ピクシブ百科事典

犬鳴村

いぬなきむら

都市伝説の一つ。外部の人間が立ち入ると帰って来れないという恐ろしい村の話
目次[非表示]

概要

福岡県の宮若市と糟屋郡久山町の市境に存在する犬鳴峠。この峠に掘られた犬鳴隧道は明治時代に作られた旧トンネルと1975年に開通した新トンネルの2つがある。

この旧犬鳴トンネルの近くには法の支配が及ばない『犬鳴村』があり、そこに立ち入ったもので生きて帰ってきたものは居ないというもの。
具体的には

  • 日本の行政記録や地図に一切載っていない
  • 村の入り口に「この先、日本国憲法は適用しません」という看板がある。
  • 江戸時代以前から村人たちは激しい差別を受けており、村人は外部の人間を敵だと認識している。
  • 入り口から少し進んだところにボロボロのセダンが置かれており、広場の先にある小屋には骸骨が置かれている。
  • 旧トンネルは柵で塞がれており、それを乗り越えると鳴子が鳴り、斧を持った異常に足の早い村人が追いかけてくる
  • 村の近くにあるコンビニに置いてある公衆電話は警察に通じない。携帯電話は全キャリア圏外。
といった物。

真相

結論から言えば、犬鳴村伝説はガセである。
そもそも犬鳴に人が住み始めたのは江戸時代の1691年であり、それ以前は無人の土地であった。江戸時代末期になると犬鳴で鉱山の開発が始まり、1865年には藩主の避難場所として犬鳴御別館が開設されている。このように犬鳴は福岡藩にとっての要所であり、人の出入りも多かったことからそんな危険な村が見つからないというのは考えにくい。たとえ見た人が例外なく惨殺されていたとしても数例は生還者が居るはずだし、藩主も黙って見過ごす訳がない。

また犬鳴村という村は存在しない。「犬鳴谷村」ならあった。村があったのは現在宮若ダムの湖底に沈んでおり、住人は全員周囲の地域に移転している。

関連項目

都市伝説
杉沢村…同様の都市伝説
バイオハザード4(プラーガ)…類似する点がある。

関連記事

親記事

都市伝説 としでんせつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「犬鳴村」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82

コメント