ピクシブ百科事典

機器分析化学

ききぶんせきかがく

分析化学の内容のひとつ。機器分析学(ききぶんせきがく)とも言う。

概要

分析化学の中で分析機器を用いた内容で、分光学構造解析学をひっくるめた総称である。主に構造が複雑な有機化合物の解析で使用される。

IR(赤外分光法)、NIR(近赤外線分光法)、ラマン分光(ラマン効果を利用した方法)やNMR(磁気共鳴スペクトル法)、MS(質量分析法)やX線スペクトル法、X線回折法などを取り扱う。

定量分析ではUV,VIS(吸光光度法)、蛍光光度法(蛍光光度計)、AAS(原子吸光法)、ICP発光分析法などを扱い、この他、クロマトグラフィーなどの分離分析法やボルタンメトリーなどの電気分析法も扱う。

関連タグ

物理化学 構造化学 分析化学 有機化学 生化学 赤外線

コメント