ピクシブ百科事典

先島光

さきしまひかり

アニメ『凪のあすから』の主人公。
目次[非表示]

CV:花江夏樹

概要

海村出身の中学2年生。意地っ張りで口が悪いが、正義感は強く世話焼きな性格。幼馴染のまなかに恋心を抱いており、彼女が意識するをライバル視している。

地上に通い始めたばかりの頃は攻撃的な面が目立ち、紡を含め地上の人々に対して少々偏見を持っていた。
しかし、姉・あかりと潮留家の問題やおじょし様破壊事件、紡の影響で変化していくまなかなどを通して地上の人々への理解を示していき、また、まなかの幸せを願って自分は身を引くべきなのではないかと考え始める。
そして、まなかと紡の言葉を受けて2人の為、そしてあかりの幸せの為にここ数年中止されてきたおふねひきをやろうと提案し、先頭に立って準備を進めていく。
(これらの事を通して地上にも多くの友人が出来るようになる。)

冬眠と寒冷化のことを知り準備にもより一層気合いを入れる中、まなかとの関係にも変化が生じていく。
そして、おふねひきの日が迫る中、の誘導によりまなかに告白するが混乱した彼女は逃げてしまう、そしてその直後に自身もまたちさきに告白される。
その後、自分を見つめ直した光は戻ってきたまなかに改めて自分の気持ちを伝え、彼女の言葉を待つも「おふねひき終わったら言うね」との言葉を受け、その日を待つこととなった。
しかし、その当日、あかりの代わりに生贄になろうとするまなか、そのまなかを助けるため手を伸ばすも届かず、さらに激流に吹き飛ばされてしまう。
その後、穏やかさを取り戻した海に彼が浮かび上がることはなく、行方の知れぬままおふねひきは幕を閉じたのであった・・・・・・はずだった。


第2部ネタバレ(5年後)



ひーくん




おふねひきの事件から5年の歳月が流れ、紡やちさき、美海、あかりたちは地上で各々成長し暮らしていたが、海底がどうなっているかわからぬままだった。
そして巴日の夜、紡と美海は氷漬けの海に裸で倒れていた光を見つける。
しかし、その姿は成長しておらず5年前の姿のままだった。
目覚めた光は突然放り出された「5年後」の世界を早くに受け入れたように見えたもののそれは空元気に過ぎず、母になっていた姉や成長した友人といった急激過ぎる「5年間」の変化を受け入れられず、成長しているであろうちさきにも「変わっちまったあいつなんて見たくない」とその苦悩を紡の前で吐露する。しかし、鷲大師の人々が冬眠中の汐鹿生の皆に届ける為、5時の歌として流していたおふねひきの歌でちさきと再会したことで、見た目は変わっても「変わっていない」彼女の姿に勇気付けられ、今の世界を受け入れる決意を固める。
その後は美濱中の美海のクラスに転入、かつては着用を拒んでいた美濱中の制服に身を包んであっという間にクラスに溶け込む。その後、胎衣が生えてきた美海の聞いた音、要の目覚めなどを機に海の中に眠るまなかを取り戻そうと奮闘するが……。

関連イラスト

ひかり
凪あす男子まとめ
凪のあすから
道標



関連タグ

凪のあすから
向井戸まなか 比良平ちさき 伊佐木要 木原紡 
潮留美海 先島あかり
光まな 光美

pixivに投稿された作品 pixivで「先島光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2072017

コメント