ピクシブ百科事典

凍て刺すレイギエナ

いてさすれいぎえな

凍て刺すレイギエナとは、モンスターハンターシリーズに登場するモンスター「レイギエナ」の特殊個体である
目次[非表示]

概要

初出はモンスターハンターワールド:アイスボーン
怒り喰らうイビルジョー猛り爆ぜるブラキディオス激昂したラージャンと同じ特殊個体に該当する。

通常のレイギエナとの違いは、全身にイヴェルカーナのような氷柱や霜の様な氷が付いている事。
更に、自身の放った冷気を更に「凍らせる」ことが出来るらしく、本種から繰り出される氷の一撃は原種とは比べ物にならないと言う。
凍て刺すレイギエナは文字通り相手を「凍て」つかせて動きを止め、頭上から「刺す」二段構えの攻撃を得意とするようだ。

能力

通常種との違いはめったに地上に降りてこないこと。元々レイギエナは飛んでいることが多いモンスターなのだが、本種は常に縦横無尽に空を飛び回り、地上にいるハンターめがけて吹雪の広範囲攻撃をしてくる。
当たればもちろん氷属性やられになる上、マスタークラスなだけあって威力もばかにできない。
固有新モーションとして、一度その場で高く飛び上がってからの急降下攻撃が追加されている。威力が高いので足元にいがちな剣士は特に注意が必要。

弱点属性は炎。
常時飛んでいるためガンナーはまだしも剣士では攻撃チャンスが少なく、閃光スリンガー弾も耐性がつくため二度目以降は閃光で落とせない。
クラッチクローなどを活用して地道にダメージを与えていくか、毒状態にすれば機動力が低下するのでそれを利用するのも有り。

しかし凍て刺すレイギエナの狩りにおいて、何より狩猟難易度を上げているのはこれらの能力ではなく、必ず同じエリアにいる通常レイギエナの存在である。通称「オトモギエナ」。
その仲良しぶりは例えるならリオ夫婦と同じかそれ以上。別のエリアにいようとも、凍て刺すレイギエナと戦闘を開始すればものの数分で乱入してくる。
同じ種族故に縄張り争いも同士討ちも発生しないため、二頭がかりでハンターを追い詰めてくる。こうなると数少ない隙を死角からの突進や咆哮などで邪魔されやすくなるだけでなく、一見すると違いが少ないため「凍て刺すレイギエナと戦っていると思っていたら乱入してきた通常種の方だった」といった一周回ってギャグにしか聞こえない大間違いが起こりえるため、こやし弾は必須。

装備

通常種のEXギエナシリーズとは別にEXブリーナシリーズが存在する。

関連タグ

モンスターハンターワールド:アイスボーン
レイギエナ 飛竜種 特殊個体

関連記事

親記事

レイギエナ れいぎえな

pixivに投稿された作品 pixivで「凍て刺すレイギエナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16789

コメント