ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

漫画の世界では消えたり、分裂する魔球が登場するが、現実世界では存在しない。
しかし、来ると分かっていても打てない球は存在する。それが現実世界での魔球である。

一例

OB

選手名_球種備考
平松政次シュート(カミソリシュート)打者の手前で急激に曲がる。右対右の対戦で相手のバットを根元からへし折った記録すらある。
東尾修シュート「ケンカ投法」の生命線。この魔球で通算251勝。「強打者には内角高め(インハイ)を投げる」スタイルの原型といわれているとか。
村田兆治フォークボール全盛期は40cm以上変化したとされる。現在は衰えにより30cm前後まで変化量が落ち・・・あれ?
佐藤義則ヨシボール握りはカーブに近いが、変化の軌道はフォークに近い。指が小さくて、フォークボールの握りができなかったのがきっかけといわれる。後にパワプロで「ヨシボール」として登場した。
星野伸之スローカーブ90km/hととてつもなく遅く、キャッチャーが素手で捕球した逸話があるほど。しかし、この遅いカーブを使う事で、130km/h台のストレートを160km/hに見せていた。
潮崎哲也シンカー「カーブと反対方向に曲がる変化球を投げたい」という発想から始まり「じゃあ握りから何からカーブと逆の投げ方してみっか」でそのまま得意球に。色々と投げ分けていたらしいが、最大で目の高さからストライクゾーンに落ちてくる(リンク先はYoutube)ほど変化した。
伊藤智仁高速スライダー一見シュートに見える握りから思い切り腕を振り横回転を掛ける。「回転数はウソをつかない」(本人談)。
今中慎二スローカーブ骨折後のリハビリで本格的にマスター。3~40mのカーブ遠投を行っていた。
高津臣吾シンカー「斜めに沈んで落ちる」。「技巧派の抑え投手」の原型をつくったといわれる。
佐々木主浩フォークボール140km/h弱のスピードと大きな落差を併せ持っていた。抑え投手が「剛速球と縦に大きく落ちる変化球を持つ本格派投手」と日本でイメージされやすいのはこの人の影響といわれている。
岩瀬仁紀スライダー二宮清純曰く「打者の手元で急激に加速するように曲がる」。この変化球を武器に、通算登板試合数1002、通算セーブ数407(いずれも日本プロ野球歴代1位)という大記録を打ち立てた。
岩田慎司ナックルフォークほぼ無回転(他投手のフォークは秒間4~5回転はしている)。日本における元祖・杉下茂曰く「あれこそ本当のフォーク」。
小宮山悟シェイクフォークのように指で挟むが、通常と違うフォームで押し出すように投げ、80km/h程度で大きく揺れるボール。
藤川球児ストレート「ストレートという名の変化球」。打者の手前で異様に浮き上がるように見え、後に「火の玉ストレート」と称されるようになった。
マリアノ・リベラカット・ファスト・ボール球種がフォーシームとこのカット・ファスト・ボールのみであったが、カット・ファスト・ボールは打者のバットの芯を外すのが目的で、この球で凡打かつバットを折られることは数知れず。この2種類の速球を武器にMLB歴代1位の通算セーブ数652を挙げた。

現役
選手名_球種備考
金子千尋チェンジアップ本人いわく「まるで変化しない」。それが却って判りづらさとなっている。
山崎康晃ツーシーム変化の軌道が明らかにフォークに近いが本人は「ツーシームです」と言い張るし握りもツーシーム。あるときの選手名鑑では「亜大ツーシーム」と称していた。
田中将大スプリット・フィンガード・ファスト・ボールファルケンボーグを参考にこの決め球を獲得してレギュラーシーズン24勝無敗。そのままメジャーでも大活躍。
大谷翔平スプリット・フィンガード・ファスト・ボール日本時代に最速151km/hを記録した超絶魔球。米でも「メジャーで5本の指に入る変化球」と評価は高い。

関連タグ

野球 変化球
魔球 消える魔球

関連記事

親記事

野球 やきゅう

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました