ピクシブ百科事典

「汝の高潔さと善良さが変わらない限り、
 新たな天地で最高の仲間が汝と共にいる。
 ここから先、未来は全て汝の天地となる」

「世界へようこそ」            ───K・K

概要

オープンワールドゲーム『原神』の男主人公。

妹のと共に数多の世界を渡り歩き幻想世界「テイワット」を訪れ、去ろうとした際に見知らぬ神の襲撃を受け、蛍共々力を封印されて長き眠りにつくことになる。
現在は妹との再会を目指してパイモンと共に大陸の七柱の神の元を巡る旅をしている。

名前空(そら)(英:Aether/中:空)(任意で変更可)
レアリティ★5
国/所属なし
使用武器片手剣
神の目(元素属性)なし(七天神像との共鳴で変更可)
誕生日不定(プレイヤーの任意で設定可)
命ノ星座旅人座
オリジナル料理なし
CV堀江瞬

能力やプレイヤーキャラにした時の性格は男女共通となる。
詳細は旅人(原神)まで。

関連タグ

原神
パイモン(原神) ……相棒。
蛍(原神) ……女主人公。あちらの記事では主人公の「もうひとつの側面」を解説している。





































これより先、重大なネタバレ注意!



































Ver.1.4にて追加された魔神任務において、妹の蛍と共に500年前にテイワット大陸にやってきたこと、そしてあの謎多き古国カーンルイアの滅亡をその目で見たことが判明した。
500年前テイワットにやってきた二人だが、蛍は空よりも先に目覚め、カーンルイアの滅亡を目の当たりにしてしまう。そして蛍はこの滅亡がきっかけとなって世界に天変地異が引き起こされると確信し、後に目覚めた空を説得しテイワットを後にしようとする。しかしそこで天理の調停者が出現、二人は戦いを挑むものの惨敗。その後封印され、テイワットに落とされた。
そして蛍はこれまた空よりも先に目覚め、経緯は不明だがアビス教団と接触したらしく、行動を共にするようになる。
この事実により、オープニングでの戦いは今までは情報が少ないこともあって時系列がいまいちはっきりとしていなかったのがカーンルイア滅亡後にテイワットを去ろうとした際の出来事であることが判明した。
また、双子ストーリームービーにて蛍の記憶として映し出された火の海はカーンルイアの滅亡の瞬間であることも同時に判明した。
なお、空は後から目覚めたこともあってカーンルイアの名前も知らずただどこかの地が滅んでいく様としか記憶していなかったが、後にテイワットで目覚め、そして旅をしていく内にあの出来事がカーンルイア滅亡だと考えるようになったという。

アビスの使徒との戦いの末、遂に蛍があらわれ再会を果たすが、彼女は教団の「姫」と呼ばれる存在となっていた。「一緒に帰ろう!」という空の言葉も聞かずに、「終点に辿り着けば、この世界の淀みを見届けることができる」と謎めいた言葉を残して蛍は使徒と共に去ってしまう。
やっとつかんだ手掛かり。しかしそれは妹が敵になるかもしれないという望んだ形とは大きくかけ離れたものだった。混乱する空とパイモンだが、真実を知るためにも歩みを止めるわけにはいかない。空はさらなる手掛かりを求めて、鎖国中の稲妻に渡ることを決意するのだった……。

関連記事

親記事

旅人(原神) たびびと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「空(原神)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「空(原神)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65482213

コメント