ピクシブ百科事典

神山天照

かみやまたかてる

神山天照とは、『SKETDANCE』の登場人物。

概要

好きな実験道具:ゲスシリンダー
1-c→2年
開盟学園高校の男子生徒。初登場時は1年C組在籍で、佐倉実与田太郎下田稔治垣内仁のクラスメイト。愛称はゲビテル。スケット団より一学年下。
見た目はやや恰幅が良く眼鏡をかけた「ANGEL」と記された野球帽を被った年齢以上に落ち着きのある雰囲気を感じさせる少年。この野球帽と眼鏡はトレードマークであり、夏合宿で水着姿になった時も着用している。
だが、その実は中学時代に出会った佐倉、与田、下田と共にゲスリング部を結成している筋金入りのゲスラー。中学時代は野球帽はかぶっていない模様。
ゲスリング部廃部をかけた生徒会執行部の査察において、他の三人が生徒会やスケット団の前で話題を選ぼうと苦慮している時に余計な発言で普段のゲストークにしてしまった上に更なるゲスカレートを招いてしまうなど、風格ある名前と風貌とは正反対にかなりの問題児。それによってボッスン椿をキレさせてしまい、スケット団からは愛相を尽かされ生徒会からは怒りを買い、哀れゲスリング部は廃部となってしまった。
そんな彼ではあるが、ゲスリング部廃部以降も同志たちとの絆は固く、厚い友情を維持している。実際に、佐倉実が女子に告白された際には悪態をつきながらもデート前に激励に訪れ、手酷く振られた後も仲間たちと共に暖かく迎え入れて胴上げをしている、友情に厚い好青年と言って良い。

しかしながら作中での扱いは酷く、スケット団及び生徒会からは手酷い評価を下され、デージーには眼潰しを喰らい、ヒメコからはホッケースティックで殴打されるなどの暴行を加えられる等、不遇である。

コメント