ピクシブ百科事典

潜水艦黒鯨

せんすいかんぶらっくほえーる

潜水艦黒鯨とは、A国海軍及び大日本帝国海軍が保有した潜水艦である。
目次[非表示]

性能

艦種潜水艦
艦名海棲生物
所属A国海軍マッデン艦隊→大日本帝国海軍
前級不明
次級不明
(基準?)排水量2,800トン
全長不明
全幅不明
吃水不明
機関不明
最大出力不明
最大速力水上10ノット、水中12ノット
武装魚雷発射管口径•門数不明、6インチ単装砲(口径不明)2基、8センチ単装高角砲2基
航空兵装水上機1機
乗員不明


概要

平田晋作の海洋軍事国家主義小説「新戦艦高千穂」に登場する架空の潜水艦。艦長はスミス中佐。
A国海軍マッデン中将艦隊の1隻として北極秘密境の探検に出た潜水艦で、当時世界最大の潜水艦。秘密境探検の命令を受けたマッデン中将だが、秘密境の場所はまだ分からなかった。秘密境を狙っている大日本帝国、A国(アメリカ合衆国)、B国(ソヴィエト社会主義共和国連邦)の3国中、唯一その場所を知っている大日本帝国である。そこでマッデン中将は、潜水艦黒鯨に日本の探検船「北斗丸」の後をつけさせ、その在処を探そうとした。
マッデン中将の命令を受けた黒鯨は、探検船「北斗丸」の後をつけ、北極×××地点の入江に入ったところで攻撃を開始した。最初の雷撃で、戦艦「高千穂」と探検船「北斗丸」に魚雷をそれぞれ1本ずつ命中させた。この攻撃によって「北斗丸」は沈没する。しかし、「北斗丸」被雷直前に同船から発艦した、主人公寛君の水上攻撃機「春鳥」号に発見され、黒鯨は攻撃を受けてしまう。動機は不明だが、黒鯨は急速浮上して、「春鳥」号に高角砲で応戦する。またこれと同時に、搭載している水上機も発艦させた。が、寛の機銃掃射と「高千穂」からの航空支援により降伏した。これによって黒鯨は「高千穂」に捕獲され、日本艦隊の指揮下に置かれる。なおこの時の攻撃で、無電アンテナと高角機砲1門が破壊されている。また、7、8人の戦死者が出た。
その後、黒鯨の艦名はブラック•ホエールからくろくじらに変更され、日本兵が乗り込むことになる。艦長は寛の父「小川明」少佐が務め、捕虜のA国兵数名と共に出撃した。今度は追撃してくるであろうA国海軍マッデン艦隊の迎撃であった。
その後の黒鯨はマッデン艦隊を捕捉。その働きにより、マッデン艦隊は戦艦「アマゾン」、水上機母艦「イーグル」、砕氷艦「パイロット」を喪い、不利な形で戦艦「高千穂」との決戦に挑むことになった。かくしてマッデン艦隊は全滅し、黒鯨は日本の勝利に大きく貢献することになった。
迎撃後、黒鯨はしばらく音信不通になっていたが、機械の故障によって一時的に浮上できなくなっていただけであり、撃沈されてはいなかった。浮上後、黒鯨は寛とヒロインの一枝を乗せ、北極探検に再出撃。遂に秘密境を発見した探検隊は、1ヵ月間過酷な探検を行った。
探検を終了した黒鯨は、南方でA国との戦争に勝利を収めた戦争「高千穂」に出迎えられ、探検隊は祖国日本へと帰還した。

余談

艦名は「こくげい」と読みがちだが、本当の名は「くろくじら」である。だから、決して某作品に登場する人類最強の潜水艦とは関係ない。

コメント