ピクシブ百科事典

天才作家スズ

てんさいさっかすず

角川つばさ文庫より出版されている小説。作者は愛川さくら。イラストは市井あさ。全17巻。 続編に主人公の娘の話が出版されている。
目次[非表示]

概要

主人公、鈴木美鈴は小学6年生の時、あることがきっかけで「天才小学生作家」になった。
そんな主人公スズは、春から中学生になるのだが……。
小説は秘密ファイル・スペシャル・恋愛ファイルの3つに分けられている。

以下ネタばれを含む場合があります。





登場人物

鈴木美鈴(すずきみすず)

主人公の少女。通称スズ
松葉学園中等科1年生。小学6年生の時に作家デビューしたが、その作品は双子の美織(オリちゃんとスズには呼ばれている)が書いたもの。両親と4人家族だったが、「青春文学賞」に美織が応募した翌日、三人は事故に巻き込まれ亡くなっている。現在は母親の妹である叔母さんに引き取られ、一緒に住んでいる。結構足が速い。食べる事が好き。鈍感。毎回何かしらの事件に巻き込まれている。欠点は多いが前向きな女の子。小説を書こうと頑張っている。

冬馬戒(とうまかい)

天才的センスをもつサッカー少年。通称カイ。
スズと同じ小学校出身のクラスメート。サッカー部。小学生の時も同じクラスだった。松葉学園にはスポーツ特待の推薦で入学。エース・ストライカー。意地悪なことも言うが本当は優しい。友達のことは絶対に裏切らない。途中転校してしまう。

プランス

プランスはフランス語で「王子」という意味。美少年。通称プランス。
松葉学園中等科2年生。物理部。「物理的にありえない」が口癖。スウェーデン王室の血筋で松葉学園の理事長の息子。大学院まで卒業している天才。

鷲見悠貴(わしみゆうき)

松葉学園のアイドルの1人。美少年に見えるが女子。通称女公爵。
松葉学園中等科3年生。馬術部と剣道部の部長。女子寮の寮長をつとめている。プランスの親戚。一度笑うと長い。スズが「天才作家の鈴木美鈴」だと知っていて、「青春文学賞」にも応募いているが受賞はされていない。作家をめざしている。

丸山都(まるやまみやこ)

頭は悪くはないが、自己中な部分がある女の子。通称ミャーコ。
松葉学園中等科1年生。スズのクラスメート。

成宮涼(なるみやりょう)

元気いっぱいで男前なサッカー少年。だれからも好かれるようなさっぱりとした性格。
松葉学園中等科1年生。元陸上部のサッカー部。カイの引き継ぎでスズの「守護神」を名乗っている。

久我水樹(くがみずき)

スズ(美織)が書いた小説を大事にしている少年。通称エア。
松葉学園中等科2年生。バスケ部。病院の跡取り。亡くなってしまう。

松葉学園

創立100周年の名門。幼稚部から初等部、中等部、高等部まであり、エスカレーター式に上がっていける。
高等部が一番有名で、甲子園や吹奏楽などの全国コンクールや大会でよく優勝している。
勉強の方も毎年高等部の卒業生は10人くらいが東大や京大に合格していて、全国的にレベルの高い学校と評価されている。
海外には姉妹校があり、留学制度により、留学生との交流もある。

制服

制服は深緑のブレザーにクリーム色を少したした白いワイシャツ。ネクタイとリボンはくすんだオリーブ色をしている。男子のズボンは黒だが、女子はブレザーと同じ色をしている。
夏服は男女ともクリーム色のサマーセーター。男子は青いシャツで女子は白いシャツ着用。ネクタイは明るい灰色でリボンは男子のシャツと同じ青が使われている。スカートの色は変わらないが、ズボンは濃い灰色が使われている。

関連記事

親記事

角川つばさ文庫 かどがわかわつばさぶんこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天才作家スズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150

コメント