ピクシブ百科事典

白石結月

しらいしゆづき

TVアニメ『宇宙よりも遠い場所』のツッコミ担当。

CV:早見沙織

概要

北海道在住のアイドルタレント。「軽く死ねる」が口癖。日向からは「ゆづ」と呼ばれる。

タレント活動の一環として南極に行く企画に参加する事になっていたが、様々な理由から気乗りしていなかった。
民間南極観測隊の親睦会に参加していたところを、報瀬達が観測隊に潜り込もうとする騒動に出くわし、南極行きを望んでいることを知る。
小さい頃からタレント活動に追われ、友達を作れないでいた焦りや寂しさもあり、自分の代わりに報瀬達を南極に行かせようと目論む。しかしマネージャーにして母親の民子に勘付かれて阻止されてしまう。

周囲の同級生達は結月の「タレント」というステータスから興味本位で近づいてくるものの、多忙な結月と予定が合わないとあっさり縁を切る薄情さな人間しかいなかったため、友人作りには四苦八苦していた。
そんな中、キマリの天真爛漫さに心を開いていき、あっさり連絡を切った同級生とは違いわざわざ会いに来てくれた彼女達の存在に胸を打たれる。
最終的には報瀬達を一緒に連れて行くことを条件に付けることで南極行きを引き受け、4人との交流を深めていく。

3人より一つ年下であるが、何かと頼りないキマリ達を一歩引いた目線で見ており、4人の中で最も機能しているツッコミ役。友達に飢えていた一方、明らかに自分が損をしそうな場面には積極的に飛び込みたくないという思いがある模様。
幼い頃から既に仕事をしていることから精神的にはやや大人びており、人生経験も何かと豊富。一方で高い所が苦手だったり、子供扱いされるのを嫌っている。

これといった友達を作ったことがないため、南極行きが決まった後もマリ達のことを心の底では信じられずにおり、いつから友達になったのかという自覚もなかった。
南極での作業中にドラマの出演が決まったと報告があった際は、「戻ったあとに会える機会が減ってしまう=みんなが自分から離れてしまう」ということを恐れて、誓約書まで書かせようとしている。
しかしキマリなりに考えた「親友」の感覚を聞いたうえで、サプライズとして誕生日を祝われ、ようやく3人と親友になれたことを自覚出来るようになった。

関連項目

宇宙よりも遠い場所
玉木マリ 小淵沢報瀬 三宅日向
南極

pixivに投稿された作品 pixivで「白石結月」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 358650

コメント