ピクシブ百科事典

八尾比沙子

やおひさこ

 SCEJ開発のPS2ホラーゲーム『SIREN』の登場人物。  
目次[非表示]

概要

演:南りさこ

 物語の舞台である羽生蛇村独自の信仰『眞魚教』の聖職者“求導女”なる女性。赤いベールに赤い服と赤ずくめの服装が特徴。
物語序盤で異変に巻き込まれて傷ついた主人公・須田恭也を助け、赤い水の意味や幻視能力、村をうろつく屍人の事等様々な情報を提供してくれる。村でも、普段から共に勤める求導師・牧野慶や、一部を除く村人たちから厚い信頼を寄せられている。

 出会った当初は物腰柔らかく穏やかな好人物で、プレーヤーは彼女を頼れる人物だと思うであろう。しかし物語が進み、村の因縁が解き明かされていくにつれ……


この先物語の根幹に関わるネタバレ有り
















その正体は1300年以上の時を生きてきた不老不死の人間で、羽生蛇村を襲った怪異の元凶となった者である。

 今から凡そ1300年前の西暦684年、羽生蛇村は日照りによる大飢饉で壊滅状態にあり、当時子供を懐妊していた比沙子も飢えで死に掛かっていた。そんな折、巨大な三角岩と共に謎の異形が天上の“常世”から降ってきて、羽生蛇村に落ちた。空腹の比沙子を始め生き残っていた数人の村人は、我先にと落ちてきた異形に群がりその生肉を食べてしまう。

 異形が断末魔の悲鳴を上げた瞬間、その声を聞いた村人達は皆死に絶えたが、何故か比沙子だけは無事に生き残った(理由は不明だが「妊婦だった為」というのが定説)。その代わり『永遠の命』という呪いを掛けられ、「常世の存在を下位の存在である人間が食らった」罪の贖いの為に、一人悠久の時を生かされることになったのである。

 比沙子はその後娘を出産するが、娘は生まれながらに「不完全な不死(肉体だけが朽ち、命が永遠に尽きない)」の命を持っていた。これが後に『神代家の呪い』と呼ばれる呪いである。
 比沙子は自身と娘にかけられた呪いを解くには「自分が食べた異形の肉を元に戻して自身の過ちを贖う」ことが必要と考え、娘を異形への生贄にする事を思いつく。
 その生贄となった娘こそが神代家の先祖であり、つまり物語のヒロイン・神代美耶子は比沙子の直系の子孫ということになる。

 が、1000年という人間には長過ぎる時間を生きた比沙子は精神が疲弊して人格も分裂しており、自分自身が誰なのか、何のために儀式を行っていたのかすら分からなくなりつつある。本編での同一人物とは思えないほどの豹変ぶりは、序盤で須田と会った頃の慈愛に満ちた「求道女」の人格が途中で引っ込み、代わりに儀式の遂行のみを目的に行動する人格が表層化してきたことが原因。

 なお、「娘を捧げ続ければ自身の罪が許される」というのは比沙子の勝手な想像に過ぎず、本当に儀式を続ければ許されるのかは分からない。
 比沙子は「永遠に許されない」という絶望に気付くことなく、本来の目的すら曖昧なまま、自らの子孫を生贄に捧げ続けているのである。
 
 また、比沙子が異形の肉を食べた自分自身ではなく娘を生贄にしたのは、「呪いを解いて永遠の命を得る」という目的があったためと言われている。
 

余談

 八尾比沙子のモデルを務めたのは「南りさこ」という壮年(出演当時)ほどの女性であるがすべての経歴が謎の人物である。SIREN出演以前、そして出演以後の詳細は調べても全くわからない。

 元ネタは全国各地に伝説が残る「八百比丘尼」。SIREN世界にもこの伝説は存在するが、比沙子が全国各地を巡ってこの伝説が残ったのか、比沙子以外にも人魚(=常世の存在)を口にして不老不死の呪いを受けた女性が存在したのかは定かではない。

 羽生蛇村の人間はほとんどが比沙子の血族であり、村全体が呪われているような状態にあるとされ、村の人間の大半は永遠に若いままの比沙子に違和感を持たず、もし違和感を持ってもそのことについて考えようとすると頭がぼんやりとし、有耶無耶のままに違和感そのものを忘れるという。


関連タグ

SIREN 牧野慶

pixivに投稿された作品 pixivで「八尾比沙子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 225133

コメント