2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

SIREN

さいれん

2003年にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)が開発及び発売した、PS2用のホラーゲームである。
目次[非表示]

どうあがいても、絶望。

概要

SIRENとは、昭和78年(2003年)の日本を舞台としたSCEI社製の3Dアクションホラーゲーム
(パッケージには「ジャパンダークサイドモダンホラー」と明記されている)
一種のテレパシーのように敵が見ている映像を盗み見る、「視界ジャック」というシステムを特徴としている。
難解なストーリー構成や謎をあえて残したまま終わるエンディング、また近年の和製ゲームの中でも群を抜いた難易度などは賛否両論あるものの、ホラーゲームには珍しい日本的テーマや独特のストーリー、挑戦的なシステムなどから一部で熱狂的な人気を集めた。

実はサイレントヒルのスタッフが作ってたり…。

昭和が続いているため、ゲーム内では2003年が昭和で表記されている。
ゲームの世界観は、クトゥルフ神話から、設定を小野不由美の小説『屍鬼』から、影響を受けている。他にも多数のホラー作品などの影響が見受けられる。
また、ジャパニーズホラーらしい演出も随所に見られる。

作品の発売前後に放映されていたTVCMが「CMを見た子供が怖がる」などの苦情が殺到した為放送中止になったことでも有名。なお、そのCMは、屍人化した前田知子が家の窓の外から両親に呼びかけ続ける・理沙が屍人化した美奈と対面するという2つのパターンがあった。

2018年に本作品のリブード版にあたる漫画『SIREN ReBIRTH』が連載されている。

2022年7月15日~8月21日にナンジャタウンとコラボすることが明らかになった

あらすじ

三方を山に囲まれ、外界との接触を拒むかのように存在する内陸の寒村羽生蛇村。独特の土着信仰や伝承を持つこの村が物語の舞台となる。

1976年8月2日深夜。大規模な土砂災害が発生し、村に甚大な被害をもたらす。

災害から27年後、2003年。夏休みを利用し、村に関する都市伝説を確かめるべく東京からやってきた高校生や、自らの学説を裏付ける為に村の秘祭の調査をしにきた民俗学者、テレビ番組の取材でやってきたTVレポーターらが村を訪れる。

そんな中で、羽生蛇村では長らく行われずにいた“秘祭”が、27年の歳月を経て再び始まろうとしていた。

8月3日午前0時、村の四方を囲うように出現した赤い海からサイレンの音が鳴り響き、羽生蛇村は外界から隔離された異界と化す。異界化に伴って現れる異形、赤い水の影響によって人が変貌した存在「屍人」。人々は状況的に、そして精神的に追い詰められながらも、人として生きるために絶望的な戦いに身を投じていく。これは人でありたいと願い、人として生きたいと祈る人々の群像劇である。

登場人物一覧

メインキャラクター

須田恭也 宮田司郎 牧野慶
竹内多聞 高遠玲子

キーキャラクター

神代美耶子 四方田春海 八尾比沙子

サブキャラクター

安野依子 美浜奈保子 前田知子
石田徹雄 名越栄治 志村晃
恩田美奈 恩田理沙 牧野怜治
神代淳 神代亜矢子 宮田涼子

リブート版『ReBIRTH』のオリジナルキャラクター

宮田真一郎

関連タグ

総合

SIREN2 SIREN:NT
屍人 SIRENシリーズのカップリング一覧
SIREN100users入り SIREN500users入り SIREN1000users入り

きょうだい表示

吉村双子 恩田姉妹

他の記事言語

SIREN

関連記事

親記事

SCEI そにーこんぴゅーたえんたていんめんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「SIREN」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「SIREN」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51785515

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました