ピクシブ百科事典

紅葉鬼

こうようき

桜日梯子によるBL漫画作品「抱かれたい男1位に脅されています。」の劇中劇。
目次[非表示]

概要

桜日梯子抱かれたい男1位に脅されています。」の作中で描かれた劇中劇
平安時代、都を襲う鬼たちと、それを討伐せんとする人間たちの戦いを描いた、和風ファンタジー活劇である。
第1作目「紅葉鬼」(無印)では、原作漫画の主人公・西條高人演じる《経若》と、綾木千広演じる《繁貞》、一組の兄弟の宿命を巡る物語が展開する。
第2作目「紅葉鬼 ~童子奇譚~」、第3作目「紅葉鬼 ~酒吞奇譚~」では東谷准太演じる《酒吞童子》が登場し、経若との運命的な出逢い、鬼と人間たちによる種族を超えた共存の理想が描かれる。

2018年秋のTVアニメ版では断片的なシーンが描写されるのみであったが、2019年夏に舞台化された。その後シリーズ化し、2021年冬と2022年春に続編が公開され、三部作として完結した。
以下、各舞台作品について記述する。

舞台「紅葉鬼」

あらすじ

時は平安。鬼と人間の争いは日増しに激化し、多くの犠牲者を出していた。
都を守護する兵士である繁貞はある日、鬼の頭目・経若から
和平を結びたいという書状を受け取り、鬼の里へ向かうことにする。
しかし、鬼側にも人間側にも、繁貞の思いとは違う思惑があり…。
血の宿命に翻弄される、繁貞と経若の二人。
はたして、生き残るのは鬼か人間か。
舞台「紅葉鬼」公式サイトより)

公演日程・会場

2019年6月28日(金)~7月7日(日)
東京・品川プリンスホテル クラブeX

登場人物:キャスト

人間と鬼の停戦条約の中で、朝廷から人質として差し出された帝の息子。
呉葉に我が子のように育てられ母と慕うようになるが、朝廷側が条約を破って戸隠に攻め込み、殺される呉葉の姿を見る。
母亡き後の戸隠の鬼たちの頭目となり、鬼たちの為の世を作ろうと決心する。

都を防衛する武士。
母は幼い頃に亡くなったと聞かされ、父・平維茂の教育を受けてまっすぐ育つが、少々世間知らずな面もある。
都と鬼との対立をなんとか平和的に納められないかと考えている。
実は、過去に都と鬼との停戦の約束として鬼側から引き渡された、帝と鬼女・呉葉の間に生まれた子である。

この時代の天皇。
かつて紅葉狩りに行った際に美しい女(呉葉)と出会い、鬼であることを知りながら逢瀬を重ねていた。
人間と鬼との対立をなんとか平和的に納められないかと考えていたが、鬼を憎む摩爬に陰陽術をかけられ傀儡天皇となってしまう。

美しいものを愛する鬼で、戦うことがなによりも好き。
真面目な熊武とは対称的に、常に冗談を飛ばしている。
人間である経若が頭目となっても特になにも思わず、むしろ経若の美しさに惚れ惚れしている。
価値基準は、自分より美しいか醜いか、強いか強くないか。

都を防衛する武士。
繁貞の幼少期からの友人であり、良き理解者。
自分よりも相手に重きを置く優しい性格であり、直感型の繁貞の行動をサポートし、面倒をみる兄貴分な一面も。

鬼の頭目である経若の右腕。
人間を憎んでおり、鬼が不自由なく暮らせる世を夢見ている。
腹の内では人間(経若)が戸隠の頭目であることに納得いっておらず、呉葉の実の息子である繁貞を取り返し、次期頭目にするのが最善だと考えている。

戸隠に住む鬼たちのかつての頭目。
帝との間に子が生まれると、両国で秘密裏に話し合いがもたれ、互いに養子を出し停戦条約を結ぶこととなる。
その後、朝廷が条約を一方的に破棄し、戸隠に攻め込んできた際に討ち取られてしまう。
子供を奪われたまま愛する人から裏切られ、怨恨の念に縛られ怨霊と化す。

経若の世話役。
一人称が「おれ」の男の子みたいな女の子鬼。
いつか経若のような美しい人になりたいと思っている。
幼い頃に人間に育てられたため、戸隠ではつまはじき者であるが、経若に世話役として傍に置いてもらっているため、なんとか戸隠に残れている。

稀代の陰陽家である弓削家の現当主。
先代の帝より絶大なる信頼を得て、政治運営や人事決定から天皇の譲位に至るまで、朝廷内で官位を超越した発言力を持っている。
帝と交わり血脈を穢した鬼を心の底から憎んでおり、この世から全ての鬼を消し去ろうと企てる。

都を防衛する武士であり、繁貞の育ての父。
優しい男だが、実は過去に帝の命(めい)により鬼の本山・戸隠を攻め落とし、呉葉の首を切り落としたことのある剣豪で、罪悪感を抱えながら繁貞を育てている。


スタッフ


関連動画





舞台「紅葉鬼 ~童子奇譚~」

あらすじ

時は平安。
人里離れた地で、先の戦いで亡くなった人と鬼の弔いを続ける経若。
世捨て人同然に暮らす彼のもとへ、熊武が訪ねてくる。
都を襲う茨木童子という鬼を止めるため力を貸して欲しいとのことだが、その頼みを断る経若。
ある日、そんな彼の前に小鬼が現れる。
父も母も亡くしたという小鬼におまんの面影を見てしまった経若は、彼の面倒をみることに。
一方、京では大江山より茨木童子の襲撃が激しさを増していき、帝はその対策として摂津の国より渡辺綱を招き入れる。
朝廷や鬼たちの思惑がうごめく中、経若は再び戦禍に飲まれていく。
舞台「紅葉鬼 ~童子奇譚~」公式サイトより)

公演日程・会場

2021年1月8日(金)~1月14日(木)
東京・日本青年館ホール

登場人物:キャスト

かつて、朝廷から鬼の里・戸隠に人質として差し出された帝の息子。
戸隠の頭目・呉葉に我が子のように育てられるが、朝廷側が条約を破って戸隠に攻め込み、殺される呉葉の姿を目の当たりにする。
母亡き後の戸隠の頭目となり、鬼の力を目覚めさせられ暴走した弟・繁貞との戦いを経て、鬼と人が共存できる世の中を望むようになる。
現在は人里離れた土地に世捨て人のような状態で一人で住んでおり、先の戦いで亡くなった者たちの弔いを続けている。

大江の里の頭目・酒吞童子の右腕を務める鬼。
戦闘力が高く、性格も好戦的。
幼い頃に人によって両親を凄惨に殺され、絶望の淵に佇んでいたところを酒吞童子に拾われる。
それ以降、酒吞童子の一番の忠臣として、人を殺し復讐することを矜恃としている。

帝の要請により、摂津の国より都の防衛の助太刀としてやってきた武将。
“殺さずの剣”の使い手で、無闇な争いは好まない。
かつて茨木童子によって妻子を殺された悲痛な過去を持つが、憎しみの連鎖を断ち切るべく“殺さずの剣”を貫き通している。

酒吞童子に仕える謎の陰陽師。
かつて朝廷内で強い発言力を持っていた陰陽師・摩爬の帝への信仰心につけ込み、鬼と人とが争うようけしかけた。
陰陽師としての力を買われ、人の身でありながら酒吞童子率いる大江の鬼たちの軍師を務めている。

経若の前に現れた小鬼。
父も母も亡くしており、経若を慕い、側に置いてくれと頼む。
その面影は、先の戦いで経若をかばい、亡くなった小鬼・おまんを彷彿とさせる。
情が湧くのを恐れる経若に突き放されるも、少しずつ打ち解け、共に時を過ごすようになる。

保名の弟子。
保名を非常に尊敬して付き従っている。
陰陽師としては新米だが、真面目で勉強家。
初めて見る術に夢中になるあまり、師匠である保名の術の邪魔になってしまうこともしばしば。

呉葉亡き後、戸隠の里を代理で率いている鬼。
かつては人間を憎み、呉葉の血を継ぐ繁貞の鬼の力を目覚めさせて都を襲った。
その際には用無しとなった経若を殺そうともしたが、現在は都とも緊密に連携を取り合い、鬼と人との関係修復に奔走している。
人を襲うことをやめない大江の鬼たちを説得するため経若の力を借りたいと考え、先の戦い以降喪に服す経若に会いに行く。

朝廷内で官位を超越した発言力を持っていた陰陽師・摩爬の弟。
摂津にて神主を務めていたが、兄の死後は都へと戻り、その罪を償うべく真摯に役割を果たし帝を支えている。
渡辺綱とは摂津で知り合った友人。


演奏


スタッフ


関連動画





舞台「紅葉鬼 ~酒吞奇譚~」

あらすじ

先の茨木童子との戦いで深手を負った経若は、数ヶ月ぶりに意識が回復する。
再び子鬼・いぶきの姿で経若と共に穏やかな時を過ごす酒吞童子だが、経若のある言葉をきっかけに、ついにその正体を明らかにする。
そして酒吞童子は経若の生死を支配し、いよいよ宿願である帝狩りへと動き出す。
一方、帝は経若奪還のため維茂を呼び戻し、戸隠の頭目・繁貞に援軍を要請することを決意する。
鬼と人の行く末を決める最終決戦がはじまる――
舞台「紅葉鬼 ~酒吞奇譚~」公式サイトより)

公演日程・会場

2022年5月8日(日)~5月15日(日)
東京・シアター1010

登場人物:キャスト

かつて、朝廷から鬼側へ人質として差し出された帝の息子。
鬼女・呉葉に育てられ戸隠の鬼たちの頭目となるが、鬼の力を目覚めさせられ暴走した弟・繁貞との戦いを経て、鬼と人が共存できる世の中を望むようになる。
酒吞童子の配下である茨木童子との戦いで深手を負い、子鬼・いぶきに看病されていたが、数ヶ月ぶりに意識が回復する。

大江山に棲む鬼であり、盗賊の頭目。
酒が好きなことから仲間からこの名前で呼ばれている。
幼い頃より非常に強い力と高い知能を持ち、その魅力に惹かれたはぐれ者の鬼たちを率いている。
経若に対し異常なまでに強い執着心を持つ。

酒吞童子に仕える六芒星の陰陽師。
朝廷内で強い発言力を持っていた陰陽師・摩爬の帝への信仰心につけ込み、鬼と人とが争うようけしかけ、都を追放された過去を持つ。
経若の情報を酒吞童子に渡すことで大江の鬼たちにつき、陰陽師の力を利用し軍師を務めている。

都を治め、神に最も近いとされる男。経若と繁貞の父。
かつて紅葉狩りに行った際に鬼女・呉葉と出会い、人目を忍び逢瀬を重ねていた。
そのことを知った陰陽師・摩爬に術をかけられ傀儡天皇となっていたが、摩爬を倒すことで自我を取り戻した。
大江に囚われた経若の奪還に乗り出す。

戸隠出身の鬼。怪力の大男で、たたら場で製鉄の仕事をしている。
繁貞とは主従関係だが、戸隠をよく知る者として友人のような距離感で補佐している。
家族も多く、仲間を非常に大切にしている。

酒吞童子の配下である鬼女三姉妹。酒吞童子の身の回りの世話を務め、戦闘力も高い。
星熊と共に大江の四天王と呼ばれる。

保名の弟子。保名を非常に尊敬して付き従っている。
陰陽師としては新米だが、真面目で勉強家。

経若の前に現れた小鬼。
その面影は、経若をかばい亡くなった子鬼・おまんを彷彿とさせる。
経若と共に時を過ごすようになり「父上」と呼び慕うが、その正体は経若に近づくため子鬼に化けた酒吞童子であり、その真意は不明。


酒吞童子の配下である鬼。雪熊・月熊・花熊と共に大江の四天王と呼ばれる。
無表情だが内面は人間に対する恨みが煮えたぎっており、神経質で短気。

朝廷内で官位を超越した発言力を持っていた五芒星の陰陽師・摩爬の弟。
摂津にて任務に就いていたが、兄の死後は都でその罪を償うべく真摯に役割を果たし、帝を支えている。
気の強い自信家の兄と違い、病弱で気弱な性格だが、帝への忠誠心はあつい。

都を防衛する武士であり、繁貞の育ての父。
優しい男だが、過去に帝の命により鬼の本山・戸隠を攻め落とし、呉葉の首を切り落としたことのある剣豪。
先の戦いの後は越後にて隠居していたが、経若を奪還するため、帝により再び都へと呼び戻される。

戸隠山に棲む鬼の現頭目。
帝と鬼女・呉葉の間に生まれた子であり、経若は腹違いの兄にあたる。
過去に都と鬼との停戦の条件として鬼側から引き渡され、維茂の子として育てられた。
兄・経若との戦いを経て鬼と人とが手を取り合う世界を望むようになり、戸隠を鉄で発展させるべく鷲王らとたたら場で働きながら、頭目として鬼を率いている。
酒吞童子に襲われた際の刀疵にイクシマの術をかけられており、本来の力を抑え込まれている。

演奏


スタッフ


外部リンク

桜日梯子「抱かれたい男1位に脅されています。」公式サイト
「抱かれたい男1位に脅されています。」公式ツイッター
TVアニメ「抱かれたい男1位に脅されています。」公式サイト
TVアニメ「抱かれたい男1位に脅されています。」公式ツイッター
舞台「紅葉鬼」公式サイト
舞台「紅葉鬼 ~童子奇譚~」公式サイト
舞台「紅葉鬼 ~酒吞奇譚~」公式サイト
舞台「紅葉鬼」公式ツイッター

関連記事

親記事

抱かれたい男1位に脅されています。 だかれたいおとこいちいにおどされています

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「紅葉鬼」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「紅葉鬼」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1226355

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました