2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

灰鷹のサイケデリカ

はいようのさいけでりか

オトメイトから発売されたノベルゲーム。 前作『黒蝶のサイケデリカ』と同様にオトメイト製作、スティング開発。
目次[非表示]

概要

「サイケデリカ」シリーズの二作目。

『黒蝶のサイケデリカ』とは世界観を共有しており、その関係上主要人物の内数名は『黒蝶』にも登場している。

ストーリー

鷹(ファルジ)の一族、狼(ヴォルグ)の一族と称されるふたつの勢力が均衡する
少女は感情が高ぶると赤くなる右眼を持って生まれてきた。
赤い眼はこの街では『魔女の証』であり禁忌の存在だった。
少女は迫害を恐れ、街外れのにある朽ちかけた男子として生活をしていた。
一緒に暮らすのは自らを塔の主と名乗る隻眼の男。
性別を隠しつつも、仲間に囲まれ楽しく穏やかな日々を送っていた少女。
ある日、教会から『カレイドヴィア』という不思議宝物が盗まれる事件が起こる。
そのことをきっかけに少女はこの街に隠された『魔石』と自身の出生の秘密を知っていく。

ゲームシステム

基本的なシステムは前作と同じ。

マップ探索パート

状況に応じてジェドとエアル、二つの姿を使い分けて情報収集を行う。
手に入る情報の中にはどちらかの姿限定のものがある。

骨董屋

情報集めで手に入れたポイントを酒場の老人に渡し、本編の補完的な内容のショートシナリオを入手する。
中には、核心部分に触れる重要な内容のものも。

登場人物

主人公、普段は街の便利屋として生計を立てている。
「狼」の兄弟とは義理の兄弟のような間柄であり、それ故に街の顔役の一人としてそこそこ有名。

「狼」の次期当主、ジェドの義理の兄。
ジェドの秘密を知る人物の一人で、それ故に彼女に好意を抱いているが、ジェドの立場もあって周囲には隠している。
オルガの息子で「鷹」の次期当主。
その厳格さによるカリスマで「鷹」の若者たちを纏め上げているが、極度の方向音痴だったりと結構ポンコツなところも。
実は彼にはある秘密があり…。
ラヴァンの実の弟。
その明るさで「狼」の若者たちを纏め上げている。
突然現れた謎の青年、様々な物語が記された手帳を持っている。
剣術の達人である他、魔法のような力を使うことも可能。
ラヴァン・レビの母でジェドの養母、「狼」の当主代行。
極度のメシマズ
「ハイタカ」と名乗る幽霊のような存在、身の回りのことがロクにできないダメ人間。
「ハイタカ」は仮の名であり、その正体は…。
「鷹」の当主、恐怖によって周囲を纏め上げている。
度々街を憎んでいるような素振りを見せているが…?
ルーガスの妹、重度のブラコン。
作中で初めて「恋」を経験するのだが、それがある悲劇をもたらすことになる。
教会の管理人を務めている青年で、ジェドに「カレイドヴィア」捜索を依頼する。
その正体は『黒蝶』に登場したある人物で、あちらでの記憶も有している。
教会で暮らしている孤児、何時もウサギを連れている利発な少年。
度々ジェドの仕事のサポートを行う。
度々ウサギらしからぬ頭の良さを見せる謎の存在、エルリックからはただのペット以上に大切にされている。
好物はリンゴ。

関連動画



関連タグ

アイディアファクトリー オトメイト

関連記事

親記事

黒蝶のサイケデリカ こくちょうのさいけでりか

pixivに投稿されたイラスト pixivで「灰鷹のサイケデリカ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「灰鷹のサイケデリカ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15846

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました