ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

原作はダン・ブラウンの同名小説『天使と悪魔』。同作者による小説『ダ・ヴィンチ・コード』を映画化した2006年のヒット映画『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となり、主人公も同一である。原作においては『天使と悪魔』がシリーズ第1弾であり、続編が『ダ・ヴィンチ・コード』であるが、映画では時系列を入れ替えている。また、『ダ・ヴィンチ・コード』が原作にほぼ忠実だったのに対し、本作はかなり脚色が加えられている。主人公のロバート・ラングドン役も前作に引き続きトム・ハンクスが演じる

あらすじ

ローマ法王が他界し新たな教皇を決めるためにローマでコンクラーヴェが開催された。
その最中に有力者達が誘拐される事件が発生、遺体として発見された有力者の体いにはイルミナティの焼印があった。
捜査協力で呼び出された宗教象徴学者ラングドンは手掛かりを得るためにバチカン市国に眠っていた天文学の父であるガリレオ・ガリレイの著作の本を読み始める。

関連タグ

コンクラーヴェ ローマ イルミナティ バチカン ガリレオ・ガリレイ
ダ・ヴィンチ・コード

関連記事

親記事

天使と悪魔 てんしとあくま

兄弟記事

コメント