ピクシブ百科事典

甘く優しい世界で生きるには

あまくやさしいせかいでいきるには

小説家になろうで掲載されている作品。後に書籍化もされた。

物語

勇者と聖女の子にして公爵家継嗣、王太子の幼馴染にして第三王女の婚約者。そんな大層な肩書きを持って生まれ、両親やその周囲に溺愛されて育ったドイル・フォン・アギニスは――――グレた。
多大な期待を背負いすぎた放蕩息子のドイルを待っていたのは、成人する前に葬ろうとする者の仕業か、はたまた謎の奇病か……、期せずして高熱に侵され、彼は十五年という短い人生を閉じようとしていた。
だが、まさにその時、転機が訪れる。ありきたりな居眠り運転の犠牲となった前世の記憶が呼び起こされると共に、奇跡的に回復へ向かったのだ。
――冷静かつ大人となったドイルは思う。失いかけている肩書きを取り戻し、こんな馬鹿息子でも愛してくれた人々の為に真っ当な道を歩ける人間になろうと……。
そして青年は、すべてを取り戻す仕切り直しの舞台へ歩みを進めるのだった。

外部リンク

コミックウォーカー公式の漫画版ページ

pixivに投稿された作品 pixivで「甘く優しい世界で生きるには」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37

コメント