ピクシブ百科事典

梁皇

りょうこう

『魁!!男塾』に登場する人物(メイン画像左)
目次[非表示]

概要

 天挑五輪大武會準決勝で男塾と戦った梁山泊十六傑を束ねる「三頭領」の長男にしてチームの大将。苗字は違うが山艶(メイン画像右)と泊鳳(メイン画像中)は血を分けた兄弟である。

 髪を束ねた堂々とした体躯の漢であるが性格は天挑メンバーの中でも一二を争う卑劣漢にほかならない。登場していきなり男塾に敗れた山艶の亡骸を谷底に捨て、自分の実力を疑問視したチームメイトを枯渇噴血霰で惨殺するなど身内や仲間にも容赦がなかった。

雷電との戦いでは彼の連れていた三猿を猿質に取り、雷電を滝壺に落として殺害、さらには嘲笑を浮かべながら猿たちも滝壺に落として始末する。

これには三面拳を束ねる伊達臣人が激高。「奴には俺がもっともふさわしい死を与えてやる」と復讐戦に挑む。そして敵わぬと見るや

雷電とやらの戦いで何を見ていた?この梁皇、勝つためには手段は選ばん。

大会ルールで禁止されている拳銃を取り出し「何とでも言うがいい、次は貴様の頭をぶち抜いてこの戦いに幕を引く!」と嘲笑うなど、武道精神の欠片もない男である。

最後は伊達が槍を振り上げ、

勝負はついた。貴様のような奴の最期など、見たくもない!

背中を見せた伊達に銃を構えてまさに撃つところで、振り上げたと同時に切り離した伊達の槍の穂先に梁皇は自らの眉間を貫かれ、絶命する。

頭領でありながら弟・泊鳳を含む梁山泊の面々は誰一人として惜しむことはなかった。後に弟・泊鳳は公式ファンブック『魁!!男塾である!!』にて

上の兄がここまで下衆だとは知らなかった。弟として恥ずかしいわい。伊達が怒るのはもっともだ。恨みには思わんから安心してくれ。

と弟からも見放されるようなコメントをされている。

枯渇噴血霰(こかつふんけつせん)

 中空の微細な針(憤血針・本来は医術用で中国式カテーテルともいえる)を投げつけ、相手から血を噴き出させて失血死させる。あまりの早業により、常人の目には敵が勝手に血を噴き出したようにしか見えない。

髪針斃射(はっしんへいしゃ)

 髪の毛に仕込んだ針を放つ。

銃撃

 もはや拳法ですら無い。

関連項目

魁!!男塾 梁山泊 蒼傑 泊鳳
卑劣漢 まさに外道 吐き気を催す邪悪 小悪党 見掛け倒し

関連記事

親記事

梁山泊十六傑 りょうざんぱくじゅうろっけつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「梁皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3625

コメント