ピクシブ百科事典

我が子を食らうサトゥルヌス

わがこをくらうさとぅるぬす

『我が子を食らうサトゥルヌス』は、スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤによる絵画作品。
目次[非表示]

作品背景

晩年の連作「黒い絵」の代表作で、本作が描かれたのはゴヤが病により聴覚を失った後、77歳の時である。

スペイン語 Saturno devorando a un hijo  
作者 フランシスコ・デ・ゴヤ  
制作年 1819-1823年  
素材 キャンバスに油彩  
寸法 146 cm × 83 cm (57½ in × 32½ in)  
所蔵 プラド美術館(マドリード)  

本作には晩年期に近づいていたゴヤが当時抱いていた不安、憂鬱、退廃、老い、死、など時代に対する思想や死生観、内面的心情が反映されていると考えられているものの、根本部分の解釈は諸説唱えられており、現在も議論が続いている。

また、本作より以前の16世紀にオランダの画家ルーベンスも「我が子を食らうサトゥルヌス」を描いている。

連作「黒い絵」

晩年にゴヤは、「聾者の家」という別荘を購入した。
そして、この家のサロンや食堂を飾るために描かれた14枚の壁画を描いた。

黒をモチーフとした暗い絵が多いため、「黒い絵」と呼ばれている。
現在はプラド美術館に全点が所蔵されている。

モチーフ

ローマ神話に登場するサトゥルヌスギリシア神話クロノスに相当)が
我が子のひとりによって王座から追放されるとの予言に恐れを抱き、
6人の子を次々に呑み込んでいったという伝承がモチーフである。

自己の破滅に対する恐怖から狂気に取り憑かれ、伝承のように丸呑みするのではなく自分の子を頭からかじり、
食い殺す凶行に及ぶ様子がリアリティを持って描かれている。

この絵は後世に修正されており、オリジナルではサトゥルヌスの股間が勃起していた。

@pixiv

scraps again. red riding hood
夜雀を食らう西行寺幽々子



名画オマージュの一種として描かれることが多い。
そのオリジナルの凶悪性から、時としてR-18Gタグが併載されることがある。

当時すでに著作権切れだったが、70年代の妖怪紹介の児童書にポルトガルの食人鬼ゴールとして紹介されていた過去が有ったりする。

関連タグ

名画オマージュ ゴヤ

R-18G カニバリズム Q食

外部Link

Saturn devouring one of his sons(Goya y Lucientes, Francisco de)- Museo Nacional del Prado

フランシスコ・デ・ゴヤ-我が子を喰らうサトゥルヌス(黒い絵)- サルヴァスタイル美術館TOP

pixivに投稿された作品 pixivで「我が子を食らうサトゥルヌス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 527059

コメント