ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
小説「魔道祖师」に登場する世家の一つ。

本項の情報にはネタバレが含まれる場合があります。原作未読の方はご注意ください。

概要

墨香銅臭の小説『魔道祖师』に登場する世家。

姑蘇に拠点を置いている。現宗主は藍曦臣

四千にものぼる家訓が全て石壁に刻まれている、掟に厳しい一族。

藍家と聶家には代々付き合いがある。

金の心配とは無縁な大世家。

美男子揃いと有名で、むしろ普通の顔をした奴がいるなら探してこいとまで言われている。


姑蘇藍氏には高潔な人格者と謳われる先達・藍啓仁がおり、彼には多くの優秀な門弟を育て上げてきた実績がある。その評判を聞き、彼の行う座学に自らの子供を留学させたがる世家の者が多い。

十五、六頃の年齢の公子が集まり、魏無羨藍忘機江澄金子軒聶懐桑は同期である。


所属

  • 藍曦臣:現宗主。沢蕪君と呼ばれる。藍忘機の兄。
  • 藍忘機:含光君と呼ばれている。藍曦臣の弟。
  • 藍啓仁:藍曦臣・藍忘機の叔父。青蘅君の弟。
  • 藍思追:門弟の一人。藍忘機が育ての親。
  • 藍景儀:門弟の一人。藍思追と仲が良い。
  • 青蘅君:藍曦臣・藍忘機の父。藍啓仁の兄。
  • 藍夫人:青蘅君の妻。藍曦臣・藍忘機の母。
  • 蘇渉:門弟の一人だった。

詳細

開祖は「藍安」。寺の出身で幼少期から既に高僧として広く名が知れ渡っていた。

成人を迎え、「伽藍」の「藍」を姓として還俗し、楽師となった。

姑蘇で運命の人に出会い、道侶となって藍家の基盤を作り上げた。


  • 家紋

巻雲紋

一部の者には抹額にもその家紋が描かれている。


  • 家訓

雅正


  • 仙府

雲深不知処

姑蘇の町外れにある山奥に位置している。

時折高楼から鐘の音が響く程度で、常に静けさに満ちている清澄な場所である。

入り組んだ水閣が巧みに配置された趣ある庭園の中、長く連なる白い塀と黒い屋根瓦には年中霧がかかっている。

塀には七歩ごとに美しい透かし彫りされた窓が嵌め込まれており、姑蘇藍氏の先祖の足跡を描いたものになっている。最も古く有名な窓は「伽藍」「習楽」「道侶」「円寂」の名が付いている。

周囲には結界があり、見張りも巡回している為、「通行玉令」がなければ自由に出入りできない。

雲深不知処は「射日の征戦」の前に一度焼き払われたが、再建され昔とまったく変わらない造りになっている。


  • 家規

一族が定めた行動規範。

かつては三千条だったが、現在では四千条以上になっている。

内容は規訓石に彫られている。

雲深不知処での殺生禁止・無断で手合わせ禁止・淫奔禁止・夜遊び禁止・騒ぐの禁止・走るの禁止・むやみに笑うの禁止・だらしなく座るの禁止・ご飯は三杯以上禁止など。

「雲深不知処での殺生を禁ずる」は規訓石の第三条にある。

卯の刻に起床し、亥の刻に就寝することも決められている。


  • 雅正集

藍家の家訓集。

あまりにも長くなった家訓を、藍啓仁が全て改訂し、一冊の非常に分厚い本にまとめた。

上義編と礼則編だけで全体の八割を占めている。


  • 校服

白。襟袖がふわりとして風雅で、少し近寄り難い雰囲気がして非常に美しい。

外衣の内側には細い糸でびっしりと呪術と真言が刺繍されており、守護の効力がある。


  • 抹額

藍家の血筋で本家の弟子は巻雲紋の抹額を結んでいる。

素材は校服と同じ素材から仕立てられており、軽やかで薄手に見えるがしっかりとした作りになっている。

抹額には自らを律するという意味がある。

開祖である藍安の言葉で、天が定めし者(心から愛する人)の前でだけは何も律する必要がないとされている。

藍家の抹額はとても私的で取り扱いに慎重を期すべき大切なもので、自分と両親、伴侶以外に触らせてはいけないことになっている。


  • 通行玉令

雲深不知処は結界がある為、「通行玉令」がなければ自由に出入りできない。

藍忘機が所持しているものは階級が非常に高く、部外者が侵入すれば異常を知らせてくれる。


  • 冷泉

雲深不知処に広く湧いている。

浸かると心が静まって清められ、邪気を払ってくれる。

淤血を解消し傷を癒す効能がある。

本家の公子がよく修行で使っている。

水温が非常に冷たく、藍家以外の者が短時間でこの冷泉に慣れるのは難しい。

周囲には蘭草が生い茂っている。


  • 静室

藍忘機の書斎兼寝室。元は彼の母親・藍夫人の住居である。

調度品は非常に少なく、余計なものは一切置かれていない。

屏風の前に琴を弾くための卓が据えられている。

三足の香机の上には透かし彫りされた白い玉の香炉がある。

室内には檀香が立ち込めている。

床板の下には姑蘇の酒「天子笑」が七、八甕隠されている。

雲深不知処は禁酒であるが、室内で焚かれた檀香によって酒の香りには気付かない。万が一室内に入られたとしても酒を隠し持っていることはわからないだろう。無遠慮で好奇心旺盛な者でない限りは。


  • 寒室

歴代宗主の居所。


  • 蔵書閣

一つの竹製の敷物に対して文机が一つ置かれている。

座学時代の藍忘機は謹慎中の魏無羨と共に、一つの文机に向かい合って座っていた。魏無羨が礼則編の書き写しをしている間、藍忘機は門外不出の年代物の古書を新しく書き写す作業をしていた。

側には白木蓮が咲いている。


  • 冥室

招魂の儀式を行うための建物。

壁は特殊な材料で作られ、呪文が彫られている。

扉は漆黒の木で造られていて、扉に掛けられた鍵は中からしか開けられない。

角櫓の上の鐘がひとりでに鳴り響く時は、中で儀式を行っている人の身に何かが起きたことを示している。


  • 祠堂

座学時代に、魏無羨と藍忘機がここで懲罰を受けた。


  • その他

藍忘機は座学時代には懲罰担当だった。

藍景儀が「含光君に死ぬほどお仕置きされる」と言っていることから、現在でもその手の役割は担っているようだ。

敷地内ではたくさんの子兎が飼われており、弟子たちと藍忘機が主に世話をしている。



関連タグ

登場作品:魔道祖师 陳情令

関連キャラクター:藍曦臣 藍忘機 藍思追 藍啓仁

本項の情報にはネタバレが含まれる場合があります。原作未読の方はご注意ください。

概要

墨香銅臭の小説『魔道祖师』に登場する世家。

姑蘇に拠点を置いている。現宗主は藍曦臣

四千にものぼる家訓が全て石壁に刻まれている、掟に厳しい一族。

藍家と聶家には代々付き合いがある。

金の心配とは無縁な大世家。

美男子揃いと有名で、むしろ普通の顔をした奴がいるなら探してこいとまで言われている。


姑蘇藍氏には高潔な人格者と謳われる先達・藍啓仁がおり、彼には多くの優秀な門弟を育て上げてきた実績がある。その評判を聞き、彼の行う座学に自らの子供を留学させたがる世家の者が多い。

十五、六頃の年齢の公子が集まり、魏無羨藍忘機江澄金子軒聶懐桑は同期である。


所属

  • 藍曦臣:現宗主。沢蕪君と呼ばれる。藍忘機の兄。
  • 藍忘機:含光君と呼ばれている。藍曦臣の弟。
  • 藍啓仁:藍曦臣・藍忘機の叔父。青蘅君の弟。
  • 藍思追:門弟の一人。藍忘機が育ての親。
  • 藍景儀:門弟の一人。藍思追と仲が良い。
  • 青蘅君:藍曦臣・藍忘機の父。藍啓仁の兄。
  • 藍夫人:青蘅君の妻。藍曦臣・藍忘機の母。
  • 蘇渉:門弟の一人だった。

詳細

開祖は「藍安」。寺の出身で幼少期から既に高僧として広く名が知れ渡っていた。

成人を迎え、「伽藍」の「藍」を姓として還俗し、楽師となった。

姑蘇で運命の人に出会い、道侶となって藍家の基盤を作り上げた。


  • 家紋

巻雲紋

一部の者には抹額にもその家紋が描かれている。


  • 家訓

雅正


  • 仙府

雲深不知処

姑蘇の町外れにある山奥に位置している。

時折高楼から鐘の音が響く程度で、常に静けさに満ちている清澄な場所である。

入り組んだ水閣が巧みに配置された趣ある庭園の中、長く連なる白い塀と黒い屋根瓦には年中霧がかかっている。

塀には七歩ごとに美しい透かし彫りされた窓が嵌め込まれており、姑蘇藍氏の先祖の足跡を描いたものになっている。最も古く有名な窓は「伽藍」「習楽」「道侶」「円寂」の名が付いている。

周囲には結界があり、見張りも巡回している為、「通行玉令」がなければ自由に出入りできない。

雲深不知処は「射日の征戦」の前に一度焼き払われたが、再建され昔とまったく変わらない造りになっている。


  • 家規

一族が定めた行動規範。

かつては三千条だったが、現在では四千条以上になっている。

内容は規訓石に彫られている。

雲深不知処での殺生禁止・無断で手合わせ禁止・淫奔禁止・夜遊び禁止・騒ぐの禁止・走るの禁止・むやみに笑うの禁止・だらしなく座るの禁止・ご飯は三杯以上禁止など。

「雲深不知処での殺生を禁ずる」は規訓石の第三条にある。

卯の刻に起床し、亥の刻に就寝することも決められている。


  • 雅正集

藍家の家訓集。

あまりにも長くなった家訓を、藍啓仁が全て改訂し、一冊の非常に分厚い本にまとめた。

上義編と礼則編だけで全体の八割を占めている。


  • 校服

白。襟袖がふわりとして風雅で、少し近寄り難い雰囲気がして非常に美しい。

外衣の内側には細い糸でびっしりと呪術と真言が刺繍されており、守護の効力がある。


  • 抹額

藍家の血筋で本家の弟子は巻雲紋の抹額を結んでいる。

素材は校服と同じ素材から仕立てられており、軽やかで薄手に見えるがしっかりとした作りになっている。

抹額には自らを律するという意味がある。

開祖である藍安の言葉で、天が定めし者(心から愛する人)の前でだけは何も律する必要がないとされている。

藍家の抹額はとても私的で取り扱いに慎重を期すべき大切なもので、自分と両親、伴侶以外に触らせてはいけないことになっている。


  • 通行玉令

雲深不知処は結界がある為、「通行玉令」がなければ自由に出入りできない。

藍忘機が所持しているものは階級が非常に高く、部外者が侵入すれば異常を知らせてくれる。


  • 冷泉

雲深不知処に広く湧いている。

浸かると心が静まって清められ、邪気を払ってくれる。

淤血を解消し傷を癒す効能がある。

本家の公子がよく修行で使っている。

水温が非常に冷たく、藍家以外の者が短時間でこの冷泉に慣れるのは難しい。

周囲には蘭草が生い茂っている。


  • 静室

藍忘機の書斎兼寝室。元は彼の母親・藍夫人の住居である。

調度品は非常に少なく、余計なものは一切置かれていない。

屏風の前に琴を弾くための卓が据えられている。

三足の香机の上には透かし彫りされた白い玉の香炉がある。

室内には檀香が立ち込めている。

床板の下には姑蘇の酒「天子笑」が七、八甕隠されている。

雲深不知処は禁酒であるが、室内で焚かれた檀香によって酒の香りには気付かない。万が一室内に入られたとしても酒を隠し持っていることはわからないだろう。無遠慮で好奇心旺盛な者でない限りは。


  • 寒室

歴代宗主の居所。


  • 蔵書閣

一つの竹製の敷物に対して文机が一つ置かれている。

座学時代の藍忘機は謹慎中の魏無羨と共に、一つの文机に向かい合って座っていた。魏無羨が礼則編の書き写しをしている間、藍忘機は門外不出の年代物の古書を新しく書き写す作業をしていた。

側には白木蓮が咲いている。


  • 冥室

招魂の儀式を行うための建物。

壁は特殊な材料で作られ、呪文が彫られている。

扉は漆黒の木で造られていて、扉に掛けられた鍵は中からしか開けられない。

角櫓の上の鐘がひとりでに鳴り響く時は、中で儀式を行っている人の身に何かが起きたことを示している。


  • 祠堂

座学時代に、魏無羨と藍忘機がここで懲罰を受けた。


  • その他

藍忘機は座学時代には懲罰担当だった。

藍景儀が「含光君に死ぬほどお仕置きされる」と言っていることから、現在でもその手の役割は担っているようだ。

敷地内ではたくさんの子兎が飼われており、弟子たちと藍忘機が主に世話をしている。



関連タグ

登場作品:魔道祖师 陳情令

関連キャラクター:藍曦臣 藍忘機 藍思追 藍啓仁

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 魔道祖師 · 短編集

    街談巷語

    こんな終わり方でいいのかと思いつつも、ほとんど原作の話しか書いてないのに、これ以上書いていくと短編ではなくなる。なので、無理やりここで切ったらこんな感じに(^_^;) 原作を読んでいると、番外編あたりはどう考えても姑蘇藍氏は戦力過多なんじゃと思えてこんな話に。
  • 朝霞

    青蘅君とその夫人

    含光君が仙督になり魏嬰を守るために自分に欠けていること…世情を知るために頼ることにした人。藍曦臣、忘機兄弟の父母をよく知る人だった。兄弟に語られなかった父母のこと、そして自分達の秘密が…。本編にない朝霞という女が登場します。
  • 芳魂ノ華

    藍思追の胸騒ぎ

    雲深不知処にて 思追と景儀ターンです。
  • 魔道祖師 · 飛び梅

    阿願《一》

    魏無羨の登場は『阿願《二》』からになりますので、今回は名前のみしか登場していませんm(_ _)m また、話の内容は姑蘇藍氏の話なので、ここは『阿苑』ではなく、あえての『阿願』です。漢字も『藍愿』の方ではなく、『藍願』の方で(^_^;)
    12,330文字pixiv小説作品
  • 魔道祖師 · 短編集

    臘八節

    今日1月18日は旧暦の12月8日と言うことで、臘八節です。臘八節も本国の古くからの行事と言うことで、臘八粥の話を一つ。氷砂糖を入れて作る甘いお粥、味の想像ができないけれど食べてみたいです(^^)
    10,371文字pixiv小説作品
  • 魔道祖師

    歳寒灯籠《ニ》

    書いても書いても先に進まない。本当に春節までに結界の張り替えができるのか(^_^;) 次々に増えて行く藍家の分家。今の所いい人しか出ていないのは、姑蘇藍氏に夢を見すぎだからか…。
    19,079文字pixiv小説作品
  • 芳魂ノ華

    芳魂ノ華 人違い?

    まだ、魏嬰と思追しかでてません💦 もう暫くお待ちくださいませ。 (また忘羨と少年組の話が書きたくて、 ぼちぼちと更新していく予定です。 暇つぶしになれば幸いです。)
  • 魔道祖師 · 短編集

    元宵節

    2月24日は元宵節。先月の臘八節の時は、書いていて臘八粥が食べてみたくて仕方がなかったのですが、元宵節は書いていて元宵がとても食べたくなりました(^_^;)
    12,031文字pixiv小説作品
  • もしも魏無羨が、願った過去に戻れるとしたら

    苦悩

    コメント・ブクマ等、大変ありがとうございます。 本当に励みにあります。 これからもよろしくお願いいたします。
  • 魔道祖師

    水月鏡花《一》

    今回と次回のみ、魔道祖師のお話の予定。
    10,584文字pixiv小説作品
  • 魔道祖師

    木魅悪鬼《一》

    今回は、珍しく登場人物が多くなっています。金凌や江澄、温寧も登場していますが、ダクはなしです(^_^;) 原作の番外編で知る、江澄が陳情を持っていた理由を思うと辛いですね。江澄のキャラソンも孤独がにじみ出たものだし、気がつけば家族は全ていなくなっていて、振り返れば見知らぬ人ばかりになっているなんて。なくしていたばかりの江澄が唯一新たに得たのは金凌で、キャラソンの中にも登場する金凌の誕生。ツンツンキャラの江澄だけど、本当に金凌は可愛い甥なんだろうなと思う。
    10,763文字pixiv小説作品
  • あいのはなし

    6:寡黙、その掌の温かさ

    一度、書いてみたかった家族愛。 テーマは家族愛、師弟愛が多いかもしれません。 思追のような子は、意外と甘え下手な気がするので。わがまま言わせてみたかったのもあります。本音を言ってもらいたい、最強の父が二人も。魏嬰は藍湛に感謝しつつ、自分も成長を見たかったと嫉妬してそう。 笛の事は二人の秘密。にやにや。 もっともっと幸せになって。最強の父上達が、思追の未来を明るく照らして行くと願って。 拙い文章ですが、いつもありがとうございます。
  • 朝霞

    もう一人の藍のニ若君

    藍忘機が生まれます。青蘅君は?夫人は?藍のニ若君は?何を守るのか?今回は魏嬰は出ません。次回は出てくるはず…。
  • 想いを花に変え

    頂いたリクエストから「花吐き病」でちょっとだけ。 めちゃくちゃ短編です。 花吐いてるのは曦臣兄上です。 特殊な内容ので、苦手な方は自衛をお願い致します。
  • 朝霞

    青蘅君と温若寒 二つの巨星

    金丹を奪う者を匿ったのは温宗主だった。その息子、温若寒が登場します。そして、いよいよ魏嬰が誕生します。
  • 魔道祖師 · 飛び梅

    if 郁金香《Ⅳ》

    お読みいただきありがとうございます。『郁金香』、当初考えていた最後までたどり着くことができました(^_^)
    23,952文字pixiv小説作品
  • 魔道祖師 · 短編集

    夏雨 〜陳情令編〜

    いつもは魔道祖師ダクですが、今回は初めて陳情令ダクにしてみました。DVDを何度も見て、これなら陳情令に近くなっているはずと。 陳情令と言えばメイキング映像で王一博さんが、スタッフさんから肖戦さんのことを『藍湛、あなたの妻が…』と言われて『えっ、妻なの!?』みたいなシーンがありますよね。妻呼びされている肖戦さんの方はいたって普通の表情なのに。この映像を見た時、これが役を演じる前に読んだ原作本の違いなのかな?と思ったんですけど、どうでしょうか。肖戦さんは日本で発売されているタイプと同じBL本を読み、王一博さんはBL部分がカットされた本を読まれたんですよね。原作では魏嬰が藍湛のことを夫って言うのを知っているから、妻呼びされても平気だったのかなと。
  • 白翼と黒翼

    姑蘇藍氏にて、皆に認めてもらうには〜みたいな感じで書きました。剣舞を見た事があるのですが、すごく綺麗でして。忘羨に踊らせたらカッコいい!藍先生と、お兄ちゃんに演奏させちゃえ!という暴走が生み出した作品です。 多分、藍湛は魏嬰に剣を向けるなんて〜とか言ってそうですが。魏嬰がお願い(アレやこれや)する事で解決。チョロい。 お兄ちゃんは弟が幸せで満足。義弟も出来た。有象無象に勝手な事など言わせぬ強い意志を持っていそう(ブラコン強し) 藍先生は、血を吐くよりもため息で終われた事に安堵。多分、真面目にお願いされたはずなので。 門弟視点から見ると、雲の上の人に見えてた人達が地上に集っている事にふわふわしてそう。 息抜きで書いてみましたが、拙い文章を読みに来て下さる方々へ感謝を込めて。
  • 含光君の悩み

    若き含光君の悩み

    陳情令ドラマの二人きりの蔵書閣での妄想小咄です。 この期間、藍湛からスゴい色気が出てませんでした? 認めたくはないけど、魏嬰を意識しまくってたんじゃないかな~?と。気になって仕方ないみたいな🤭 そんな妄想小咄です。n番煎じかも知れませんが💦 ドラマ15話まで視聴済み あまりの苦しい展開に、妄想に逃避しました(^^; 萌えとエロはオタクを救う

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    まつお

    読む

pixivision

カテゴリー