ピクシブ百科事典

零崎舞織

ぜろざきまいおり

零崎舞織とは西尾維新の小説・人間シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「零崎を開始します」

本名・無桐伊織
初登場は「零崎双識の人間試験

概要

最新にして最後の零崎。零崎双識の後継者。新・自殺願望。
普通の女子高生だったが、クラスメイトに殺されそうになった際殺人鬼として覚醒、「零崎化」する(漫画版では経緯が異なっている)。
この時零崎双識と出会い、少し後に人識と出会う。
また早蕨薙真、早蕨刃渡の兄弟の襲撃にも遭い、両手を失うが、後に罪口積雪製の義手を付ける。

双識から継承した大鋏「自殺志願」を峰不二子よろしく太腿に仕込んでおり、いざ戦闘となればそれを口に加え戦う。
女子にしては背が高く、ニット帽は絶対脱がない。「家族」に危機が迫れば、見境が無くなる。

関連イラスト

人間試験
零崎兄妹



関連タグ

西尾維新 人間シリーズ 零崎一賊 零崎人識

pixivに投稿された作品 pixivで「零崎舞織」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 607878

コメント