ピクシブ百科事典

花いっぱいになあれ

はないっぱいになあれ

松谷みよ子作の童話。
目次[非表示]

概要

『花いっぱいになあれ』とは…
龍の子太郎』や『ちいさいモモちゃん』などの著作で知られる松谷みよ子先生の代表作の一つ。
長く小学校1年生国語教科書に採用されていたため知名度は高い。

おはなし

学校の子どもたちが、
風船に、花の種をつけて飛ばしました。

「花いっぱいに、なあれ!」

その中の一つ、真っ赤な風船が、
町も村も通り抜け、子狐のコンがお昼寝をしている
お山の上まで飛んできました。

目を覚まし、
今まで見たことの無い
丸くフワフワしてて、細い茎の赤いお花を見つけたと思い…
コンは大喜び!

大切にお世話をしたのですが、
お花は、すぐに萎んでしまいました。

けれども…
それから、雨が降り続き、
ある日、コンがその場所に来てみると……!?


風船にまつわるちょっとイイ話

この話を読んだ子どもたちが、実際に風船で手紙などを飛ばす事が多発して…一時、問題になった事も有ったようだ。
しかし、近年では自然分解する風船が開発された事も有り、情操教育の一環として学校主催のイベントとして行われるケースも有る。

腹いっぱいになあれ

愛宕浜小学校(福岡市)の子どもたちが、
風船に、思い思いの夢を書いた手紙をつけて飛ばしました。

その中の一つ、2年生の怜音(りおん)君の風船は、
町も山も通り越し、120キロ離れた大分県豊後大野市で黒毛和牛を育てている
安藤さんの牧場まで飛んできました。

木の枝に引っ掛かった風船を見つけた安藤さん夫妻が、手紙を開くと…
幼い字で、
「大きなステーキをまるごと食べたい」

便箋に有った小学校のマークを手掛かりに
「これを食べて勉強、スポーツに頑張ってください」

そう書いた手紙を添え…
安藤さんは、怜音君に大きなステーキ肉を送りました。

ステーキ



嘘のような本当のおはなし。
(西日本新聞 2015年9月25日配信の記事より)


関連タグ

松谷みよ子 児童文学 童話 
 風船
1年生 国語 教科書

実話 西日本新聞

pixivに投稿された作品 pixivで「花いっぱいになあれ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 217

コメント