ピクシブ百科事典

穆王 (NARUTO)

こくおう

穆王とは、漫画作品『NARUTO』に登場する魔獣というか神獣である「尾獣」の一体である。
目次[非表示]

概要

六道仙人が、十尾から分離させた尾獣の内の一体で、本名は穆王
人柱力岩隠れハン。性別は不明だが名前に負けず高貴な振舞いが特徴で、「」という数字(1~9の中間)や「」という名前から、尾獣のリーダーを務める器があってもおかしくない。

名前の由来は、穆王とその駿馬からで、他の尾獣同様にアジアの大陸や島国の伝説が元ネタ。

特徴

主に人間からの通称は「五尾のイルカ馬」とされる。
その名のとおり、イルカ鹿などの特徴を持ち、尾は九尾のそれらに似る。頭部の形状はむしろ恐竜に近いという声も。人間または的な要素がほとんどなく、身体は完全に人間離れしているという点では尾獣族の中でも異例的で珍しいが、隈取り状のラインが目の下に走っているほか、顔も若干鬼っぽいとも言えなくもない。原作者自身がよくわからない生き物と称し、ファンからも一番地味な尾獣と言われることもある可哀想な存在。

アニメでは女性寄りの声だが、ナルトに入ったチャクラは男性的。

尾獣玉はもちろん、ずいぶんと突きにくそうな4本の角をふんだんに利用した突進(「角折」と呼ばれ、相手の体内に折れた角の破片を残すことでダメージを増大させるという何気にエグい技)と爆発的なパワーを発生させる蒸遁系(=火遁水遁を併せ持つ?)の戦闘方が得意で、尾獣でも上位の突撃力を持つ可能性がある(蒸遁の作用は人柱力にも適用可能で、対象者のチャクラを「沸騰させ」爆発的なスピードとパワーを提供する)。故に、人柱力は「スチーム忍者」の別名を冠する事になる。蒸気機関や水蒸気爆発などをイメージしていただくと幾分か分かりやすいだろうか。

元ネタの妖怪や神などの類は明かされていないが、水馬ウォーターホースふくむ)やケルピー海馬馬鯨(ヒッポカンパス型やフロッシュバルウ)、水神馬頭鬼などがエレメント的に近く、容姿は馬や麒麟にも似ている。なお、登場時期の初期と後期で目の大きさや目そのものが全然違うように見える事があり、どの部分が目なのか、で認識やイラストに差が出ることがある。

関連イラスト

五尾のこくおうちゃん
ハンさんと時々尾獣


関連タグ

NARUTO 尾獣 五尾 穆王 キメラ 四足

コメント