ピクシブ百科事典

守護魔

しゅごま

『エミルクロニクルオンライン』(ECO)に登場するPET装備の一部、もしくはNPC。
目次[非表示]

概要

エミルクロニクルオンライン』(ECO)に登場するパートナー装備の一部、もしくはNPC。

キャラクターとしての守護魔

何かを守護することを存在理由とする存在で、他にも新しい季節を導く、何かの使いであるなど様々な噂が確認できるが、その実態は定かではない。

ECOにおいては、2011年に実施されたイベント「ヒトトセのフシギなたまご」中にNPCとして登場する。
守護魔たちはダウンタウンの地下に存在する「フシギなたまご」を守護する存在とされ、プレイヤーは「フシギなたまご」を巡るさまざまなイベントを通してその謎を解明していく。
このイベントは1年通した連続イベントとなっており、謎の一部はこのイベントおよび「アルマたちと絆の樹~10時間目:つたえたいことば」にて明らかになったが、すべての謎が解明されたわけではない。

また、2012から実施される新たな連続イベント「アルマたちと絆の樹」にてハートメイト(フシギなたまごを通して心の力を具現化し、守護魔が人の姿をとったもの。以下、守護魔ハート)として再登場している。
2014年では、守護魔が再び登場しており、新規季節イベントおよびイベントのナビゲーションを担当している。
2016年閏年に向けて2015年夏からウル、ルゥ、ウルゥのイベントがそれぞれに実装された。
2017年新通年イベント「星を守る者」において、再び守護魔が登場。月替わりに登場する新守護魔をメインに物語は進んで行く。

アイテムとしての守護魔

入手方法

守護魔はパートナーとしても実装されており、かわいくてハートフルな見た目から需要が高い。
しかし、一部を除く(これらについては個別項目に記述する)多くの守護魔はECOくじ(1回リアルマネー500円)でのみ入手可能であり、さらにそのほぼすべてが最高位の1等に設定されている。
そのため非常に入手しづらいアイテムとなっており、先述の需要の面もありゲーム内において非常に高額で取引される(これは2012年から順次実装中のアルマ・モンスターも同様である)。

装備して連れ歩く

パートナーである守護魔は装備することでその守護魔を連れ歩くことができる。
ネコマタ等の他のペット同様に様々な場面で賑やかに話しかけてくれる他、様々なスキルで援護をしてくれるため、戦闘においても活用できる。
だが、スキルの使用はまったくの気まぐれで、ネコマタたちと違いHPの成長も悪くペイロードやキャパシティも増えないほか、ペットそのものに能力の限界があるため、使いどころは限られていた。
しかし、2014年6月のパートナーシステム実装により、ある程度任意の行動を設定でき、初期スキルでは補うことのできない強力なスキルをゲーム内もしくはアイテム課金で購入、覚えさせることができるようになったため、パートナーの重要度は飛躍的に増した。
アルマやロアのように一度も再販されていない守護魔はプレイヤーの所持率が低く、再販が待望しされている。

飛空庭に設置

パートナーは飛空庭(プレイヤーが家具等を設置してコーディネートできる空間。マップ移動にも使用できる)に設置することができる。
設置した後に話しかけることができ、パートナー装備時と同様に賑やかに話しかけてくれる。守護魔同士の関係を窺い知ることができる話もまれに存在する。
キャラクターが飛空庭に出入りしても話しかけてくれるので、パートナーに戦闘させず、留守番として飛空庭に置くプレイヤーも多い。

卵の部屋の守護魔と会話

先述のイベント「ヒトトセのフシギなたまご」に参加したプレイヤーは、パートナーとしての守護魔を装備し、卵の部屋に出向いてそこにいる守護魔に話しかけることで、守護魔同士の掛け合いを見ることができる。
守護魔同士の関係を垣間見ることができる他、装備している守護魔の新しい一面が見れるため、守護魔を所持するプレイヤーは必見である。
「アルマたちと絆の樹」の場合も、守護魔または守護魔ハート、ネコマタアルマ・モンスターを装備しアミスの飛空庭に行くことで、同様のことが行える場合がある。
(同じ守護魔同士、または「アルマたちと絆の樹」イベントにてその守護魔と同時に登場したネコマタやアルマ・モンスターの組み合わせで追加会話を見ることができる)

守護魔の種類

守護魔には複数の種類が存在する。以下に列記するが、詳しくは各自情報を収集するか守護魔を所持するプレイヤーに聞くといいだろう。

守護魔・ムツキ

ECOくじ「あけおめ兎年」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~一の章・ムツキとイタズラウサギ」に登場。
また、ECOくじ「初春の巫女」1等賞品・イベント「アルマたちと絆の樹~1時間目:はじめてのおともだち」に「ムツキのシャーマンハート(朱)」「ムツキ用シャーマンハート(青)」として再登場。
記念すべき守護魔の一番手である。ウサギさんをモチーフにしている上に巫女装束に身を包んでいる。月の精とも言われているがその実態は定かではない。
真面目で丁寧な性格で、趣味は「お祓い」であるが、少々ドジなところもあり、「ヒトトセのフシギなたまご」イベントでは力の源である大事なお札をイタズラウサギ達に盗まれてしまう。
なお、前張りをしてるらしいのでそっちの趣味のみなさんも興奮ものである。
御勤めの都合上、肉が食べられないようだ。

守護魔・キサラギ

センシティブな作品


ECOくじ「ハンドメイド・バレンタイン」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~二の章・キサラギとヤヨイと春を告げる鳥」に登場。
また、ECOくじ「令月の盗賊」1等賞品・イベント「アルマたちと絆の樹~2時間目:まごころのおくりもの」に「キサラギの盗賊ハート」「キサラギ用盗賊ハート(紺)」として再登場。
小悪魔をモチーフにしている2人目の守護魔である。魔力の源とも言われているがその実態は定かではない。
趣味は「恋バナ」で、オトナの恋についてイロイロご指南してくれるとのことだが、実は耳年増なだけでその知識は実体験に基づいていないという致命的な弱点(と萌えポイント)がある。
一方、興味がないことにはぞんざいで、イベントでは冬将軍による暗躍を受けて春の到来を遅らされてしまい、後述のヤヨイから叱られる羽目となる。
ロウゲツに憧れており、兄様と呼んで片思いしているが、相手にされていない。

守護魔・ヤヨイ

ヤヨイちゃんはどっちなの?


ECOくじ「アジアンファンタジア」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~二の章・キサラギとヤヨイと春を告げる鳥」・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~三の章・ヤヨイとウヅキと謎のニンジャ」に登場。
また、ECOくじ「花月の幻想郷」2等商品・イベント「アルマたちと絆の樹~3時間目:だいじなきもち」に「ヤヨイのカンフーハート」「ヤヨイ用カンフーハート(ドレス)」として再登場。
パンダをモチーフにしている3人目の守護魔である。春を導くとも言われているがその実態は定かではない。
イベントでは不甲斐ないキサラギを叱ったり、後述のウヅキを疑ったりしているが自身もなぜか本来の目的を忘れ、温泉の守護魔にされてしまっていた。
その原因としては元々戦いだけでは誰も癒せないことに悩み、全てを包み癒してくれる温泉を見ているうちに温泉に憧れを抱き、そこにちょうど同じ方向性を持ったウルの幻術が重なったためだというらしく、アルマイベントでも未だに『温泉の守護魔』という肩書も持っており、時折ECO温泉をプッシュしている。
なんだか、いまいち頼りない体育会系クラス委員長タイプ。ついでに負けず嫌い。
そのため「アルマたちと絆の樹」イベントではアカリと意見が食い違うたびにスポーツ対決をしているが決着がつくことがあまりない。

守護魔・ウヅキ

ウヅキさん


ECOくじ「風雲!アクロニア学園」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~三の章・ヤヨイとウヅキと謎のニンジャ」に登場。
また、ECOくじ「陰月の“契約者”」1等商品・イベント「アルマたちと絆の樹~4時間目:あたらしいなかま」に「ウヅキのチルドレンハート」「ウヅキ用チルドレンハート(戦闘)」として再登場。
犬をモチーフにしているらしい4人目の守護魔である。出会いを導くとも言われているがその実態は定かではない。
イベントでは学校の平和を守るために巨大な悪の陰謀と立ち向かい、「引き裂かれたかつての友と戦う」と思いこんでいた。
……と思ったら、どうやら常日頃からそういう設定を自身に課し、役を演じる痛い子(中二病)のようである。また他人に愛称を付けるのも好きなようだ。
ロウゲツの次に年長とのことである。こんなんで大丈夫か守護魔。

守護魔・サツキ

守護魔 サツキ


ECOくじ「フェアリーテイル」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~四の章・サツキと海賊」に登場。
また、ECOくじ「雨月の妖精物語」1等商品・イベント「アルマたちと絆の樹~5時間目:かんしゃとたびだち」に「サツキのフェアリーハート」「サツキ用フェアリーハート(ローズ)」として再登場。
妖精をモチーフにしているらしい5人目の守護魔である。新緑の風を導くとも言われているがその実態は定かではない。
典型的なツンデレキャラ。イベントではなぜか壷に閉じ込められてしまっていた。
目上と思われる存在にも容赦なく毒舌で人の心を引き裂いていく。心に余裕を持つことが大切である。
ちなみに愛称は「サッちん」だが、本人はそう呼称されることを嫌う。

守護魔・ミナヅキ

ECOくじ「プレシャスウェディング」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~五の章・ミナヅキとフミツキと愛の大三角形」に登場。
また、ECOくじ「水月の待ち人」1等商品・イベント「アルマたちと絆の樹~6時間目:ゆずれないねがい」に「ミナヅキのエレガントハート」「ミナヅキ用エレガントハート(白)」として再登場。
狐をモチーフにしている6人目の守護魔である。穏やかな雨を導くとも言われているがその実態は定かではない。
ゴスロリファッションに身を包んで、イベントでは失恋によって断たれた絆や想いを背負う役目をしていた。
絆を守護しつつも自分自身の運命の相手には「本妻です♪」ととことん尽くすというある意味破壊力たっぷりの設定ゆえに、実装当初は守護魔人気No.1を誇っていた。
現在もゲーム内の銀行で預かりきれないほどの大金が取引に必要であるなど、その入手難度はトップクラスである。
ちなみに「アルマたちと絆の樹」イベントにて本来は白を基調とした姿であることや、不幸な自身に酔っている節があることを指摘されている。また言いまわしが抽象的なのでウヅキとは気が合う模様。

守護魔・フミツキ

フミツキちゃん


ECOくじ「夢見るアクアマリン」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~五の章・ミナヅキとフミツキと愛の大三角形」に登場。
また、ECOくじ「涼月の姫君」1等商品・イベント「アルマたちと絆の樹~7時間目:たのしいなつやすみ」に「フミツキのぷりてぃハート」「フミツキ用ぷりてぃーハート(触手解放)」として再登場。
蛸をモチーフにしている7人目の守護魔である。夏を導くとも言われているがその実態は定かではない。
純真でまだまだ思考が幼くて無邪気である。かなりの食いしん坊で、食べることが思考の中心に常に来ている。
その見た目のインパクトやわかりやすい口調・デフォルメされた顔の文字での表現のしやすさから、ECO内で知らないプレイヤーはいないほどである。
「アルマたちと絆の樹」イベントではロウゲツ監督の下、立派なレディーになるため修行中らしい。

守護魔・ハヅキ

守護魔 ハヅキ


ECOくじ「エレクトロメモリーズ」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~六の章・ハヅキとナニカガスムイエ」に登場。
また、ECOくじ「清月の電脳幻想」1等商品・イベント「アルマたちと絆の樹~8時間目:ほしのはなび」に「ハヅキのサイバーハート」「ハヅキ用サイバーハート(スーツ)」として再登場。
子猫+機械をモチーフにしているらしい8人目の守護魔である。夏雷を引き起こすとも言われているがその実態は定かではない。
ちょっと臆病でおっとりしているが、賢さは守護魔中でもかなりのもので、武装も地球が破壊できるかもしれないキャノン砲があるなど物騒(ただし地球破壊には莫大なチャージ時間が必要な為、現実性は皆無らしい)。
生まれたばかりのウルやルゥ(後述)を除くと守護魔中でも最年少で、唯一フミツキから呼び捨てされる。

守護魔・キクヅキ

きくくん


ECOくじ「古の大和神話」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~七の章・キクヅキと月の姫君」に登場。
また、ECOくじ「詠月の郷愁」2等商品・イベント「アルマたちと絆の樹~9時間目:いたずらとなかなおり」に「キクヅキの守護魔ハート」として再登場。
オコジョ(イタチの一種)をモチーフにしているらしい9人目の守護魔である。夏の終わりと秋の訪れを告げると言われているがその実態は定かではない。
活発だけど甘えん坊な男の子であり、「父さん」と呼ぶオコジョと一緒にいる。
天然ジゴロでウルとルゥ(後述)から淡い恋心を向けられていたこともある、なかなかのやり手。
ちなみに「父さん」と呼ぶオコジョは先代の守護魔「ナガツキ」であることが「アルマたちと絆の樹」イベントにて明かされた。こちらもかなりのイケメンである。

ナガツキ
ECOくじ「古の大和神話」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~七の章・キクヅキと月の姫君」にて、「守護魔・キクヅキ」の肩に乗るオコジョとして登場。
また、イベント「アルマたちと絆の樹~9時間目:いたずらとなかなおり」に人の姿となって登場。
ペットとしての「ナガツキの守護神ハート」は、ECOくじ「詠月の郷愁」2等商品の「キクヅキの守護魔ハート」を装備した状態でタイニーアイランドの「魔法のスタイリスト」に話しかけるともらえる「晩秋紅葉」を使用後、「キクヅキの守護魔ハート」のアイテム詳細ウィンドウの「change」ボタンで入れ替わることで入手可能。
守護魔という概念が誕生する以前から存在する神霊で、守護神を自称している。守護魔とは似て非なるものらしい。
その昔、街に来た際にロウゲツに誘われ守護魔に就任、以後キクヅキを生み出し隠居するまで守護魔をしていたようだ。
性格は少々枯れているが豪快で面倒見がよく、好々爺と言った感じ。
 は連れ(妻)がいて、性格はサツキ似の良妻賢母で手がかけられなかったらしい。何度か頭を下げたこともあったようで、尻に敷かれていた姿が想像できる。
ナガツキと彼女は自身の神霊としての存在を引き換えにキクヅキを生み出したらしい。ナガツキはオコジョとなり、今も半人前のキクヅキを見守り続けている。

守護魔・カミア

センシティブな作品


ECOくじ「ホーリーハロウィン」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~八の章・カミアとカンナとフシギなふたご」に登場。
また、ECOくじ「鏡祭月の双子」1等商品・イベント「アルマたちと絆の樹~10時間目:つたえたいことば」に「カミアのエクソシストハート」として再登場。
天使をモチーフにしているらしい10人目の守護魔である。カンナとは二人で一人の守護魔。神の使いと言われているがその実態は定かではない。
ふたりのうち翼が白い方で、ほがらかな笑顔が可愛い女の子。いつもカンナと一緒に活動しており、とても仲良しである。性格は素直で怖がり。
飛空庭に置くとカンナにくっつきすぎだと注意しているが、カンナが改善する兆しは今のところない。

守護魔・カンナ

ECOくじ「ホーリーハロウィン」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~八の章・カミアとカンナとフシギなふたご」に登場。
また、イベント「アルマたちと絆の樹~10時間目:つたえたいことば」に守護魔ハートとなって再登場。
ペットとしての「カンナのエクソシストハート」は、ECOくじ「鏡祭月の双子」1等商品の「カミアのエクソシストハート」を装備した状態でタイニーアイランドの「魔法のスタイリスト」に話しかけるともらえる「双天輪廻」を使用後、「カミアのエクソシストハート」のアイテム詳細ウィンドウの「change」ボタンで入れ替わることで入手可能。
堕天使をモチーフにしているらしい11人目の守護魔である。カミアとは二人で一人の守護魔。悪魔の使いと言われているがその実態は定かではない。
ふたりのうち翼が黒い方で、ほがらかな笑顔が可愛い女の子。いつもカミアと一緒に活動しており、とても仲良しである。性格はやんちゃで悪戯好き。
カミアに対する気持ちはもはや禁断の愛の領域に達しているとかいないとか。
ちなみに高所恐怖症であり、飛空庭では極端に大人しくなる。

守護魔・シモツキ

シモツキ


ECOくじ「森の中の童話」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~九の章・シモツキとたまごの破壊魔」に登場。
また、ECOくじ「天正月の赤頭巾」1等商品・イベント「アルマたちと絆の樹~11時間目:こころのありか」に「シモツキのフェイブルハート」「シモツキ用フェイブルハート(白)」として再登場。
狼をモチーフにしているらしい12人目の守護魔である。華麗で高貴な守護魔と言われているが(シモツキ談)その実態は定かではない。
実際のところは童話と絵本の守護魔らしく、「アルマたちと絆の樹」イベントでは絵本の登場人物への感情移入で例えた長台詞を失敗せずに言いきり、オートメディック・アルマの説得に一役買った。
自信過剰で多少高飛車なところのある女の子である。少々頭が弱く、他の守護魔に騙されていることが多々ある。
特に「泥船に乗ったつもりで」は好きな言い回しなのか、よく言って辺りを微妙な空気にするらしい。
サツキをライバル視しており、よく挑発するが、たいていの場合は逆にひどい目に遭う。

守護魔・ロウゲツ

ECOくじ「クラシカルサーバント」1等賞品・イベント「ヒトトセのフシギなたまご~十の章・ロウゲツとひらかれるこころ」に登場。
また、イベント「アルマたちと絆の樹~10時間目:つたえたいことば」で装備していると会話が追加される。
さらに、イベント「アルマたちと絆の樹~12時間目:あるまたちのきずなのき」に守護魔ハートとなって再登場。
烏をモチーフにしているらしい13人目の守護魔である。何事も完璧にこなせる守護魔と言われているがその実態は定かではない。
見た目は若そうだがその実今までに登場した守護魔の中では最年長だという執事姿の男性である。
イベントではウルをうまくやり込めて反省させ、ウルゥ誕生に繋げた。
嘘を言うなど主人からの忠実に命令を守るタイプではないが、主人のことを誰よりも考えている……はずである。
「アルマたちと絆の樹~10時間目:つたえたいことば」にて過去の出自が明らかになるが……。

守護魔・ウル

守護魔ウル


イベント「ヒトトセのフシギなたまご」に登場(ウルとしての姿は「ヒトトセのフシギなたまご~五の章・ミナヅキとフミツキと愛の大三角形」から)。
また、「アルマたちと絆の樹」イベントで装備していると各所で会話が追加されることがある。
口調は腕白な少年っぽいが女の子。性格は無知で怖いもの知らず。ルゥと合体することで真の能力を発揮する。
新たに生まれる守護魔の半身であり、「ヒトトセのフシギなたまご」イベントでは直接的な戦闘こそ無かったが、何度もトラブルを起こしてフシギなたまごを守護するために集まった守護魔たちを妨害した。
ただ、ウルはプレイヤーの敵というわけではなく、時に手助けをしてくれたりと気分しだいの行動が目立つほか、ウルの妨害行動もウルの純粋さゆえに起こした行動が結果的に妨害になってしまったという部分が多い。
ルゥが自身の半身であることは知らないようだったが、それでもルゥに対して一途すぎる執着を持ち、そのためならば自分の全て、自分自身すらをも捨てることさえ厭わないほど。
「ヒトトセのフシギなたまご~九の章・シモツキとたまごの破壊魔」では自身の全ての思い出を犠牲にしてルゥを手に入れようとするも失敗。思い出をすべて失ってなお手に入れられなかった失意の中でルゥのために自分の存在までも捨てて消滅してしまったが、「ヒトトセのフシギなたまご~十の章・ロウゲツとひらかれるこころ」でロウゲツの策によって復活した。
「ヒトトセのフシギなたまご~終の章」をクリアすることにより、後述のルゥと一緒に入手することができた。
2015年7月にロウゲツと主に再登場。パワーアップのためにとプレイヤーに万単位のこんぺいとうを要求し、その過酷さから数多のプレイヤーにトラウマを植えつける。
1万個渡すことで「ウルのワクワクハート」を入手できた。
実際こんぺいとうの食べすぎで虫歯になり歯医者に行った事も判明した。

守護魔・ルゥ

耳ペキューッ


イベント「ヒトトセのフシギなたまご~八の章・カミアとカンナとフシギなふたご」~「ヒトトセのフシギなたまご~終の章」に登場。
また、「アルマたちと絆の樹」イベントで装備していると各所で会話が追加されることがある。
新たに生まれる守護魔の半身であり、卵の中で保護されていた。ウルと合体することで真の能力を発揮する。
外の世界に怯えていたがウル、そして守護魔たちおよび「ヒトトセのフシギなたまご」イベントを通じて知り合った多くの人々、そしてなによりプレイヤーキャラクターたちの見守る中、ついに外の世界に飛び出すことを選択した。それでもやはり怖がりなのであるが。
「ヒトトセのフシギなたまご~八の章・カミアとカンナとフシギなふたご」ではプレイヤーキャラクターなど様々なキャラクターに変身して卵の外に出ていくが、プレイヤーキャラクターに呼び戻される形で戻ってくる。その際ウルにルゥという名前とウルとよく似た外見を与えられてルゥという自我を獲得し、引き換えに無限の可能性を失った。
「ヒトトセのフシギなたまご~終の章」をクリアすることにより、前述のウルと一緒に入手することができた。
2015年10月にロウゲツと共に再登場。ウルのようにパワーアップがしたいと大量の食材をプレイヤーに要求し、彼女とロウゲツからもらえるアイテム目当てに膨大な量が彼女の元に届けられた。
イベントをクリアすることによって「ルゥのドキドキハート」が入手できた。
ウルのイベントよりは容易であったためウルのワクワクハートよりは算出されたらしい。

守護魔・ウルゥ

ウルゥ年


イベント「ヒトトセのフシギなたまご~終の章」に登場。
また、「アルマたちと絆の樹」イベントで装備していると各所で会話が追加されることがある。
何らかの獣(竜?)をモチーフにしている14人目の新たな守護魔である。前述のウルとルゥは元来ウルゥの半身である。新しい年を導くといわれているがその実態は定かではない。名前の由来は閏年(うるうどし)からきていると思われる。
生まれたばかりではあるがおちついた大人の女性的なメンタリティを見せ、ほとんどすべての守護魔をやりこめられる他、ペットとしての戦闘性能も段違いである。(ウルとルゥの成長分を含むステータスの合計値を加算した数値が適用される。反面いくつかシステム上制限がある。)
「ヒトトセのフシギなたまご~終の章」をクリアすることにより入手したウル・ルゥを合体させることでウルゥになる。
なお、分離できる理由はウルが長期間卵から出ていた上に一度消滅してしまったために合体が不安定になってしまっているかららしいが、別に合体に制限時間があるわけではない。
「アルマたちと絆の樹~10時間目:つたえたいことば」にて先史文明の遺産の一つらしいことが明らかになるが……。
2016年2月、閏年に復活。3週に渡ってしまったイベントのため閏の日には間に合わなかったものの、それまでのベントをクリアした証として「ウルゥのヒトトセハート」が入手できた。
守護魔ウルゥと違いウルのワクワクハートとルゥのドキドキハートの合体ではなく、ヒトトセハートの単体である。

守護魔・カナデ

かなでん


CD「6thアニバーサリーメモリアル コンプリートサウンドトラック」の特典として登場。
「ヒトトセのフシギなたまご」には登場していないが、「アルマたちと絆の樹」イベントで装備していると各所で会話が追加されることがある。
猫をモチーフにしているらしい15人目の守護魔である。はるか昔から音楽や歌、歌舞音曲に関わる人々・芸事の守護魔。ただし、代替わりをしており当代はまだ未熟なところがある6代目。
守護魔の状態では唯一(守護魔ハートとなるとその限りではない)の巨乳で、その大きさは他を圧倒する上、なんとモーションで揺れる(守護魔ハートを含めても唯一)。少々百合っぽい気があるらしい。
サウンドトラックに付属しているアイテムコードにより入手可能である。ただし、有効期限は2013年12月末までなのに注意のこと。
2013年11月下旬に、8周年記念アニバーサリーソングCDの初回版限定付録として、カナデのメモリーハートが登場することになった。
2015年9月下旬には、10周年記念アニバーサリーソングアルバム(DL配信)の初回版限定付録として、カナデのメイガスハートが登場することになった。
なぜメイガス(魔法使い)なのかは、イリスと記憶の書架で語られた初代(?)カナデのエピソードに由来する。

守護魔・アカリ

2017年通年イベント「星を守る者」1月「始まりの火」に登場する守護魔。
犬の様な耳と尻尾を持つアイヌ風の火の守護魔。生真面目な性格なのか、炎の良さをとつとつと語り、印象深い事柄があると少し斜め上のセンスの俳句を詠む。その際詩に注文をつけられると激怒して武器を振り回すなど、多少苛烈。可愛いものも好きらしく、同月イベントに登場する、ネコマタ・シャルを非常に可愛がっている。
ECOドリーム(旧ECOクジ)「大自然の灯火」にパートナーとして登場。彼女から本来の守護魔としての姿と、ハートメイト(人の姿)がチェンジボタンで自由に変えられるようになった。

守護魔・フェール


守護魔・ラン


守護魔・トワ


守護魔・メイリー


関連タグ

エミルクロニクルオンライン ECO

関連記事

親記事

エミルクロニクルオンライン えみるくろにくるおんらいん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「守護魔」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「守護魔」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 220953

コメント