ピクシブ百科事典

俵宗太

たわらそうた

俵宗太とは、『うどんの国の金色毛鞠』のキャラクター。
目次[非表示]

うどんの国の金色毛鞠』の主人公。30歳独身

CV:中村悠一

概要

うどん屋「俵製麺所」の息子として生まれ、幼少期は勤勉な父親に憧れていたが、家のことで同級生にいじめられたことが原因で日銭稼ぎに等しい家業を嫌うようになって父親と最初で最後の大喧嘩してしまい、高校卒業後上京した。
高校卒業の直前、事故を起こした折に入院した先の病院で暇つぶしにホームページ(ウェブサイト)を作成していたら、同じく入院していたウェブデザイナーと知り合うことになり、これが縁でウェブデザインの仕事をするようになった。
上京後は件のデザイナーが社長を務める「team satellite」という会社で、ウェブ関連のデザイナーをしていた。そのまま若手デザイナーとして遊びも恋愛も我関せずとばかりに父親を彷彿とさせる勤勉ぶりで仕事一筋となってキャリアを積むも、30歳になってから父親の訃報がもたらされ、葬儀および「俵製麺所」を廃業させるために一時帰省する事となる。

父の葬儀を終えた頃に実家不思議少年ポコと出会い、一緒に暮らしはじめる。ポコとの出会いを機に会社を辞めて独立し、香川に帰郷することを決めた。

東京暮らしが長かったため、香川弁を話す登場人物が多い中で標準語に近い喋り方をする。

昔付き合っていた彼女から「やさしすぎる」、「流されやすい」と言われたり、中島から「オカンかよ!!」と言われたりするほど、自他と共に認めるお人好しかつ、お節介でヘタレな性格であり、ポコにも若干過保護。

関連イラスト

宗太となかじ
俵宗太



関連タグ

主人公 ウェブデザイナー 独身

pixivに投稿された作品 pixivで「俵宗太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119

コメント