ピクシブ百科事典

自虐史観

じぎゃくしかん

読んで字のごとく自虐的な歴史観のこと、またはそれを非難する言葉。
目次[非表示]

概要

一般的には大戦時に起こった事象の負の面について、責任の全てが自国にあるとして過剰に強調する、または正の部分を過剰に貶める・無視し過ぎている、という主張を総合して呼称したもの。日本悪玉史観とも呼ばれる。

主にこういった自虐的な歴史観や教育を行う人間を非難する意味で利用される。攻撃的な意味合いを持って使用されることもある。

例示(自虐史観ではないかと言われる主張)

  • 戦争中、真偽において諸説ある事象に対して、日本側に責任があるという側面の主張だけを採用・強調し、事件の存在を疑問視する意見を意図的に除外・遮断する(東京裁判南京大虐殺従軍慰安婦など)。
  • 当時置かれていた日本の状況を度外視し、戦争に巻き込まれていない現代の倫理観(当時の国際情勢や倫理観を考慮していない見解)で非難する(自国を自衛するための開戦という観点の欠如)。
  • 過去の日本人が行ったことに対する責任を、後世の人間に押し付けて、畏縮させようとする。被害国とされる国の人間に対し、謝罪などを強制する。
  • 東京大空襲原爆投下など、日本が戦時中に多大な被害を被った事象を安易に「自業自得」「因果応報」と片付ける。


など…。

影響

勿論、こうした自虐的な歴史観は万人に受け入れられると言い切れるものではない。
しかし教科書等、教育機関の中において、こういった自虐史観的な傾向の強い内容が存在することも事実である。
この歴史観に対し、問題提起を行う書籍がいくらか刊行されており、インターネットでもこれについてはよく議論の対象になる。
こういった歴史観に反発する人間と、見方を支持する人間の間で対立や激論…とは名ばかりの罵倒合戦が行われることが多くなっている。

元々、この自虐史観とは、一言で言えば「戦時中は必ずしも全てが悪ではなかった」という主張であった。しかしいつしか解釈は拡大していくようになり、現在に至る。
この自虐史観を問題視する論を飛躍させ、「かつての軍国主義に戻そう」「日本に問題はなかった」という、現代の観点で見れば過激と見られても仕方ない主張が存在することも付け加えておく。

最後に

なお、これらのどちらかに偏った主張を両者ともにぶった斬ったような一言が実際に存在するので、最後に紹介しておく。

ソ連崩壊を惜しまないものには心がない。ソ連復活を望むものには頭がない」(byウラジーミル・プーチン

コメント