ピクシブ百科事典

零崎一賊

ぜろざきいちぞく

西尾維新の小説「戯言シリーズ」及びそのスピンオフ作品「人間シリーズ」に登場する殺人鬼集団。
目次[非表示]

概要

殺し名』と呼ばれる殺人鬼集団の内の一団。殺し名はその規模・実力に応じて序列が定められているが、零崎一賊は序列第3位ながら『殺し名』の中で最も忌み嫌われる集団である。曰く「この世で最も敵に回すのを忌避される醜悪な軍隊にして、この世で最も味方に回すのを忌避される最悪な群体。」理由なく殺す《殺人鬼》集団。

血の繋がりではなく、流血で繋がっている一族。今まで一般人として暮らしていた人が、ある日突然零崎の血に目覚めるという。零崎の血に目覚めた者はその時点以降に零崎としての名前を新たに名乗るようになるため、零崎としての名前以外に、それ以前に名乗っていた名前を持つ。命名法則として、男性ならば「○識」、女性ならば「○織」という名前になる。
一見バラバラなようで結束は固く、家族に仇なすものは、老若男女人間動物植物の区別なく容赦なく皆殺しにするという掟を持つ。直接的に敵対した人物の家族はもちろん、「標的と同じマンションに住んでいる」だけの一般人も対象になりうる。殺し名の中で最も忌み嫌われる所以の一端が、この容赦のなさにあると言える。

稀に「零崎一」という誤表記が見られるが 正式には「零崎一」である。

また偶然ながら、主要人物の大半が請負人と関わりがある。

構成員

零崎人識
《人間失格》。零崎一賊同士の間に生まれた生粋の殺人鬼。
零崎双識
《自殺志願》(マインドレンデル)。一賊の長兄にして特攻隊長。零崎一賊三天王の一人。通称レン
零崎軋識
《愚神礼賛》(シームレスバイアス)。零崎一賊三天王の一人。通称アス
零崎曲識
《少女趣味》(ボルトキープ)。零崎一賊三天王の一人。通称トキ
零崎常識
《寸鉄殺人》(ペリルポイント)。一賊で最も有名な零崎。通称リル
零崎舞織
零崎一賊末妹。現在確認されている内で、最新にして最後の零崎。
零崎零識
かつて「究極」と呼ばれた殺人鬼。零崎人識の実の父親だが、人識が生まれてまもなく死亡。
零崎機織
かつて「絶対」と呼ばれた殺人鬼。零崎人識の実の母親だが、人識が生まれてまもなく死亡。

(戯言シリーズwiki外部サイトへのリンクより一部引用)

関連イラスト

零崎一賊
一賊


長男!
【イラリク】零崎一賊【2】



関連タグ

西尾維新 人間シリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「零崎一賊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 299474

コメント