体は最後の審判の時に復活するのでみだりに傷つけてはいけない」という教義により千年近く解剖学に進展はなかったが、ルネサンス期にレオナルド・ダ・ヴィンチやアンドレアス・ヴェサリウスを先駆けとして再び脚光を浴びる。その後の近世西洋において人々や学者の興味をひきつけてやまない分野となり、時として墓荒らしなどが横行するなどモラルと抵触しながらも発展を続けてきた。

例えば、ドリトル先生ジキル博士とハイド氏のモデルとなった「実験医学の父」「近代外科学の開祖」ジョン・ハンターは、解剖学研究のためには墓荒らしはもとより葬儀業者への賄賂、遺体の盗難など手段をえらばなかったという。

Pixivでは

人体に限定した解剖図をさしてこのタグが使われる。
メイン画像のように断面図を想起させるようなフェチズムを伴うこともある。
内臓・骨格・脂肪などを細かく描写するためR-18Gのイラストが多い。

関連タグ

解剖 人体模型

pixivに投稿された作品 pixivで「人体解剖図」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150848

コメント