ピクシブ百科事典

伊佐木要

いさきかなめ

「伊佐木要」とはアニメ・凪のあすからの登場人物。
目次[非表示]

CV:逢坂良太

概要

光たちと幼馴染の中学2年生。整った顔立ちに、どこか中性的な雰囲気を纏う。一歩引いた目線で幼馴染を見守るポジションだが、時折毒のある発言をすることも。

ちさき達の想いに気付いていても我関せずな態度を貫いていたが、に対し感情を揺さぶられているちさきを見たことで動き始める。
登校前にちさきの家まで行って涼しい顔で告白し、そこに居たちさきの両親をも動揺させていた。
ぬくみ雪が振ることからの焦りか、幼馴染全員の前で光のまなかへの告白を促すような発言をし、幼馴染の関係をかき回してしまう。
返事のないちさきに対して告白したことを念押ししていたが、現在は保留のままである。
おふねひきで海に落ちた紡を助けたちさきを手助けするが、引き上げられた船でちさきが紡を抱き寄せているのを目撃した直後、崩れ落ちた橋脚によって船が旋回した為、荒れ狂う海へと投げ出されていった。







第2部ネタバレ(5年後)












『すいません、今日って いつですか?』

センシティブな作品



5年後、光が戻ってから間もなく要も目覚めるが、紡や美海に発見され服を渡してもらった光とは違いどこかで一人で目覚めており、あげく全裸でどこも隠すこともなく堂々と町中を歩き、人に丁重に話しかけるなど変態紳士のようなネタキャラっぷりを見せていた。

紡の家に居候しているが、紡とちさきが同居し5年で築かれた関係を見て動揺したり、ちさきが紡を庇った際には苛つくような様子も見られ、ちさきのことで紡に牽制もするなど余裕がない姿が多く見られる。
光と共に学校に行った際には女子生徒から好感をもたれており、中々モテる様子。
また、さゆからの好意には全く気づく様子もなく、相変わらずの子供扱いをしていた。

関連イラスト

要くん
むすんで


.
要くんかわいい



関連タグ

凪のあすから 
先島光 向井戸まなか 比良平ちさき
要ちさ 要さゆ

関連記事

親記事

凪のあすから なぎのあすから

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伊佐木要」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1662852

コメント