ピクシブ百科事典

暗黒大邪神

あんこくだいじゃしん

暗黒大邪神はメディアミックス作品『魔動王グランゾート』に登場する邪動族が崇拝する神像。

概要

 邪動族が崇拝する神像。闇の九邪動神を統括する存在で50年前に起きた月の大異変にも関わっていたとされるが詳細は不明。
 聖地ルナの奥深くにある闇の魔法陣の真下で眠りに付いているが、意思の様なものも存在し、アグラマントに世界樹の息の根を止める闇の剣を授けている。

 邪動族が聖地を占拠していても直ぐに復活できる訳ではなく十分な時間を掛けなければ真の力を発揮出来るものではない。大地達が第3エリアまで到達した時点で胎動を始めており、その力は数万年前の第二次マジカル大戦で月面を焦土と化してまで勢いを止められなかった(大気中の成分すら吹き飛ばし空気も薄まった為に新天地へ移住した。その行き先がラビルーナである)。

 その為、制御と操縦する場合アグラマントは三邪動士から協力を仰ごうとしたが、ラビが実の孫であるマリウスと悟ってからは彼を洗脳し水の力を備えた復活の邪動力を用いて急速に覚醒させた。

 姿は闇の後光を配した三面六臂の阿修羅を思わせ、手にした剣、斧、槍などで周囲を凪ぎ払う。大きさは魔動王よりも3倍ほどである。

 しかし、使い手の制御下から離れた途端、暴走する程に不安定なもので現にメイ達との激戦を繰り広げた後は更に力を増している。

 止める為にはゾーラブレードが必要とされ、光の三魔動王が呪文を唱える事で太陽王が姿を現し、剣を持って一刀両断にした。



 ノベライズでは解釈が大きく異なり、闇の魔動書曰く『大魔王サタン』と同義語で、形を取らない有機物に親いものである。


関連タグ

魔動王グランゾート

pixivに投稿された作品 pixivで「暗黒大邪神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 907

コメント