ピクシブ百科事典

名言(はるかなレシーブ)

はるかなれしーぶのめいげんいちらん

「名言(フィクション)」からの独立項目。「はるかなレシーブ」に登場する名言一覧。
目次[非表示]

概要

親記事「名言(フィクション)」の項目が重くなり過ぎ、記事の閲覧編集に支障が出るようになったため、特に「はるかなレシーブ」関連の名言をこちらにまとめるものとする。

独立項目なのでキャラクター別にしても良いかもしれません。
メイン画像は適切なものに変更してください。

はるかなレシーブの名言一覧

  • 世の中には、2種類のスポーツがある。個人競技と、団体競技だ。 そして、団体競技の中でも、二人でしか出来ないスポーツ・・・それが、ビーチバレー! 広い砂のコートに、たった二人だけ。だから私達は・・・かけがえのない、一人を選ぶ!!(大空遥
  • 今日は私の力が全然足りなかったけど・・・だったら、たくさん練習する!だって、面白かったから!!上手くなれば、もっともっと楽しくなるんだよね?成美さん!!(大空遥
  • アドバイス、ありがとう。・・・でも、それでも私は、かなたちゃんとやりたい。 だって、かなたちゃん、本当にビーチバレーが好きって感じだし、この一週間、一緒に練習してきて、私もすっごく楽しかったんだよね!だから私、かなたちゃんを信じたいんだ!!(大空遥
  • かなたちゃん言ったよね、勝つ為には、いかに相手の隙を突くかって事だって。 かなたちゃん、レシーブしてくれない? 大丈夫、私を信じて!私もかなたちゃんの事、信じてるから。(大空遥
  • ねえ・・・どうして私がかなたちゃんにレシーブを頼んだかって言うとね、最初、成美さんのサーブは、初心者の私を狙ってるんだと思ってた。でも、違うんだって気付いて。 成美さんのサーブは、私を狙ってるんじゃなく、かなたちゃんを避けてるんだって・・・勝つ為には、そこかなって思って。(大空遥
  • いいの!入ればなんだって。だって、1点は1点なんでしょ?(大空遥
  • いいよそれ!! だって・・・私、好きだもん!かなたちゃんの事。(大空遥
  • 分かったよ・・・ かなたのレシーブが、攻めなのと同じ! 止めるんじゃない・・・落とす!!(大空遥
  • かなただけじゃないよ。私だって、楽しいから!(大空遥
  • 私ね、人と仲良くなるには、スポーツが一番だと思うの。 昔から、色んなスポーツやってきたんだけど、どのスポーツでも一緒だったのは、友達がたくさんできたって事! 今日だって、大城さんと友達になれた!! もう友達でしょ?私達。(大空遥
  • 私達の沖縄予選、何があっても全力で頑張ろう!!(大空遥
  • ま、結局、最後に点が取れればいいんだしね。 ここまで来たら、自分を信じるしかないよ!(大空遥
  • ねえかなた、沖縄に来てから一年、色々な事があったね。 成美さんと彩紗がきっかけで始まったんだよね。あの時、かなたはビーチバレーが好きなんだって伝わってきて・・・いつの間にか、私もそうなってた。 ビーチバレー部に入って、一緒に練習して、色々教えてもらった。 それから、あかりちゃんも入部して・・・紅愛がマリッサに、コーチを頼んでくれて・・・楽しかった事しか、浮かんでこない!私達にはいつも、ビーチバレーがあったよね。 私、ビーチバレーに出会えてよかった!みんなに出会えて、本当によかった!!(大空遥
  • 勝ちたい・・・もっと先の世界が、見たい!!(大空遥
  • 何か不思議な感じ・・・ここに来てから、ずっと練習してたから・・・ここの海って、こんなに綺麗な音だったんだね・・・(大空遥
  • いきなりですが、私とペア組んでください! え?! 部活にも入って、試合も出ることにしたんだもん。ペア組もうよ!!正式に。 ・・・本当にいいの?私で・・・ だって、ビーチバレーやってるかなたちゃん、すっごくカッコいいんだもん!だから私、かなたちゃんと一緒にやりたい!! ・・・うん!(大空遥比嘉かなた
  • 一人じゃ取れないボールでも 遥と二人なら取れる。(大空遥比嘉かなた
  • 一人じゃ、無理って思った時は 二人で考えて 二人で、答えを出せばいい!! だって、コートには パートナーがいる!!(大空遥比嘉かなた
  • かなた・・・思い切って、成美さんと会ってみない? でも・・・ それにはあたしも同意見。 私もそう思うわ。成美もずっとかなたの事を気にしてるのよ、本当に。 大丈夫だよ、今のかなたなら!(大空遥比嘉かなたトーマス・紅愛トーマス・恵美理
  • 安心して成美さん、かなたは昔より強くなったって思うから。それに私だって、負けてられないもん! ありがとう、大空さんが居てくれてよかった・・・全国で待ってるから。(大空遥遠井成美
  • 私、ずっと待ってたんじゃないの?・・・この日を。 遥ちゃんは、私を、信じてくれてる・・・だから・・・もう逃げない!!(比嘉かなた
  • そうだ、あの頃の私は、パワープレイヤーだったから、スパイクに拘ってたんじゃない・・・スパイクが一番・・・点が取れたからだ!!(比嘉かなた
  • さっきの遥ちゃんのポーキーで、思い出したんだ。あの頃の私なら、迷わず選んでた、ポーキーを・・・あのね、恵美理、私、昔の自分を取り戻したいって思ってる。(比嘉かなた
  • だって・・・カッコいいから!成美ちゃん。 それに、友達になりたかったから・・・(比嘉かなた
  • 今まで、ずっと思ってた。みんなはどんどん変わっていって、私だけが、取り残されたって・・・けど、気付いたんだ。変わっちゃったのは、私の方だったんだって・・・だけど、それを気付かせてくれたのは、遥ちゃんなんだよ!(比嘉かなた
  • 遥、前に言ったでしょ?スパイクは取れなくて当然だって。ブロックも一緒だよ。 それに、紅愛と恵美理はスペシャル・・・いきなり、あんな風には出来っこないよ・・・大事なのは、出来るチャンスを見逃さない事!分かった?(比嘉かなた
  • 大丈夫。よく知ってるの、あの戦い方・・・だから・・・私を信じて!遥。(比嘉かなた
  • どんなに、レシーブが上手くても・・・ただ守っているだけじゃ・・・潰される・・・武器が無ければ・・・勝てない!! ここは・・・そう言う場所! 折れないよ、私は!(比嘉かなた
  • 遥!あと1点、ここで取るよ。 信じてるからね!(比嘉かなた
  • 成美ちゃんとは、またやれたらって思ってる・・・ただし、今度はネットを挟んでだけどね。(比嘉かなた
  • でも、マリッサは出来ない事、言わないと思う。きっと、何かが足りない・・・(比嘉かなた
  • 成美ちゃん!! や・・・約束・・・日本一に、なるって約束!・・・守って、みせるから!!今度は、遥と一緒に! 守ってみせるよ、私!!(比嘉かなた
  • でも、あなたも一人じゃスパイク、打てないでしょ? 二人でやらなきゃ、ビーチバレーは出来ないんだから、エースなんていないと思うんだけどなぁ・・・(比嘉かなた
  • まだまだだよ! まだまだここでは終わらせない。 任せて、私に!(比嘉かなた
  • お互い、もう出し尽くした・・・遥は今日、ブロック何回跳んだ?何回ジャンプサーブを打った?遥だけじゃない、紅愛も恵美理も、もうとっくに限界が来てるはず・・・でも私は、まだ動ける!!(比嘉かなた
  • 遥・・・ありったけで、最後、決めよう!(比嘉かなた
  • 何で・・・練習するなら、言ってくれればいいのに! だって・・・かなたちゃんとの差を少しでも縮めたかったし、ちゃんと信頼してもらえるようになりたかったから・・・ あっ、その手・・・ ああこれ?このくらい平気平気!私、かなたちゃんには安心してレシーブしてもらいたいもん! !!・・・うん!でもね!! ん? そう言う事は・・・一番最初に相談してほしかったな、ペアの私に・・・ !! もう水着だって買っちゃったし、せ、責任取ってよね!遥!! !!いいよ!かなた!! !!・・・ありがとう、遥。(比嘉かなた大空遥
  • これからはお互い、自分のエリアに集中しよう。いい?遥。 オッケー、かなた!(比嘉かなた大空遥
  • 成美ちゃんてさ、いつも一人で本読んでたんだ。大人っぽいから、友達要らない子ってみんなに思われちゃって、大城さんと同じような事言われてた。本当は、みんなと仲良くしたかったのに・・・ ・・・うん。 大城さん、言ってたんだ。ビーチバレーのアイドルになれば、学校中の注目の的だって。友達要らない子がそんな事言うはずないもん。きっと、仲良くなるきっかけが欲しいんだよ。 かなた・・・ だから、私・・・力になってあげたい!ダメ、かな? ・・・さすがにそれはおせっかいだと思うよ。・・・けど、放っとけないよね?!そんな事聞いちゃったら!行こう、かなた!!(比嘉かなた大空遥
  • 遥が、ウチに来てくれてよかった。 かなた・・・ きっと遥とじゃなかったら、ここまで来れなかったから。だから・・・ ここまでじゃないよ! ? これからもだよ!! ・・・えへっ!・・・そうだね!(比嘉かなた大空遥
  • 二人で一緒に目指そうよ、日本一!! かなたがそう言うなら、信じてみようかな。 本当?!約束だよ! うん!(比嘉かなた遠井成美
  • じゃあみんな、正々堂々ってことで!!試合もパーティーも!(トーマス・紅愛
  • 攻めのレシーブ・・・そうだよな、今のかなたならそうくるはず。あたしの知っているかなたはそういう女だった・・・いいよ、その目!あたしが戦いたかったのは・・・その目のかなただ!!(トーマス・紅愛
  • それから、あたし達はいつも一緒だった。一緒に練習して、一緒に大会に出て。あたしの目標は、かなたと成美を超える事だった!でも・・・ あたしの知っているかなたはいなくなって、いつしかあたしの目標は消えていた・・・そう思っていた・・・あの時までは。 胸が高鳴った!もしかしたら、昔のかなたが戻って来たんじゃないかって。だから、二人の為に出来る事は何だってやってきた。 二人の成長は、あたしの想像を超える速さだった。そして今、最高のライバルとして、あたし達の前に居る。ずっとこの時を待っていた!かなたを倒して、全国で成美を倒す!今度こそ、あたし達が日本一になる!!・・・負けないから、あたし達!(トーマス・紅愛
  • 考えてた、ずっとこのまま試合できればいいなって・・・でも・・・勝ちで終わらせるよ!!(トーマス・紅愛
  • 正直最後のラリー、かなたが倒れた時点で、あたし達の勝ちだと思ってた。恵美理のトスも完璧だったし、負ける理由が無いって。 うん・・・でも私は、そうは思ってなかったよ。 ・・・何で? だって・・・私のブロックは、紅愛が教えてくれたブロックだから。 ・・・フッ、そっか・・・ありがとな、遥。信じてくれて。 ん? だったら、今度はあたしが遥を信じる番だな! 紅愛・・・ 勝てよ遥、あたし達の分まで。 ・・・うん!(トーマス・紅愛大空遥
  • 本戦まであんまり時間無いぞ!明日からまた気合い入れていくよ!! 全国2位に勝ったんだから、それに恥じない結果、出してくれないとね♪ 私もそれに負けないくらいの応援します!! 遥! うん!よーし、何はともあれ、これから本戦頑張ろう!! オー!!!(トーマス・紅愛トーマス・恵美理大城あかり比嘉かなた大空遥
  • レシーブって言葉はね、ラテン語から来てるの。再びのre、取るのcapere。取り戻すって意味なんだよね・・・ かなたはさ、昔からレシーブ上手かったでしょ?だからきっと大丈夫よ!(トーマス・恵美理
  • そして、あの日、お姉ちゃんは負けた・・・ 初めて分かった、お姉ちゃんも完璧じゃないって。二人でやらなきゃ、ビーチバレーじゃないって・・・そうよね?かなた。だから私はあの日、決めたの。紅愛の隣に立てるくらい・・・強くなろうって!!(トーマス・恵美理
  • ここまでくれば真っ向勝負って感じね。 だな、ジタバタしてもしょうがない。(トーマス・恵美理トーマス・紅愛
  • 後悔してる?二人に教えた事・・・ 全然。 ちっとも? ちっともだよ・・・だって、二人は最っ高のライバルで!友達だから!! ほんっと、バカなお姉ちゃん。(トーマス・恵美理トーマス・紅愛
  • ありがとね、あかり。 ん?恵美理さん? きっと、あかりが居なかったら・・・私達、バラバラになってたと思う。 そ、そんな事ないですよ。 ちょっと、気持ち分かるかも・・・ かなたさんまで!? 私達が今一緒に居られるのって、きっと、コレ(シュシュ)のお陰だと思う・・・ありがとう、あかりちゃん! ・・・はい!!(トーマス・恵美理大城あかり比嘉かなた
  • 私・・・どうすれば友達ができるのか、分からなくて。アイドルになれば、また、みんなが声をかけてくれるのかなと、思ってたんです。ビーチアイドル計画は失敗しちゃいましたけど・・・でも遥さん達のお陰で、分かった気がします。(大城あかり
  • あの!! 皆さんと出会えた事、私、本当に嬉しく思ってまーす!!(大城あかり
  • かなたさん言ってましたよね?ビーチバレーを一緒に始めたのは、仲良くなりたかったからって。それで私にも、声かけてくれたんですよね?・・・あの時、凄く嬉しかったんです・・・きっと成美さんだって、同じだと思います!だから、普通に会えばいいんじゃないでしょうか。元ペアとかそういうのじゃなくて・・・友達として!!(大城あかり
  • 私には・・・どちらか一方を応援するなんて出来ません。私にとって皆さんは、大切な仲間なんです!・・・だから・・・これが、私の気持ちです。(大城あかり
  • 私、このビーチバレー部が好きです。ここは皆さんがくれた、私の居場所だから・・・たとえ、わがままだって言われても・・・バラバラになってほしくないんです!(大城あかり
  • そうだ、こんな顔でコートサイドに居ちゃダメ・・・皆さんの事、全力で応援するって、私は決めてたんだから!!(大城あかり
  • 確かに今の遥にはブロック出来ないし・・・今のかなたにもレシーブ出来ない・・・でも、出来るの! コートの中では常に考え続ける事。覚えてるわね?かなた。 答えは、コートの中にあるわ。(トーマス・マリッサ
  • ブロックにしろ、レシーブにしろ、個々の技術はもちろん重要よ。ただ、それだけではどうしても出来ない事もある・・・そういう時は、二人で考えて、二人で答えを出せばいい。 パートナーを組むという事は、結婚のようなものなの。お互いを支え合い、分かち合うことで、初めてチームは成長できる。それこそが、あなた達が全国へ行く為のKeyよ!(トーマス・マリッサ
  • 経験というのは、ビーチバレーに限った事じゃないと私は思うの。 かなたのあんな顔・・・私達だけじゃ、見られなかった・・・それが出来るあなたには、Empathyがある! 心で感じ続けなさい、それがあなたのビーチバレーよ。(トーマス・マリッサ
  • よっぽど悔しかったのね・・・でもね二人とも、これは大きなチャンスなのよ。 だって二人には、今日、ライバルができたんだもの! きっと、あの子達は二人をもっと強くしてくれる。(トーマス・マリッサ
  • ボールは必ず二人で返すの。どちらかが欠けていたら、それは出来ない。二人が揃って初めて、私達はコートに立てる・・・だから、ビーチバレーにエースなんて必要無いの。(遠井成美
  • 私、かなたと約束してるんだ、いつか日本一になろうって。 私は、その約束を果たすつもり。(遠井成美
  • 恵美理、一つだけお願い。いつかかなたがコートに戻って来て、その時、あの子の事を本気で想ってくれる人が現れたら、かなたの背中を押してあげて。 ・・・かなたが、私以外の人と組むなんて・・・本当は嫌だ。でも、私もいずれ新しい誰かと組む事になると思う。だから、その時が来たら・・・かなたにも、立ち止まってほしくないの!(遠井成美
  • 確かにみんな真剣かもしれない。けど、だからこそ、勝負は勝負。(遠井成美
  • 優勝、おめでとう・・・ かなた、大空さん、あなたたちは勝利を喜んで。 クレアとエミリのために。(遠井成美
  • これからかなたは、二人の分も背負って戦わなくちゃいけない・・・それが勝った人間の責任・・・だよね・・・ 大丈夫だよ。約束したんでしょ?(遠井成美立花彩紗
  • ううん、ただ、遥の方がちょっとだけ器用だっただけだよ・・・成美の優しさは間違ってない。だから、泣かないでよ、成美・・・(立花彩紗
  • 成美が受け身なことなんて、私だって知ってるよ・・・当然、比嘉さんだって百も承知でしょ?(立花彩紗
  • 大事なのは自分の気持ちをちゃんと伝える事。それが言葉だろうと行動だろうと。 要は、どうすれば自分の気持ちが伝わるかって事。(立花彩紗
  • スポーツマンでしょ?勝負はコートで。(棚原愛衣
  • いい?バレーボールはね・・・おーっきい人を、倒すスポーツなの!!(棚原愛衣
  • 比嘉さん! アンタ・・・私には決められないと思って狙ってるんでしょ? でも、お生憎様。リベロよ!!あたしは!そんなフェイント、いくらでも拾ってあげる!アンタの心が、折れるまでね!(砂川舞
  • 上等!何回打ってこようが構わない!! 舞はきっと全部受けるから!!(砂川舞棚原愛衣
  • 初めてだったんですよ!! ん? 今まで会った大きい人は、みんな私の事子供扱いして・・・でも、違ったんです!!先輩だけは!だから・・・だ、から・・・先輩の、力になりたかったのに、結局先輩に頼ってばっかりで・・・謝らなきゃいけないのは、私の方です・・・ 舞・・・ ごめんなさい、私が下手だから・・・ ・・・そんな事ない。なってたよ、舞は私の力に!・・・ありがとう!こんな私なのに・・・ ・・・先輩、そんな・・・先輩は嘘つきなんかじゃないです!!今日がダメなら明日、明日がダメなら明後日!私、いつか、必ず勝って証明して見せます!だから、頭、上げてください!! ・・・ありがとう。これからもよろしくね・・・舞! もちろんです!愛衣先輩!!(砂川舞棚原愛衣
  • 柑菜・・・ うん・・・やり切った! 何言ってるのよ柑菜 ん? 来年こそは本選に出場して、優勝して、紅愛さん達も大空さん達も・・・みんな驚かせなくちゃ! だね!!陽菜!(新垣陽菜新垣柑菜
  • 大丈夫、二人とも良い顔してるから。(比嘉ソラ


関連タグ

名言(フィクション) はるかなレシーブ

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント