ピクシブ百科事典

村田兆治

むらたちょうじ

村田兆治とは、ロッテオリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)で活躍した元プロ野球選手。投手。右投右打。
目次[非表示]

概要

1949年11月27日 広島県出身。
本名は「村田長治」。

福山電波工業高校を経て、1967年のドラフト1位で東京オリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)に入団。

1年目の1968年は調子が振るわなかったものの、翌1969年に頭角を現し、6勝を挙げる。1970年にはリーグ優勝を、1974年にはプロ野球日本一を、それぞれ経験した。

選手引退後は、福岡ダイエーホークス(現在の福岡ソフトバンクホークス)でコーチもつとめた。
ちなみに、選手引退した理由は「先発完投が出来なくなったから」であったらしく、後年に古田敦也とテレビ番組の企画で対戦した後の対談で古田に「今からでも現役復帰できるんじゃないですか」という発言に対して「先発出来ないからイヤだ」と答えていた(さすがに別の場所で古田に「まだ通じる気か」とツッコまれていたが、実際ワンポイントなら通用しそうなあたりなんともいえない。後に、「疲労が回復するのに時間がかかる体質であり中継ぎ・抑えの適性がなかった」と告白している。)余談だが、彼がコーチ時代のホークス投手陣は大変に不甲斐なかったので「(抑えられない投手たちに代わって)お前が投げろ」とヤジられたこともある。
マスターズリーグなどでは齢五十を過ぎてなお130㎞後半の速球を投げる(63歳で135kmを記録)など老いてその剛腕は衰えぬ球界の鉄人。
しかし、本人は140kmでないので、悔しいらしい。
なお、球のスピードだけに目を奪われがちだが、2016年の始球式で投げた際には131kmを記録したどころか球を受けた捕手が思わずボールを投げ返そうとしたくらいのノビやキレがあるようだ。当然ながらこんな真似をやってのける還暦過ぎの投手は世界的にも珍しいらしく、この始球式の様子はFOXスポーツ(アメリカのスポーツ専門チャンネル)でニュースにもなった。

プレースタイル

ゆっくり、かつ大胆なモーションで投げる「マサカリ投法」と、そこから繰り出されるノビのある直球とすさまじい落差のフォークボールが代名詞。入団1年目に自身の「上体が突っ込みすぎる」欠点に気づき、克服するために自らが編み出し、4年を掛けて完成させたという。
だが、あまりにモーションが遅すぎて、相手バッターに球種を読まれてしまうこともあった。
が、彼もそれに対抗して投球モーションの途中で握りを変えるという離れ業を編み出している。
フォークとわかって構えていても俺には打てなかった」(野村克也

珍記録

通算暴投数148は日本記録で、2位の石井一久の111個を30個以上も引き離している。
とはいえ、バッテリーの袴田英利捕手は彼のすさまじい落差のフォークをしばしばノーサインで取ってたらしいので、仕方ないといえば仕方ない。
実は、このバッテリーの投球の組み立ては基本的に村田が行っている。袴田の「一軍でやりたい」という望みに対し村田は「ならオレのフォークをノーサインで捕れ」と応じ、以後袴田の身体を張った捕球がゲームで見られるようになった。袴田が左手の指を骨折したことも何度かあったという。もちろん、村田もそんな袴田の捕球に絶対の信頼を置いている。

pixivに投稿された作品 pixivで「村田兆治」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3130

コメント