ピクシブ百科事典

俺の進路に二次元と三次元の境界

おれのしんろににじげんとさんじげんのきょうかい

俺の進路に二次元と三次元の境界とは、人生の選択肢である。

…いつから二次元にときめいたのだろう。
 いつから三次元に魅力を感じなくなったのだろう。
 お先真っ暗の俺の目の前に現れたのは
 一つのスキマ。
 

 勿論俺は……




































スキマの先には……

















???

関連記事

親記事

俺の○○が×× おれのなにかがなにか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「俺の進路に二次元と三次元の境界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント