ピクシブ百科事典

空亡(そらなき)

くうぼう

空亡(くうぼう、そらなき)とは、種々の百鬼夜行絵巻に描かれる太陽が「太陽ではなく球状の妖怪だったら」という解釈に基づいた創作上の妖怪である。
目次[非表示]

概要

百鬼夜行絵巻の末尾には「夜が明け太陽が昇るとともに妖怪が去って行く」という場面がある。
この太陽を百鬼夜行の終わりに出現する強大な妖怪と見なしたのが、妖怪「空亡」である。
太陽をモチーフとして、闇と黒雲、炎をまとった巨大な球体の姿で描かれることが多い。

妖怪に分類されてはいるが、近年に生まれたキャラクターであり、古来からの民間伝承という側面は無い
初出は2006年発売の和風アドベンチャーゲーム『大神』であるが、誕生には複雑な経緯があり、当初は混乱と議論の原因となった。

「くうぼう」と読むことが多いが、天中殺を意味する空亡と区別するために「そらなき」と読むことを好む人もいる。


誕生の経緯

妖怪「空亡」の誕生には、いくつかの解釈(誤解)が時間をかけて組み合わさった奇異な経緯がある。以降は時系列順に「空亡」という言葉と「百鬼夜行の太陽」の解釈の変遷を記述する。

  • 原義
「空亡」の意味は天中殺 - Wikipediaと同義。
干支のある期間を示す言葉で、もちろん百鬼夜行の太陽とも無関係だった。

  • 『陰陽妖怪絵札』が生み出した誤解
『陰陽妖怪絵札』は大徳寺真珠庵所蔵『百鬼夜行絵巻』の妖怪たちの絵柄と解説が書かれたトランプである。この中で太陽は「全ての妖怪を逃げ帰らせる」というワイルドカード的な性質からジョーカーの役割が与えられている。ここに、監修・主要執筆者である荒俣宏氏(博物学者、小説家、神秘学者、妖怪評論家、タレント)による「太陽は空亡の時間に現れる」という設定が加えられ、カードの名称も「空亡(くうぼう)」とされた。

 >空からころがり落ちてくる火の玉のような太陽は、まさに闇を破る万能の力といえる。
 >太陽は、夜の闇を切り裂いて夜明けをもたらすとき、空亡という「一日の暦の切れ目」を
 >ついて、夜の中に割りこんでいく。この空亡の隙間は、どんな妖怪にも塞ぐことができない。

この時点で、「空亡」という言葉と百鬼夜行の太陽が結び付けられたわけだが、「太陽」は「空亡」の時間に現れるのであって「太陽」そのものを「空亡」と呼称したわけではない。また、百鬼夜行の太陽が妖怪であるという解釈でもなかった。しかしながら、他のカードに妖怪の姿と名前が書かれている以上、見た者が「太陽の姿をした空亡という名の妖怪」だと誤解しても無理からぬことだろう。

  • 大神』、『大神絵草子 絆 ―大神設定画集―』の発売
上記の誤解の結果として生まれたのが和風アドベンチャーゲーム『大神』のラスボス「常闇ノ皇」である。ゲーム中では「常闇ノ皇」という名前であったが、初期案では「空亡(くうぼう)」というネーミングだったことが『大神絵草子 絆 ―大神設定画集―』で明かされた。さらに同著で「実際の妖怪」「百鬼夜行絵巻の最後に登場してすべての妖怪を踏み潰す最強の存在」と誤った解説がなされたことで誤解が広まり混乱が生じ始める。

  • 経緯の判明とキャラクターとしての定着
唐突に現れた「最強の妖怪」だが、程なく誤解の経緯が明らかになった。すると、伝言ゲームの失敗のような流れで「最強の妖怪」が生まれたことが、多くの人の面白がるところとなる。正しい由来の無い存在が既に在ったものであるかのように広められた過程が、いかにも民間伝承的で妖怪らしかったからであろう。現在、妖怪「空亡」はキャラクターとして定着し、他の創作品にも採用されるようになりつつある。


嫌われる「最強の妖怪」

空亡はその成り立ちの特殊さゆえに、妖怪ファンや研究者たちは他の妖怪と同様に扱うことを嫌う傾向がある。特に顕著なのが、ファンの間でしばしば行われる「最強の妖怪は何か」という議論においてで、一時期、これに対して「空亡が最強」という回答した者が煙たがられる、という流れが定番と化していた。
空亡は妖怪か否か、キャラとして創作されたものか自然発生したものか、という問いは答えにくいものの、異なる性質を持っていることは明らかであり、そうである以上は住み分ける気遣いを持っておくべきだろう。


関連作品・登場作品など

妖怪百姫たん!

※ゲームのシナリオのネタバレを含みます。
空亡(くうぼう)」として登場。属性は土、種族は神。
魑魅魍魎が跋扈した暗黒の平安時代において、当時の呪術者が総力を結集して造り出した妖怪殺しのための人工妖怪である。しかしそのあまりに危険な力から長く富嶽の地に封印されていた。徐々に力を取り戻し、妖怪征伐を推進する利器土たちの首領たる「元帥」を裏で操る黒幕として暗躍したが、本来は人間を守護する慈愛溢れる性格の持ち主である。自らの身体を依代に妖怪殺しの器物を無数に憑依させ、対妖怪に特化されている。赤く耀く液体状の物質を自由に形態変化させ、あらゆる妖魔を討ち滅ぼす。ある者の献身によって、かつて人間であったころの魂を取り戻し、自らが望んだ人間の守護者、そして妖怪もまた救う者として新たな力を獲得するに至った。

その他

大神
元ネタ。ラスボス「常闇ノ皇」が開発段階では「空亡」という名前だった。
・ファンタジードライブ
・東京ローグ(フリーゲーム)
40階のボスの一体「クウボウ」として登場。


関連タグ

大神 常闇ノ皇
妖怪百姫たん!
ルーミア
妖怪 空亡 太陽 日食

pixivに投稿された作品 pixivで「空亡(そらなき)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74695

コメント