ピクシブ百科事典

目次[非表示]

主にフィクション作品に登場する魔球とよばれるものの一種。
作品により原理は違う(明かされない場合もある)が、消える、もしくは消えたと錯覚する球のことである。
また、野球盤の機能のひとつでもある。

野球盤の消える魔球

野球盤ではピッチャー側がスイッチ操作する事により「ホームベース手前で球が野球盤の内部に入る」システムが伝統的に採用されている。
ちなみに野球盤ではこの消える魔球はバッターが振らない限り「ボール判定」になるルールになっている。
バットの手前でボールが落下するという特性からフォークボールと称されることもある。

現実の消える魔球

主に野球でのシンカーフォーク等の大きく鋭く落ちる変化球がたびたびこう呼ばれる。

特に元・西武ライオンズの潮崎哲也投手のシンカーはバッターの目線の高さから低めまで落ちる、まるで視界から消えるような変化をするため消える魔球と呼ばれ恐れられた。

関連タグ


変化球
魔球
野球盤

関連記事

親記事

魔球 まきゅう

pixivに投稿された作品 pixivで「消える魔球」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39357

コメント