ピクシブ百科事典

概要

CV:榎木淳弥(テレビアニメ版)

逆転裁判3』第1話の被害者。享年22。
本編から約5年前、成歩堂龍一と同じ勇盟大学に在籍していた学生で、薬学部の4回生だった。
裁判長曰く、いわゆる「インテリゲンチャ」な人。

ある雨の日に大学の校舎裏で遺体となって発見され、ジャケットの胸に成歩堂の手の跡が残っていたことや、遺体の左手に成歩堂が事件当日に紛失した風邪薬のビンが握られていたことなどから、警察は呑田が亡くなる直前に彼と会い、死体を発見した成歩堂を殺人の容疑で逮捕した。
死因は感電死で、遺体のすぐ傍に切れた送電線が垂れ下がっていたことから、検察側は口論の末にカッとなった成歩堂が切れた送電線に向かって呑田を突き飛ばして殺害したと主張している。

成歩堂が当時交際していた美柳ちなみの元カレであり、彼女を巡る三角関係が事件の引き金になったと考えられている。

名前の由来は「薬を飲んだら効くぞう」から。

関連タグ

逆転裁判3
成歩堂龍一 美柳ちなみ




以下ネタバレ

















実は、呑田が所属する薬学部の研究室では、半年前に毒薬が盗まれるという事件が起きており、しかも事前にちなみが研究室に立ち入っていた。そして今回、半年前と同じようにちなみが研究室に来た後に毒薬が無くなったことから、呑田は毒薬を盗んだ犯人がちなみであると確信。
ちなみが危険な人物であることにいち早く感づき、ちなみと交際中だった成歩堂に彼女の危険性も合わせて忠告する。

しかし、ちなみに完全に惚れ込んでいた成歩堂は呑田の忠告に耳を貸さず、呑田は恋人を悪人呼ばわりされて「そんな話信じられるか!」と逆上した成歩堂に突き飛ばされて気を失ってしまう(この時、呑田は背後の電柱に激突し、その衝撃で老朽化していた送電線が切れた)。
成歩堂が去った後、呑田が起き上がろうとした所へちなみが現れ、物陰から一部始終を見ていた彼女は切れた送電線を使って呑田を感電死させ、その口を封じた。
この直後に、呑田に突き飛ばしたことを謝罪しようとして現場に戻った成歩堂は、彼の死体の傍に居たちなみに「自分が居たことは黙っていてほしい」と頼まれ、裁判で弁護を担当した千尋に心を動かされるまでずっと黙っていた。

総じて、この呑田菊三という男は、ほぼ面識のない成歩堂をどうにかしてちなみから助けようとしていた善良な人物であり、殺されなければならないような悪行や素行の悪さなども特に語られていないため、ただひたすらにちなみと関わってしまったことが不運と言える可哀想な被害者である。
また、この事件は後に弁護士となった成歩堂が最も許せない犯行に「裏切りと毒薬」を挙げるキッカケとなっている。

関連記事

親記事

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧 ぎゃくてんしりーずきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「呑田菊三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 993

コメント