ピクシブ百科事典

神原秋人

かんばらあきひと

『境界の彼方』の主人公。
目次[非表示]

プロフィール

身長171cm
血液型A型
誕生日10月7日
趣味眼鏡鑑賞、読書
好きな食べ物甘いもの全般、オムライス
家族構成
CVKENN


概要

文芸部副部長の高校2年生。
妖夢である父と、人間である母・神原弥生から生まれた半妖夢の少年。その出自から不死身という特異な性質を持ち、作中でも死ぬほど痛い目に度々遭っている。不死身といっても傷が早く治るだけで、痛みはあり不死ではない。
大の眼鏡っ娘フェチで、自らをメガネストと称している。
逃亡生活を送っていたが、名瀬一族との停戦協定により名瀬の管轄する地域に滞在することが可能になった。
母親は放浪しながら異界士をしているため、秋人は一人暮らしながら高校生活を送っている。

ある日の放課後、屋上から飛び降りそうな栗山未来を見つけて制止したことをきっかけに、異界士たちに纏わる事件に巻き込まれていく。
同じ文芸部である美月博臣名瀬兄妹から監視されているが、変にいじられたり、ウマが合ったりするなど良い付き合いをしている。

関連タグ

境界の彼方

pixivに投稿された作品 pixivで「神原秋人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2673313

コメント