ピクシブ百科事典

大森タツミ

おおもりたつみ

「ゴッドイーター」シリーズに登場するキャラクターの一人。極東支部・防衛班班長
目次[非表示]

ゴッドイーターに登場するキャラクターの一人。日本人。
フェンリル極東支部に所属し、拠点防衛を主業務とする防衛班の班長を務めている。
防衛班は役割別で複数のチームに分かれており、彼は居住区防衛を主業務とする第二部隊所属。
神機は旧型近接式のショートブレードを使用する。

敵の群れに飛び込みかく乱する能力にたけておりチーム統率力も高い(ゲーム内データベースより)。
(CV森岳志)

人物

防衛班の中では最年長の23歳。
オペレーターの竹田ヒバリにご執心で、しょっちゅうデートに誘ってはあしらわれている。
だが決して軽薄と言うわけではなく、アラガミの撃退よりも住民の安全を最優先する熱血漢。
そのため極東支部に赴任したばかりの頃の「アラガミ殺すべし」思考のアリサと戦術理論の面で意見を異にし苦言を呈す場面もあった。
が、タツミを全否定したアリサとは対照的に彼女の褒めるべき点はちゃんと評価し、ちょっと熱くなりすぎたかと反省するなど、ベテランの先輩・大人らしい描写も見られた。

その性格からか支部長の計画には徹頭徹尾真っ向から反対の姿勢を貫き「俺はバカだから、死ぬまで防衛班だ!」と自分の思いを語っている。
しかし支部長の思想やそれに賛同したゴッドイーター達にも一定の理解は示し否定はしておらず、結局計画が失敗した際も、帰還した面々と残って戦った面々との折衝に当たった。

ショートの定めか敵にかなり接近するため、同じ部隊の台場カノンにはよく誤射されている模様。

プレイヤーキャラとの外見被りについて

結構かぶることが多い。原因はおそらくタツミ自身がヒロイックな外見のため、外見のほとんどを適当に選んだらタツミと酷似していたといった辺りが予想される。
特に無印時代の容姿は、外伝作品に当たる漫画『スパイラルフェイト』の主人公である加賀美リョウとかなり酷似している。

BURSTでは

無印から全面的にリデザインされ、CV担当の変更すらあった防衛班の中にあってCV変更されず顔もあまり変わっていない。
衣装は専用のものに変更され、熱血系のタツミらしい赤をベースとした上着を着ている。

追加ストーリー内にて「リンドウさんを一番先に見つけられたら」との条件を出してヒバリをデートに誘い、(タツミ本人は気づかなかったが)実際一番最初に発見してみせたが本当にデートできたかは不明。
まあ、件の条件にヒバリからOKが出ていた訳ではないのでおそらくは……。

GE2では

本編では登場しなかったが、有料DLC「防衛班の帰還」にて追加で登場。
とうとう「ロートアイアン(ショートソード)/イオニアンガード(バックラー)」という、汎用でない専用デザインの神機が用意された。白と赤を基調とした綺麗な色合いの神機。

相変わらず防衛班班長を務めているが、エイジス放棄による防衛班の解体・再編に伴い、極東支部外部居住区の防衛からサテライト拠点の護衛任務へと主業務が変わっている。
とある事態に際して他の元第二部隊・第三部隊の面子と共に極東支部へと招集される。

隙の小さいショートブレードとバックラーによる堅実な戦闘スタイルは健在で、前作同様旧型神機ながら非常に頼れる。
極東支部を離れていても、ヒバリにご執心なのは一向に変わっていない。
……ヒバリの方からの対応は若干柔らかくなったような気はするが。
彼との同行ミッションを進めると、新人時代の過去話などを語ってくれる。

GE2RBでは

「防衛班の帰還」が本編に組み込まれたため正式に登場。
前作では追加組は一緒に出撃してもNPC出撃記録に名前も回数も残らなかったが今回はそんなことないので安心を。
「防衛班の帰還」以外でも追加ストーリーの大規模防衛戦に参加するなど割と活躍している。

GERでは

無印およびバーストのシナリオ追加リメイク版であるためもちろん登場、使用可能である。
攻撃回数の多いショートブレードと状態異常系スキルが相性がよく、積極的に攻め入ってくれるため、それらのスキルをセットすると、アラガミをよくホールドや封神状態にしてくれる。
またプレデタースタイルも積極的に使用する傾向が強く、バースト系のスキルとも相性が良い。
無印およびBURSTでは振るっていたのは汎用神機止まりだったが、本作では最終的に2で追加されていた専用神器にきちんと強化されてくれる。

『side by side』

ヨゲンメ氏作の外伝漫画漫画においてとうとう主人公に抜擢された。
ストーリーの時期としては無印開始よりも前、彼にフェンリルからゴッドイーターとしての採用通知が届いた場面から始まり、彼の新人時代や防衛班の結成、現在の面子が揃い、無印主人公に出会うまでになる。
「防衛班の帰還」においてちらっと触れられた真壁兄弟との絡みや低すぎる適合率に苦労した話の詳細、ヒバリに惚れるきっかけとなった出来事などが語られている。

余談

僅かだが、ブレンダン・バーデルとの絡みでブレタツというものもあるが、腐向けの場合があるので注意。

関連タグ

GODEATER ゴッドイーター 台場カノン ブレンダン・バーデル ブレタツ タツヒバ

pixivに投稿された作品 pixivで「大森タツミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 467201

コメント