ピクシブ百科事典

久沼さゆ

ひさぬまさゆ

アニメ『凪のあすから』の登場人物。
目次[非表示]

CV:石原夏織

概要

小学3年生の女の子で、美海の親友。
おバカで威勢がよく口が悪い、が割とビビりな一面も(中の人曰く「ちっちゃいヤンキー」)。
テレビの影響か、時折小学生とは思えない言葉を使う。

今でこそ勝気で明るいが、実は元いじめられっ子で、クラスで孤立していた過去を持つ。
その際美海だけは加担しなかったことから、イジメのターゲットが彼女に変更されてしまい、そのことに負い目を感じながらも安堵していた。
しかし、特に普段と変わらない美海の様子と彼女への負い目から無視することが出来なくなり、ついに声をかける。その際の美海の言葉に強い衝撃を受け、以来「他の誰にどう思われても、美海の”大切”になりたい」と願うようになるのだった。

だが、その思いゆえに美海の顔を曇らせるたちを敵視し、おじょし様を壊すという暴挙に出てしまう。
光はこれをクラスメイトの手によるものだと勘違いし、大きな騒動となってしまうが、に諭されたことで反省し、なんとか自体は収束する。
これが、要に好意を抱くきっかけであった。

第2部ネタバレ(5年後)










一人の女の子として



おふねひきの事件から5年、かつての光達と同じ美濱中学校の2年生になった。
以前は勉強が嫌いだったようだが、現在は『自立した女』になることを目指して勉学に励んでいる。ちなみに成績は常にトップらしい。
美海に告白しようとしていた峰岸を始め、色恋で盛り上がる男子達に対し『くっだらない。学校は勉強する所なのに』などと発言して呆れていたが、昔を知る美海からは突っ込まれていた。
髪もかなり伸び、5年前に比べ精神面も成長しているように見えるが、ふとした瞬間に昔のようなヤンキー口調になることもあり、根本はさほど変わっていない。
光に再会した際は成長した姿を見せつけるが、「気持ち悪い」と一蹴されるなど軽口を叩き合うやり取りが見られた。

また、要が戻って来てからは会いに行こうとせず、5年ぶりに顔を合わせた時には成長していた為に要には気づかれなかったこともあり、その場から逃げてしまうなど意識するがあまり挙動不審になっている。
その後偶然要と鉢合ったことで、要への想いを再確認し、告白を決意するのだが……。

関連イラスト

海に沈んだ
さゆちゃん
まんなか
ありがとう



関連タグ

凪のあすから 潮留美海 伊佐木要 
要さゆ
ドリコン ロリコン

pixivに投稿された作品 pixivで「久沼さゆ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 885299

コメント