ピクシブ百科事典

桐生院ヴァン

きりゅういんゔぁん

アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪」に登場するアイドル
目次[非表示]

「初めまして、桐生院ヴァンいいます。世界をワイらの手に!・・・フッ何てな」

プロフィール

年齢不明
誕生日12月12日(射手座)
出身地兵庫県
身長176cm
体重62kg
血液型O型
趣味野球
CV高橋英則



概要

アニメ3期「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューションズ」の最終回から登場したHE★VENSの追加メンバー。
一人称は「ワイ」。関西弁とも言い切れない独特の訛りある言葉で話す。
HE★VENS最年長であり、年齢が明かされていないが瑛一が2期の時点で23歳であった為24歳以上である事は判明している。
日々冒険!人生は真剣勝負!」をモットーとし、自分の感覚や感性を信じ何事においても自分の好きなこと、やりたい事に正直に生きている。周囲に縛られず、思ったことはストレートに口にする。またスロースターターで力を貯めておいて本番で本領を発揮するタイプ。
メンバー内の上下関係かネタかは不明だが、最年少のナギに敬語で話すシーンがある。(しかしリーダーの瑛一にはタメ語を使うシーンがある)
歌の仕事以外に演技の仕事もこなしている様でその演技の評価は高い。
春歌の事は「はーちゃん」と呼ぶ。出会って間もない春歌に「付き合おう」と言った事で軽い男の印象を受けるが他の女性に対してそういった事をしてる描写はなく、春歌一筋。春歌の作曲したHE★VENS GATEを初めて聴いた時から春歌に惚れている。実はHE★VENSで明確に春歌への好意を示したのは彼だけ。
またアニメうたプリにおいて「な~んてね」でごまかしたり倒置法を駆使したりせずに春歌にストレートに告白した唯一の人物。


デュエットプロジェクト

アニメ4期「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター」のST☆RISHとの「デュエットプロジェクト」では神宮寺レンとペアに。

デュエットプロジェクトに反対意見の多かったHE★VENSの中でも最初から肯定的な意見を出していたヴァンはレンを「レンちゃん」と呼び友好的に接した。二人は「デュエットプロジェクト」とは別に2時間ドラマ「風と炎」の共演も決まるが、そちらの台本合わせのヴァンの不真面目な態度にやプロジェクトの打ち合わせでは真面目に意見を出すレンに対し「ギュンギュン勢いつけて盛り上がる曲」といった抽象的な意見を出した事からレンからは苦手意識を持たれる。そして春歌への過度なスキンシップや「付き合おう」と言った事でレンから咎められるが、ヴァンはレンも春歌に好意を持っていると確信した上で「自分はあんたと違って正直に生きとる」と自分の生き様を話し「ドラマの演技の評価が高かった方が春歌を貰う」という勝負を一方的に持ちかける。
そしてドラマ撮影はスタート。本番に力を発揮するヴァンは見事な演技を見せ、レンを圧倒させる。気づけなかった自分を恥じたレンは闘志に火をつけ、ヴァン自身も食らいついてくるレンに本気になりドラマの見せ場では台本に無いアドリブで挑む。レンはそれを受けて立ち春歌への思いを含めた見事なアドリブで返し結局勝負は互角という形で終わる。
それでも春歌の事を諦めきれずヴァンはこっそり春歌を連れ出し「あんたが好きや!ワイと付き合ってほしい!」と真剣に告白するが、「わたし、今音楽の事しか考えられないんです」と断られてしまう。だがヴァンはそれに対して春歌が苦しまない様に「話聞いてくれてありがとう。ほなまた打ち合わせでな」と明るく返し春歌を開放した。入れ違いで駆けつけたレンにフラれた事を話し、どうして告白しないのかを問うと「春歌が好きだからこそ今は音楽を愛してる彼女が作曲活動に打ち込める様見守るべき。それが俺の愛し方だ」と返され、ヴァンは素直に負けを認める。そして互いに認め合った二人は本気のデュエットに挑み春歌の作曲した「Lovely_Eyes」を歌った。

Lovely Eyes


レンはデュエットプロジェクトを通じて「春歌への思い」を再認識した。


関連イラスト

う゛ぁん
私服


Sexyやろ?
らくがき




余談

只の擬音の様な名前だがヴァン(vent)はフランス語でという意味。
その為か、アニメ内でレンと共演したドラマ「風と炎」で弁護士の風のソウスケ役を演じ、春歌に対しては「ワイの心は風。いつもあんたに向かって吹いとる風」と発言している。


関連タグ

うたの☆プリンスさまっ♪
HE★VENS

pixivに投稿された作品 pixivで「桐生院ヴァン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 331630

コメント