ピクシブ百科事典

新戦艦高千穂

しんせんかんたかちほ

新戦艦高千穂とは、平田晋作の海洋冒険&架空戦記小説である。
目次[非表示]

概要

人々は世界中を開拓し、未知の土地や海域は残りわずかだった。それは北極海にも言えることである。しかし、北極海の最北端、そこにはまだ誰も見たことがない秘密境が存在していた。その秘密境には巨大な金鉱や炭鉱などの資源が眠っていると言う。
193X年、北極探検船「北斗丸」や戦艦高千穂」、練習戦艦「天城」、砕氷艦「千鳥」がその秘密境を発見•開拓すべく日本を出撃した。しかし、これと同時にA国とB国も秘密境を我が領土とすべく、強力な探検艦隊を覇権していた。ここに秘密境争奪戦の幕が上がる。

登場人物

大日本帝国
小川寛
本作の主人公で13歳。城南中学1年生にして、剣道植芝武道の達人であり、探検船「北斗丸」の水上機「春鳥」号の操縦もできる。探検船「北斗丸」に乗り込み、秘密境を目指す。
小川明
寛の父親であり海軍少佐。探検船「北斗丸」の船長を務めており、昔は呂号潜水艦の艦長でもあった。諸事情により、探検艦隊の提督できる勝山中将とは仲が悪い。
勝山一郎
探検艦隊の提督を務め、「第二の秋山真之」と呼び名が高い。
勝山一枝
本作のヒロインで、勝山少将の御令嬢。身長150にも満たない少女でありながら、二等飛行士の免状を持つ。寛と仲は良いが、父親同士の対立により、複雑な関係である。
明智三郎
北洋で漁業をしている漁船の船長。喧嘩っ早く、柔道四段の腕を持つ。ボローキンの略奪から助けられため、「北斗丸」と共に愛船「海神丸」で、秘密境探検に同行する。
橋元久太郎
「高千穂」に乗り込む二等兵曹、勝山家の執事の令息。そのため、一枝の自慢話をすることが多く、寛を自慢する明智とは対立することが多々ある。

A国(アメリカ合衆国)
マッデン
戦艦「ライオン」に乗り込み、探検艦隊の提督を務める。階級は中将。日本艦隊に秘密境の場所を発見させ、それを横取りしようと企む策略家だが、部下の命を重んじる面もある。
ドース
マッデンの副官で、「ライオン」の艦長を務める。階級は大佐。日本人を劣等民族とみなし、部下の命よりも軍や国家の面子を考える。
スミス
潜水艦「黒鯨」の艦長。階級は中佐。寛に降伏させられたことを聞いて、動揺を隠せない様子。
サム
「ライオン」に乗り込む二等兵曹。「ブル兵曹」のあだ名を持つ粗忽者,乱暴者で、世界選手権を狙うほどの腕前を持つが、寛の植芝武道であっさりと倒されてしまう。ブルと言ってもハルゼーではない。
マーシャル
A国太平洋艦隊の司令官。日米開戦に伴って奮戦したが、最後は高千穂率いる連合艦隊の前に降伏した。

B国(ソヴィエト社会主義共和国連邦)
エニセイ
戦艦「マラー」に乗り込み、北洋艦隊の提督を務める。北洋での戦闘では世界一と呼び名が高いが、勝山やマッデンほど優秀ではない。
ゲー•ボローキン
砲艦「イワン」の艦長を務めるユダヤ人卑怯小心者という屑で、北洋漁業をする日本の漁船から略奪行為をしていた。ボロ金の蔑称がある。

その他
オスカー・パークス
ジェーン海軍年鑑193X年版にて「高千穂」を称賛する記事を執筆し、掲載していた。実在の人物。

登場艦艇

大日本帝国
高千穂
本作の主役艦で、北極探検のため建造された。詳細は高千穂級戦艦を参照のこと。
北斗丸
北極探検船で、排水量わずか2,000トンの帆走船。武装は6インチ砲と水上機2機。カタパルトを搭載する。
天城
排水量19,500トンの練習戦艦で、マッデン艦隊に撃沈された。武装は14インチ砲6門、6インチ砲16門、5インチ高角砲4門、8センチ高角砲4門で、最大速力は18ノット。
千鳥
排水量22,000トンの運送艦で、マッデン艦隊に撃沈された。武装は6インチ砲4門、5インチ高角砲4門、カタパルト1基で、最大速力は20ノット。
畝傍
実在の明治19年に行方不明となった防護巡洋艦
浦風
実在の浦風型駆逐艦。犬吠埼沖合まで「北斗丸」の護衛を行った。
信濃
第○艦隊旗艦の戦艦。詳細不明。

A国
ライオン
北洋艦隊を編成する戦艦。詳細は戦艦ライオン•アマゾン•アンデスを参照のこと。
アマゾン
上記参照のこと。
アンデス
上記参照のこと。
黒鯨
北洋艦隊を編成する潜水艦で、日本に捕獲される。詳細は潜水艦黒鯨を参照のこと。
イーグル
排水量2,000トンの水上機母艦で、捕獲された黒鯨に撃沈された。武装は6インチ砲6門、5インチ高角砲10門、カタパルト6基と水上機28機で、最大速力は21ノット。
パイロット
排水量3000トンの砕氷艦で、日本に捕獲された黒鯨に撃沈された。武装は8センチ高角砲4門、カタパルト1基、水上機2機で、最大速力は20ノット。
マルコ・ポーロ
マーシャル提督が座乗するA国太平洋艦隊旗艦を務める戦艦。詳細不明。

B国
マラー
B国北洋艦隊旗艦の戦艦。詳細は戦艦マラー•ダントン•ナチョナーレを参照のこと。因みにマラーはマラートと同じ意味である。
ダントン
上記参照のこと。
ナチョナーレ
上記参照のこと。
シベリヤ
排水量3500トンの砕氷艦で、「高千穂」に捕獲される。しかし、損傷が酷かったため、放棄された。特徴はソライト爆破装置を搭載していること。武装は5インチ高角砲4門、カタパルト1基、水上機2機で、最大速力20ノット。
イワン
ボローキンが座乗するオホーツク海を警備する砲艦。排水量1500トンで武装は5インチ高角砲3門。日本漁船から略奪行為を行っており、漁師からは「海の狼」と呼ばれる。

単行本

「新戦艦高千穂」(大日本雄弁会講談社1936年2月)
「新戦艦高千穂」(講談社1970年)
「少年小説大系 第17巻」(三一書房1994年2月)
「新戦艦高千穂」(真珠書院・パール文庫2013年11月)

本の内容

戦前の本だけあって、随分と右傾向にある作品となっている。そのため、パール文庫には海洋軍事国家主義小説と紹介されており、左傾向の人にはお薦めできない。
(極右の人にとっては満足な内容かもしれない。)

pixivに投稿された作品 pixivで「新戦艦高千穂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 242

コメント