ピクシブ百科事典

零崎双識

ぜろざきそうしき

零崎双識とは、西尾維新の小説・人間シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「それでは零崎を始めよう」

概要

零崎三天王の一人。
零崎一賊の長兄にして特攻隊長。愛称は二つ名から取って『レン』人識からの呼び名は兄貴
「マインドレンデル」「二十人目の地獄」「斬首役人」の異名を持つ。
戯言シリーズ及び人間シリーズに登場した中で唯一、零崎以外の名前を持たない殺人鬼。

眼鏡を掛けており、オールバックにスーツにネクタイという一般人のような出で立ちだが
手足が異様なまでに長い。
コサックダンスが得意らしい。(正し余程気分が高揚した時しか披露しない)
友人関係は不明だが、財団の世界において四神一鏡の一つ、氏神家と関係がある様子。
哀川潤を崇拝している。

弟・人識からは変態扱いされていて、制服・妹マニアの気がある。
萩原子荻に「女子中学生のプロ」とまで言われた。
人を行動や言動から試験し、「合格」「不合格」の判定を付ける。

「自殺志願」

マインドレンデルと読む。彼の異名の由来となった愛用の大鋏である。
鋏とは言うものの、構造は大きさの違う二振りの和製ナイフをネジでくっつけたものでネジを外して二刀流も出来る。
しかし双識はこの「自殺志願」を持たないほうが実はよっぽど強い。

関連イラスト

零崎双識
自殺志願



関連タグ

零崎一賊 零崎人識 無桐伊織 零崎舞織 萩原子荻
零崎一賊三天王 零崎軋識 零崎曲識

pixivに投稿された作品 pixivで「零崎双識」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 397350

コメント