ピクシブ百科事典

宇原道冬

うはらのみちふゆ

宇原道冬とは、小説「鬼舞」の登場キャラクターである。

概要

宇原道冬とは、小説「鬼舞」の登場キャラクターである。

幼いころから人ならざるものが見え、しかも好かれるという厄介な体質の持ち主。
亡き実父が民間陰陽師であったため、そして自分自身を守るという切実な理由のため、陰陽師を目指し都へとやってくる。
さまざまな怪異に遭遇することになるが、その中で本人にも正体がわからない謎の力を発揮する。


作品につけるタグとしては「道冬」も用いられるが、こちらは多作品ともかぶっている。

関連タグ

鬼舞 道冬
陰陽師

関連記事

親記事

pixivに投稿された作品 pixivで「宇原道冬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 479

コメント