ピクシブ百科事典

肉人形

にくにんぎょう

肉人形とは、PS専用ソフト『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する妖怪の名称である。

「妾に逆らう者はみんな人形になる。覚悟おし‼」
CV/松井摩味山崎和佳奈

概要

屈指のトラウマゲーとして名高い(らしい)PS専用ソフト『ゲゲゲの鬼太郎』の一編である最凶のトラウマエピソードとして名高いと言われる “肉人形編”に登場するオリジナル妖怪

人間を口から吐き出す糸で繭に閉じ込め人形(市松人形)に変えてしまう力を持つ。
なお、繭に閉じ込められた人間は救出が早ければ助け出す事が出来る(精神力が強ければ自力で脱出も可能)が、肉人形を倒さないと時間経過と共に人形へと変えられてしまう(ちなみに屋敷のあちこちに鎮座する市松人形は全て肉人形の犠牲者の成れの果てである。ただしこの中に肉人形が成り済ました物も紛れ込んでいるが……)。
ただし時間が経過して繭が硬くなった状態になると例え人形になる事を免れたとしても手遅れとなり命を落としてしまう。また、人形にされた時間が間もない状態であれば、肉人形さえ倒せば元の姿に戻る事が可能なようだ。

聖山家で代々祀られている“さんぬき様”の正体であり、いわれや経緯は不明だが二十歳なった聖山家の三番目に生まれた子供を生贄として差し出すように要求し、その子供たちを喰らう事で永い年月を生き永らえて来たらしい(さんぬき様の別称も三番目の子供を抜く=三番目に生まれた者を生贄として差し出すという事からきているのかもしれない)。

“肉の間”と呼ばれる屋敷の地下に隠された地下空洞を住処としており、能面の様な顔を持つ巨大な肉色の芋虫という妖怪というよりも、出るゲームを間違えたのではないかと思いえるようなクリーチャー然とした姿をしており、描写から普段は聖山家の大広間に飾られている市松人形そのものに化身して屋敷の人たちを監視しているようだ。また、人形を介して相手にメッセージを使えることや妖術を使って相手を部屋に閉じ込める事も可能な模様。

正体を現す際は等身大から巨大化して首の部分のみを切り離し、その首の部分を崩壊させてその中から本来の姿を露わにする。

鬼太郎すらも一度は退けるほどの実力者で、攻撃を全く受け付けない不死身の肉体を持つが、実は首の部分はあくまでもダミーで、本体にして彼女(?)の心臓でもある部分は人形の体であり、肉人形に襲われ繭に閉じ込められつつも何とか自力で脱出するものの、人形化が進み薄れゆく意識の中で、何とかその事を伝えようとした聖山小百合からの伝言や体が肉人形の動きの合わせて動いている事に気付いた目玉親父からのアドバイスからその事に気付いた鬼太郎たちと共に屋敷に隠された秘密を追いかけていた聖山雅人に本体の人形の胴体部分にナイフを突き立てられた事で大幅に弱体化。

最後は弱り切った所へ鬼太郎の最大最強の必殺技の1つである“体内電気”を叩き込まれ大絶叫と共に黒焦げになり絶命し、肉人形の死と共に妖力が弱まった影響と戦いの衝撃で地下空洞も崩壊。忌まわしき聖山家の仕来りと共に闇へと葬り去られた。

関連項目

妖怪 ゲゲゲの鬼太郎

関連記事

親記事

ゲゲゲの鬼太郎 げげげのきたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「肉人形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90390

コメント