ピクシブ百科事典

呪騎士

のろいきししりーず

ぷよぷよ!!クエストに登場するキャラクターの総称のひとつ。
目次[非表示]

概要

呪騎士とはぷよぷよ!!クエストに登場する、ヒルダエルドゥールフリードヴァハトマッペラの通称である。

2016年4月に限定ガチャで登場し、☆6になると副属性が追加される。
2017年6月のアップデートにてボイスが追加され、2018年10月で全員が☆7まで実装された。

メンバーと特徴

呪いの武器を装備したことによって、呪いを受けてしまった騎士達。
呪いの化身のような生き物が体に付いており、武器は呪いの化身に似たようなものが付いている。
主属性は騎士たちの本来の属性で、副属性は呪いの化身たちの属性である。この副属性は精霊シリーズや神官エルフシリーズが付与する状態異常と一致している。

アプリ内での強さ

スキルはスタメンの自主属性の攻撃を合計した数値で敵全員に主属性攻撃のダメージを与え、更に追加効果として☆4で50%、☆5で60%、☆6で70%、☆7では90%の確率で攻撃が当たった相手に3ターン状態異常を付与する(混乱のみ攻撃2回分)。☆7では合計した攻撃を更に2倍するため、敵を一掃する破壊力が上昇している。
一方、状態異常の付与としては☆6では付与の確率が70%と心もとなく、同様のスキルを持つ精霊シリーズより効果ターン数と状態異常発生率で劣るが、☆7だと状態異常発生率が精霊シリーズに並び、ステータスもこちらの方がコストに見合った高めの水準なので非常に強力である。ただし、スキル使用者自身が怒り状態だと誰かに当たらない場合があり、当たらなかった場合は追加効果も発動しないので注意。
精霊シリーズと異なり☆7ではとっくんで得られるスキルが別にあり、こちらはダメージを与えない代わりに状態異常に耐性のない敵全員を必ず5ターン分、混乱も攻撃3回分付与出来るようになるため、状態異常の付与は精霊シリーズよりも安定するようになる(精霊シリーズは最大でも呪騎士の通常スキルと同じ90%止まりなので、失敗する可能性がある)。敵全員に確実に状態異常を付与出来るのはコラボを除くと現状このシリーズしかいないので、こちらも非常に強力である。

リーダースキルは珍しく名称が共通している「呪われし者の力」。効果は各キャラの主属性の体力と攻撃力を上昇させる。☆6だと体力を2.3倍、攻撃を2倍と微妙な立ち位置にあるが、☆7だとこれがどちらも3倍になるため、ぷよフェスキャラの☆6クラスの強さになるのは大きい。☆7のとっくんで得られるリーダースキルは攻撃が2.5倍に落ちる代わりに体力は3.5倍に上昇するため、より高い耐久力を得られるようになる。この体力3.5倍は多くのぷよフェスキャラの☆7に並ぶため、上記のとっくんスキルとの2択にはなるが耐久力を磐石に出来る可能性がある。

ヒルダ


『この剣を…アハハハハハ!』

ぷよクエまとめ



(CV.河野ひより
『愉悦の剣』を装備したため「笑いの沸点が低くなる呪い」にかかった女剣士。
元々は比較的真面目な性格であまり笑わなかったが、呪いのせいで小さなことでもツボに入るようになった。呪いのおかげで性格が明るくなったため、周りに多くの人が集まるようになり、更にどんな悩みも笑いで吹き飛ばすので、みんなの人生相談にも乗るようになるほど人が変わっている。
他の騎士にはフリードやヴァハトをさん付けで呼んでいる。フリードの「ピョン★」という語尾でもツボに入るほど笑いの沸点は低くなっているようだが、性格が変わったことで前向きなセリフも多くなっている。
呪いの化身は後ろに浮いているピエロ。非常に大きな手がある。

主属性は赤で副属性は黄色。
コンビネーションは「ガールズ」と「剣士」を持っている。
スキルは「愉悦の呪い」で、付与する状態異常は麻痺
麻痺は相手の動きを封じられる上に与ダメージを1回だけ3倍にするため、敵の攻撃が強かったりこちらが強力な一撃を加えたいときには便利である。

エルドゥール


『………憤』



(CV.荘司勝也
『憤怒の斧』を装備したため「言葉を発するのに時間がかかる呪い」にかかった騎士。一人称は「オレ」。
もともと無口で更に生まれつきで目付きも悪いため、呪いの影響は少ない方だが、呪いにかかってから周囲に誤解を与えてしまうことが多くなった。
特に顔で怖がられ避けられるようになってしまったのは少なからず気にしているようで、☆7になると優しい表情の練習もするようになるがそれでもどこかぎこちない(しかし、公式イラストの☆7は目付きの鋭さがなくなっているため、だいぶ表情が変わって見える)。
集中していると周りから怒っていると勘違いされやすいが、☆6で「…………お前だけが頼りだ」、☆7で「…………いつも悪いな」と気遣いするセリフはあるため、性格的に不器用な部分が祟っている可能性もある。
基本的に誰かと絡むことはないが他の騎士は呼び捨てのようで、セリフボイスからマッペラが滑って転んでいる所を目撃していたりフリードがぴょんぴょん跳ねてるところを見たりと誰かの様子を見ることが多い模様。その様子を見ると自分が一番マシな呪いなのかもしれないと思っているようだ。
呪いの化身は体に付いてるマグマ模様なかたつむり。

主属性は青で副属性は赤。
コンビネーションは「ボーイズ」のみ。
スキルは「憤怒の呪い」で、付与する状態異常は怒り。与ダメージを2倍にする効果があり、更に相手が攻撃を外す可能性があるため、運は絡むが強力な一撃を避けることが出来るのは大きい。

なお、彼をリーダーにすると呪いの効果が判りやすく反映されており、連鎖カウントが遅れて2連鎖目から1と言い始め、他のボイスもほぼすべてワンテンポ遅れるようになっている(だいれんさチャンス発生時「………むずかっ」、クエストクリア時「………さて、始めるか」)。11連鎖以上の大連鎖になると、「今いくつだ」と困惑するようにもなる。

フリード


『ニヤニヤするな!…ピョン★』

呪騎士まとめ4



(CV.宮本悠丞
『絶望の大剣』を装備したため「語尾にピョン★と付く呪い」にかかった騎士。一人称は「ボク」。
キザな性格で女好きなため、他の4人よりも呪いの影響が大きくなっている。呪いを解かないと女の子にモテなくなってしまうため、解呪方法を日夜調べているが☆6になると一転してこれはこれでモテるんじゃないかとも思い始めていくようにもなる。
☆7ではモテるためのトレーニングを続けて軽やかなステップを踏めるようになったが、呪いの影響で付いた語尾を自分で最先端と言ったりするため、キザな性格面も大きくなっている。
語尾の「ピョン★」は自分で言っても後から結局言ってしまう。
他の騎士相手にはエルドゥールとヴァハトとマッペラを呼び捨てで呼んでいる。
呪いの化身は大小2匹の兎。呪いの影響が大きいせいか、☆6になると大剣の目と口が開き本人にうさみみが生え、☆7になると自身が本物のウサギになるんじゃないかと思い始めてしまう。

主属性は緑で副属性は紫。
コンビネーションは「ボーイズ」「剣士」を持っている。
スキルは「絶望の呪い」で、付与する状態異常は。必ず一定のダメージを与えられるため、体力の高い敵には下手にダメージを与えるよりも耐久を優先して毒殺する方が効率が良くなることもある。

彼もリーダーにすると、エルドゥールほどではないが呪いの影響は大きく出ており、連鎖カウントボイスに語尾は流石に付かないが他のボイスはほとんど語尾に「ピョン★」と付く(クエスト失敗時「ほら、元気出せよ。…ピョン★」、全消し時「キマった……ピョン★」など)。

ヴァハト


『誰にも止められないぞー!』

呪騎士まとめ2



(CV.水中雅章
『恐怖の槍』を装備したため、「眠くなると耳元で虫の音がする呪い」にかかった騎士。一人称は「ボク」。
毎日何とか寝ようと試みているがそのたびに耳元で虫の音がすることで眠れなくなってしまう。それが繰り返されてハイテンションになっていくと、誰も彼のことは止められない。☆7になると快眠マクラを手にするようになるがそれでも全く眠れないのは変わらず、盾の代わりになってしまっている。目に見えているものが夢なのか現実なのかどうか判らなくなるほどの症状を見ると、幻覚が見えたり死んでもおかしくないぐらいヤバそうである。
他の騎士相手ではヒルダとエルドゥールを呼び捨てで呼んでおり、ヒルダに関しては彼女の呪いにも気にかけてはいるが、近くにいるとうるさいので寝ることを諦めている。無口のエルドゥールを寝ている思って間違えてほっぺたを引っ叩きそうになったことがある。ヒツジは7000匹まで数えたことがあるようだ。
呪いの化身はミノムシ。レアリティが上がるとミノムシが蝶に進化する。

主属性は黄色で副属性は青。
コンビネーションはエルドゥールと同じく「ボーイズ」のみ。
スキルは「恐怖の呪い」で、付与する状態異常は怯え。エルドゥールの怒りと同様、与ダメージを2倍にする効果があるためダメージソースとしては優秀。怒りと違って敵の攻撃は受けるがダメージを半減する効果があるため、一撃のダメージが大きい敵が相手だと、このダメージ半減効果も相対的に大きくなる。

なお、彼のみぷよフェスキャラとして主属性と副属性が入れ替わった「まっくらやみのヴァハト」が存在している。青属性の攻撃と体力を大きく強化し、自身は怯え状態の敵により大きなダメージを与えられるが代わりにステージ開始時に自身を除いた「敵味方全員」を怯え状態するという癖のある強烈なキャラになっている。イラストも本人は白目を向いており、恐怖の度合いが大きくなっている。

マッペラ


『あっ!ハンマーが!』

マッペラちゃん



(CV.指出毬亜
『破滅の槌』を装備したため、「手がヌルヌルする呪い」にかかった女騎士。
手を洗えばある程度ヌルヌルは落ちるが、時間が経つと元に戻ってしまう。彼女が通った後は足元もヌルヌルするため、誰かが滑って転んでしまうことがある。
武器のハンマーは集中すれば少しの間だけ持てるがよく落とすことが多く、振りかぶるときも飛んでいってしまうことから武器を扱うのも難しくなるほど手がヌルヌルしてしまっているようである。
同じ騎士相手ではヒルダとエルドゥールにさん付けしている。呪いの影響で武器を上手く扱えなくなったり、間違えてエルドゥールのマントで手を拭いてしまったことがあったりとドジっ子気質がついてしまった。フリードのセリフボイスから得意な料理はナットウの模様。
呪いの化身はキノコが生えたスライム。手だけでなく足もヌルヌルしているのは間違いなく化身が足元にいる所為だろう。

主属性は紫で副属性は緑。
コンビネーションスキルは「ガールズ」と「キノコ」を持っている。
スキルは「破滅の呪い」で、付与する状態異常は混乱。あらゆる攻撃を同士討ちするため、攻撃力の高い敵を混乱させると効果的。しかし、効果があるのは攻撃する行動2回分と少ないので毎ターン攻撃するような攻撃頻度の高い敵にはあまり効果がないことに気を付けておきたい(ただし、連続攻撃や全体攻撃などは基本的に1回分の行動扱いになる)。割合ダメージを行う敵がいると、時に同士討ちでとんでもないダメージが出ることも…。
なお、彼女のみ味方が付与する混乱状態の仕様により、とっくんスキルが他4人よりも強くなっている。

クローラス

上記5人の呪騎士がいる国を司る若き王様。詳細はリンク先の個別記事を参照。
騎士ではないが彼も呪いにかかっている。

アプリ内での評価

これまで各属性でこちらが使用可能な状態異常は基本的に赤は怒り、青は怯え、緑は混乱、黄は麻痺、紫は毒となっているが、この5人は化身の呪いによって全員が主属性が主に使える状態異常とは全く異なる状態異常を付与出来るという特徴と強みがある。状態異常は効く場合すべて複合するため、例えばヒルダやヴァハトだと怒りや怯え状態にした後に麻痺させて一撃のダメージをより大きくしたり、フリードやマッペラの場合は混乱による同士討ちで毒の自滅をより確実に出来るといった芸当も行える。
エルドゥールも怒りと怯えを同時に付与することでこちらの被ダメージをより大きく低下させて耐久力を上昇したり、怯え状態が解除された後に怒り状態を付与することでこちらの与ダメージが上昇する状態を更に延長することも出来る。
戦略の幅が大きく広がるので、育成して損はないと言えるだろう。

関連タグ

ぷよぷよ!!クエスト ぷよクエ

関連記事

親記事

ぷよぷよ!!クエスト ぷよぷよくえすと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「呪騎士」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「呪騎士」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194153

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました