2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

狗奴の一族

くなのいちぞく

ネオロマンスゲーム『遙かなる時空の中で4』に登場する異民族。メイン画像奥の獣人。

犬のような外見をしている異民族です。元々は筑紫の島の北部一帯に暮らしていたようです。

中つ国の勢力が筑紫へ及んできた際に、狗奴の一族は武力を提供することで共存する道を選び、以来、橿原には屈強な狗奴の一族の軍が常駐するようになったと言われています。大柄で屈強な肉体を持ち、一方で気配を消して山林を移動することもできるため、戦闘において非常に頼りになる存在です。事実、中つ国滅亡時、橿原宮の激戦の中で唯一生き残ったのが、忍人(メイン画像手前)の率いる狗奴の部隊でした。

足往狗古智は狗奴の一族出身です。

薬草の知識が豊富なようで、赤紫蘇が薬草になると知っているのは狗奴の一族だけ。(那岐が赤紫蘇を流しそうめんの薬味に持ってきたのは、狗古智に育てられて薬になると知っていたから&現代育ちだから)

関連タグ

日向の一族 月読の一族 常世の国(遙かなる時空の中で4)

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました