ピクシブ百科事典

笠森仙

かさもりせん

笠森仙とは、「足洗邸の住人たち。」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「最ッ高ォ―――――の家族ゴッコが出来るお城なんだ!」

概要

足洗邸の七号室住人の少女である。享年16。
天井から入ってきたストーカーに殺されて死体を天井に隠されていたが、足洗邸に封印されていた登美能那賀須泥毘古命に力を与えられて「天井下」として妖怪化した。ちなみに那賀須泥毘古の妖力によって妖化したので、「妖怪」ではなく正確には「怪異」であり、那賀須泥毘古によって「大太に支配されない自由意志」を与えられているので、「大太」の「僕使」にはならない。

田村・福太郎が入居するまでは、隣の八号室に入居する者に話しかけては驚かせることを繰り返しており、自分に臆することなく受け入れてくれた彼に対して好意を持っている。生前も料理をしたことはなかったようで、料理は猛烈に下手である。
ピジョル・大石の足洗邸に関する調査の際に家神としての能力が覚醒し、鳴屋・逆柱・影女を使役し、家に関する絶対的な権限を有するようになり、「家の中」という極めて限定的な領域の中では神さえも凌ぐ力を持つようになった。

関連イラスト

足洗邸の住人たち。完結記念。



関連タグ

足洗邸の住人たち。 笠森・仙 妖怪 怪異 天井下

pixivに投稿された作品 pixivで「笠森仙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18857

コメント