ピクシブ百科事典

石凪萌太

いしなぎもえた

石凪萌太とは西尾維新の小説・戯言シリーズ及び人間シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

「さようなら」

概要

《殺し名》序列第七位、石凪の「死神」。15歳。
闇口崩子の異母兄弟であり、兄。骨董アパートの3階に、崩子と共に住んでいる。
黒髪の長髪で、緑色のつなぎを着ている(アルバイトをしているため)。

作中で「血も凍りそうな」とまで描写された美少年で、哀川潤でさえも彼を「美少年」と呼んだ。
未成年だが喫煙者。

常に丁寧語で、物腰も柔らか。
いーちゃんのことを「いー兄」と呼び、浅野みいこのことも「みー姉」と呼んでいる。
骨董アパートの住民とは親しそうだ。

「石凪」に反発し、崩子と共に家出をした(その際「石凪」の象徴ともいえる死神の鎌を捨てた)。
崩子にとってはかけがえのない存在であり、彼女の支えになっていた。彼も崩子を大事に思っている。

かつては「石凪」でありながら「闇口衆」に所属し仕事をしていたことがある。
ただ殺し名でありながら殺しを行わなかったのでともに仕事をしていた闇口憑依はあまり快く思ってなかった。


以下ネタバレ含み

崩子のことを思っての彼の最期は、多くの読者を泣かせた。

関連イラスト

石凪萌太

 

死神と美少女



関連タグ

戯言シリーズ 人間シリーズ 闇口崩子 戯言遣い

pixivに投稿された作品 pixivで「石凪萌太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 345868

コメント