ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

性別
年齢27歳
生年月日1976年(昭和51年)6月13日
職業求導師
満田伸明宮田司郎との二役)

概要

羽生蛇村にある不入谷教会の求導師(村独自の信仰である眞魚教の祭司)。修道服(カソック)とマナ字架を身に付けた男性。

 村人からは「求導師様」と慕われる存在だが、内心プレッシャーに押しつぶされそうな日々を送っている。


 牧野家の箱入り息子で、大人しく気弱な性格の持ち主。幼い頃から求導女・八尾比沙子の絶対的な愛情を享受し、義父の死のトラウマもあってか成人した今でも彼女に縋ることが多い。作中でも27年ぶりの儀式が決まると、不安のあまり八尾さんの膝で泣いていた。

眠り母の愛

このようなヘタレっぷりから、ファンの間では「八尾コン」などと揶揄されることもしばしば。

 とはいえ、作中では彼以外の鋼メンタルなせいで余計目立ってしまうのもあり、人知を超えた異常事態の中で、是非はともかく、恐怖や不安といった常人の反応を見せる彼ばかりが悪いとは言えないのも事実である。

 八尾を探すのも今回の儀式が原因で異変が発生したと考えるならば、経験者であろう彼女に指示を仰ごうとするのも行動範囲としてはあり得なくない。…間違っても甘えたいだけではないはずだ。


戦闘能力

 大人の操作キャラクターで唯一武器が持てないため、戦闘能力は皆無。ムービーでは一応立ち向かおうとする素振りは見せるものの、結局は何もできずに終わってしまう。

ただ、非公式だが有志の動画によって戦う姿を見ることが出来る。妙に声が可愛い。

 ゲーム内では彼を慕う少女・前田知子と行動することもあったが、屍人の襲撃に遭った際、尻込みの末に見捨ててしまう。期待を裏切らない。


 しかし武装した屍人も徘徊する窮地にあって、丸腰で3日間を生き延びられたのはある意味才能かもしれない。



宮田司郎との関係


以下、ネタバレ












作中でも触れられるが、もう一人のメインキャラクター・宮田司郎とは双子の兄弟である。本名は「吉村孝昭(よしむらたかあき)」

宮田司郎との違いは、黒髪の真ん中分けで左頬に黒子があるところ。冷めた雰囲気の宮田と異なり、困ったような表情が多い。


まだ乳児だった27年前に異界へ取り込まれたが、因果律によって弟の克昭(後の宮田司郎)と共に現世に送り返され、実子を土砂崩れで亡くした宮田涼子と儀式失敗による代替わりを迫られていた牧野怜治(二人は実の兄妹)に発見される。

涼子はこの双子を自分たちの跡継ぎにしようと兄に提案し、二親を亡くした孝昭は牧野家、克昭は宮田家の養子として育てられることに。

In 1986

 孝昭改め慶はこうして求導師の跡継ぎとなったが、養父の怜治は慶が12歳になった1988年に自殺してしまった。慶自身もこの出来事から儀式の失敗に怯えており、何かあると八尾に頼るような小心者へと成長してしまう。



その後はコチラを参照。(当然ながらネタバレ注意。)




余談

  • 名前について

宮田司郎と違い、名前の由来は明らかになっていない。

本名はおすぎピーコ(杉浦孝昭・克昭)にちなんでいる。

牧野の名台詞(空耳)。詳しくは個別記事へ。

関連イラスト

アネモネSIREN SIREN2 まとめ

異界入り2018逃げられない


関連タグ

SIREN 宮田司郎 八尾比沙子 牧野怜治


腐向けカップリング

宮牧 牧宮

関連記事

親記事

SIREN さいれん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11712158

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました