ピクシブ百科事典

膚の下

はだえのした

『膚の下』とは神林長平著のSF小説。『あなたの魂に安らぎあれ』『帝王の殻』に続く《火星三部作》シリーズの最終巻。そして、時系列的には三部作の始まりである。 2004年にハードカバー、2007年に文庫上下巻で出版される。 アートルーパーと呼ばれる人造人間“慧慈”の成長と葛藤、苦悩が描かれる。
目次[非表示]

作品解説

――われらはおまえたちを創った。おまえたちはなにを創るのか

人造人間アートルーパーの小隊を率いる“慧慈”の苦悩と葛藤が描かれる。



登場人物

 ※アートルーパーにはエリファレットモデルなどの複数種類が存在する。

  • 慧慈(けいじ)/エリファレットモデル。
  • サンク/人造犬。サンクとはナンバリングされた数字で「5」を意味する。
  • 慧琳(えりん)/エリファレットモデル。
  • ジェイ/インテンジャーモデル。インテンジャーモデルは同じ顔を持つ。
  • ケイ/インテンジャーモデル。
  • エル/インテンジャーモデル。
  • エム/インテンジャーモデル。
  • 晋彗(しんすい)/ニュートリシャスモデル。エリファレットモデルの後に誕生。
  • マギラ(間明彊志)/人間。少佐であり、慧慈の上官。
  • 梶野衛青/人間。少佐。

出版

早川書房


関連イラスト

膚の下



関連タグ

神林長平 SF 火星三部作

pixivに投稿された作品 pixivで「膚の下」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8367

コメント