ピクシブ百科事典

喫茶ステラと死神の蝶

かふぇすてらとしにがみのちょう

『喫茶ステラと死神の蝶』とは、ゆずソフトの11作目にあたるアダルトゲームである。
目次[非表示]

「死神と、お茶でもいかが?」

概要

2019年12月20日発売のアダルトゲーム
ゆずソフトの11作目にあたる(PSP版『天神乱漫』はカウントせず)。

詳細は不明だが「喫茶ステラと死神の盾」というタイトル案もあったらしい。
略称は「ステラ」または「フェラ神」。
三作品に及んだ遥そらの続投が途絶え、車の人が久しぶりに起用された(ソース)。

2019年8月30日に公式サイトが公開された。
また、スクリーンショット機能が、今作で初めて搭載された。

あらすじ

(公式サイトより)

主人公、高嶺昂晴(たかみね こうせい)は何気ない学生生活を送っていた。
だがある日、不慮の事故で命を落としてしまう。
そこで予期せぬことが起きた。
死んだはずだった高嶺昂晴が、目を覚ましたのだ。

しかもそれはーー死ぬ当日の朝だった。
わけがわからないまま、もう一度、同じ一日を過ごす。
予知夢やデジャブのようなものではなく、一日の流れが全く同じ。
あまりの事態に恐怖を覚えながらも、死んでしまった、事故の場所を訪れた。
そして事故の瞬間ーー
彼は"死神"と"人語を喋る猫"と出会った。

そして告げられる言葉。

『死はまだ回避できていません』

高嶺昂晴は死ぬ運命から逃れるために、死神の仕事を手伝うことになる。
その方法とは、何故か喫茶(カフェ)をオープンさせることであった。

世界を巻き戻し、"死"という現実を乗り越えた、高嶺昂晴。
だが引き寄せる"死"の因果からは逃れられない。
これは、己の運命と世界に挑みつづける1人の男の恋の物語ーーなのかもしれない?

登場キャラクター

主人公


メインヒロイン


サブヒロイン


サブキャラクター


スタッフ

シナリオ:天宮りつ かずきふみ 瀬尾順
原画こぶいち むりりん
SDこもわた遙華
企画:天宮りつ
音楽:Famishin AngelNote
ムービー:ろど
背景:ろど Ryouma
ディレクター:Famishin

関連タグ

ゆずソフト アダルトゲーム

外部リンク

関連記事

親記事

ゆずソフト ゆずそふと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「喫茶ステラと死神の蝶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3352092

コメント